2018年夏(8月)で激安な格安SIMは?通信速度は覚悟も必要!

2018年の夏休みに格安SIMへ激安で乗り換えたいのなら、いったいどこがおすすめでしょうか?

ここ最近は料金の差も縮まっているので、逆にどれを選べばいいのか難しくなってきました。 よって、各社がサービスやキャンペーンでしのぎを削っており、どこの格安SIMがお得でおすすめなのかは時期によってコロコロ変わります

 

今回はこの夏に乗り換え(MNP)するのにとにかく激安な格安SIMを5つご紹介したいと思います。

5位:通話SIMの単体契約なら最大14,400円引きのワイモバイル

ワイモバイル(Y!mobile)は、格安SIMというよりサブブランドといってソフトバンクの子会社になっているので、料金も3大キャリアと格安SIMの間になります。 なのでお得感も薄いのですが、もしすでに端末(スマホなど)を持っていてそれを引き続き使うつもりなら、ワイモバイルの通話SIMだけを申し込むと大きな割引があります。

よくあるキャッシュバックや大きな割引といったものは、端末とSIMのセットがほとんどですが、ワイモバイルはSIMだけでも割引があります。 ただ、データ専用SIMは割引されないので注意が必要です。

 

ワイモバイルのメリットとデメリット

ワイモバイルについて簡単にまとめると、

ワイモバイルのメリット!
  • 通信速度がめちゃ速い!
  • SIMだけでも割引がある!
  • かけ放題のオプションがある!

 

ワイモバイルのデメリット!
  • 格安SIMと呼ぶには料金がちょっとだけ高い・・
  • 最低契約期間が2年と長め・・
  • データの大容量プランがない・・
  • スマホプランS(月2GBまで)は400円引きX24で合計2年で9,600円の割引
  • スマホプランM(月6GBまで)は600円引きX24で合計2年で14,400円の割引
  • スマホプランL(月14GBまで)も上のMと同じ

今回紹介する中で唯一通信速度が速いうえに、SIMのみの申し込みでも割引があるのはワイモバイルしかありません。

すでに持っている端末を使うつもりで、通信速度も速いのがよければワイモバイルSIMプランをごらん下さい!

4位:カードを作るなら最大で7,000円分得する楽天モバイル

楽天カードをすでに持っているのならあまりおいしくありませんが、もし楽天カードをまだ作っていなかったら最大で7,000円分のポイントがもらえます!

楽天カードは作るにあたって入会費や年会費が不要にもかかわらず、カードを持っているだけでスマホの分割手数料が無料になったり、通信料金を楽天ポイントでも支払えるので絶対に作るべきです!

お申し込みの後の特典受け取りは、

  1. 楽天カードに申し込む
  2. 楽天カードが到着
  3. 「楽天e-NAVI」に登録して2,000ポイントの受け取りを申請する
  4. 申請後、5営業日以内に新規入会特典の2,000ポイントを受け取る
  5. さらにカードを使う
  6. 初回利用日の翌月20日頃にカード利用特典の3,000ポイントを受け取る
  7. 楽天モバイルに楽天カード払いで申し込んで2,000ポイントを受け取る

 

ポイント進呈の注意事項について

  • ポイントはカード発行日より半年以内に楽天e-NAVIより受け取らなければ無効になります。
  • カード初回利用のポイント進呈において、進呈された月の翌月末までにカード利用情報が届かない場合も無効になります。
以上のように、上手にご利用になると、最大では7,000円相当のポイントを受け取れます。

 

楽天モバイルのメリットとデメリット

で、肝心の楽天モバイルについても簡単にまとめてみると、

楽天モバイルのメリット!
  • 楽天カードのポイント対象店舗が多い!
  • かけ放題のオプションがある!

 

楽天モバイルのデメリット!
  • 混雑時の通信速度が遅い・・
  • 最低契約期間が2年と長め・・

 

楽天モバイルの通信速度

楽天モバイルは通信速度がちょっと遅いのですが、料金を安くするためには仕方がありません。 それくらい遅いかというと、3大キャリアやUQ+ワイモバイルの半分くらいしか速度ない感じです(特に昼休みの混雑時)。

混雑時はWi-Fi環境で通信するなど工夫をすれば、買い物などが多い方にはメリットも多いでしょう。

楽天カードで買い物をしてもポイントがたくさんもらえますので、もっと楽天カードについてお知りになりたい方は楽天カード公式HPをごらん下さい!

>>楽天モバイルの詳細はこちらをクリック!

3位:6か月間900円引きのLINEモバイル

LINEモバイルはデータを使いすぎて低速モードになっても、LINEはもちろんLINE通話までできてしまうコスパの高い格安SIMです。 このLINEモバイルは今までドコモ回線のみを利用していましたが、新たにソフトバンク回線にも対応し、ドコモとソフトバンクの2回線から選べるようになりました。

ソフトバンク回線スタート記念としてLINEモバイルでは、音声SIM契約なら半年間の月額料金が900円引きになるキャンペーンを8月31日まで実施中です。

 

LINEモバイルのメリットとデメリット

LINEモバイルを簡単にまとめると、

LINEモバイルのメリット!
  • LINEやLINE通話が使い放題!
  • 料金もかなり安い!
  • LINEの年齢認証ID検索が可能!
  • SNSや音楽フリーのオプションも充実!
  • 持ち込み端末でも補償オプションがある!

