auのスマホで安い機種(最安値)2018年11月編:型の古い端末でも高性能な機種は?

「なんだかんだ言ってもauを使い続けている」という方で、自分のスマホを機種変更するときや、子供にスマホを買ってあげるときなど、いかにして携帯代を節約しようか考えてしまいますよね?

そこで「型の古いスマホなら安いかも!」という考えも頭をよぎったりします・・。

型が古くても性能がそこそこ良ければ、安いほうがいいでしょ~!
au最安値のスマホを見ると、型が古かったり安すぎたりするので、不安になって機種変更や購入をためらってしまうのではないでしょうか?

 

今回は、auユーザーで少しでも節約したいのなら、たとえ型が古かったり最安値であっても、めっちゃ使える機種をご紹介したいと思います。

auのスマホで少し古いけど高性能で安い機種とは?

実質価格 割賦金 発売日
BASIO2
SHARP
21,600円
性能C
1,290円
x24
2016
08/05
Rafre
KYV40
21,600円
性能C
1,290円
x24
2017
02/24
TORQUE
G03
39.960円
性能C
2,055円
x24
2017
06/30
AQUOS R
SHV39
43,200円
性能A
2,190円
x24
2017
07/07
Galaxy
Note8
59,400円
性能A
2,865円
x24
2017
10/26
AQUOS
sense
16,200円
性能B
1,065円
x24
2017
11/02
BASIO3
au
24,840円
性能C
1,035円
x24
2018
01/19
Qua Phone
QZ au
16,200円
性能D
1,065円
x24
2018
02/23
Galaxy S9
SCV38
47,520円
性能A
2,370円
x24
2018
05/18
Galaxy S9+
SCV39
56,160円
性能S
2,730円
x24
2018
05/18
Xperia XZ2
SOV37
47,520円
性能A
2,370円
x24
2018
05/31
AQUOS R2
SHV42
47,520円
性能A
2,370円
x24
2018
06/08
Huawei
P20 lite
16,200円
性能B
1,065円
x24
2018
06/15
Xperia XZ2
Premium
54,000円
性能S
2,640円
x24
2018
08/10
Galaxy
Note9
64,800円
性能S
3,090円
x24
2018
10/25
LG it
LGV36
16,200円
性能C
1,065円
 x24
2018
11/09
AQUOS
sense2
16,200円
性能B
1,065円
 x24
2018
11/09
Xperia XZ3
SOV39
49,680円
性能S
2,460円
x24
2018
11/09
iPhone 8
64GB
45,720円
性能A
2,385円
x24
2017
09/08
iPhone 8
Plus64GB
51,600円
性能A
2,540円
x24
2017
09/08
iPhone X
64GB
64,080円
性能S
3,070円
x24
2017
11/03
iPhone Xs
64GB
64,320円
性能S
3,070円
x24
2018
09/21
iPhone Xs
MAX 64GB
70,800円
性能S
3,340円
x24
2018
09/21
iPhone Xr
64GB