 

LINEモバイルのデメリット!
  • 混雑時の通信速度は遅め・・
  • かけ放題はオプションで10分以内まで・・

 

何にせよ安いうえにLINE関係で優遇されているのが特徴で、中でもLINEやLINE電話がデータ量に関係なく使い放題であることと、格安SIMで唯一LINEの年齢認証とID検索が可能なことが反則技の素晴らしさです!

 

LINEモバイルの通信速度

自分もLINEモバイルユーザーですが、普段使用で通信速度に不満を持ったことはありませんが、混雑時になるとUQやワイモバイルより速度が遅くなるのを実感します。 特に首都圏の超混雑時間(昼休み)は、3大キャリアやUQ+ワイモバイルの3分の2かそれ以下しか速度が出てないと思います。

あと、LINEモバイルは店舗がないので、公式LINEモバイルHPをから申し込むと、早ければ翌日か遅くても2日後にはSIMや端末が届くので便利です!

2位:通信速度やサービスも上々で半年間333~円のmineo

格安SIM界でいま一番サービスが充実していると思えるのは、自分も愛用しているmineo(マイネオ)じゃないかと思います。 関西電力系のケイオプティコムが展開する携帯事業社だけあって、サービス面では充実しています。

これまでmineoはドコモ回線やau回線に対応していましたが、2018年9月4日からはソフトバンク回線も対応できるようになります。 これで3大キャリアのトリプル回線達成です。

mineoではトリプル回線達成を記念して、音声SIM(デュアルタイプ)を契約すると基本料金が半年間も333~円になるキャンペーンを実施中です!

 

mineoのメリットとデメリット

mineoについて簡単にまとめると、

mineoのメリット!
  • 格安SIM界で最もサービスが行き届いている!
  • SIMだけでも割引がある!
  • マイネ王という通信業界最大のコミュニティサイトがある!

 

mineoのデメリット!
  • かけ放題のオプションが10分以内まで
  • 混雑時の通信速度が少し遅い・・
  • Aプラン(au回線)は月977円の割引
  • Dプラン(ドコモ回線)は月1,067円の割引
  • Sプラン(ソフトバンク回線)は月1,417円の割引
データ量 A D S
500MB 333円
1GB 433円
3GB 533円
6GB 1,213円
10GB 2,053円
20GB 3,513円
30GB 5,433円

*キャンペーン適用期間中の月額料金(割賦金は含まない)

料金は3プランとも半年間は同額で、特に3GBまでなら破格の安さかと思います。

 

mineoの通信速度

mineoユーザーの自分が思うに、LINEモバイルと同じくらいの速度があるものの、UQやワイモバイルに比べたら、混雑時は3分の2かそれ以下と思います。

それでも、「マイネ王」というコミュニティーサイトでマニアックな質問や相談もできるうえに、mineoスタッフや同じmineo仲間がそこにいるというのは心強いです。

さらなるmineoの詳細については公式mineoHPをごらん下さい!


1位:月額千円でデータ使い放題のTONEモバイル

TONEモバイルってご存知でしたか? この会社はデザインから見ても分かる通り、おなじみのTSUTAYA傘下にある携帯事業社です。

ここの最大の注目点は料金プランがデータ使い放題の1種類しかなく、端末代金も含めて月額千円という破格の安さが特長です。

さらに、この夏にTONEモバイルを申し込むのなら、19歳以下か50歳以上なら9月30日までに申し込めば、3か月間月額料金が無料になります! 20歳以上49歳以下の方は少し悔しい気もしますが・・。

また、TONEモバイルは機種がたった1つしかありませんが、その代わり防水・おサイフケータイ・ワンセグもついているのはなかなか評価できます。

 

TONEモバイルのメリットとデメリット

このTONEモバイルについて簡単にまとめると、

TONEモバイルのメリット!
  • 月千円という激安料金!
  • データは使い放題!
  • Tポイントがめっちゃ貯まる!
  • 見守りサービスなど子供やお年寄りには優しい!
  • おサイフケータイワンセグつきで機能は充実している!

 

TONEモバイルのデメリット!
  • 通信速度が遅い・・
  • かけ放題はオプションで10分以内まで・・
  • 端末とSIMのセットしか選べない・・
  • 最低契約期間が2年と長め・・
  • せっかくのLTE端末がもったいない・・

 

とりあえず月額千円でデータが使い放題という安さが売りですが、すでに端末を持っている人や通話が長い人には向いていません。

 

TONEモバイルの通信速度

通信速度はmineoやLINEモバイルより遅いので、動画視聴や重いゲームにも向いていません。

それでもとにかく月千円くらいでスマホを持ちたいという方は、TONEモバイルの詳細をごらん下さい!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です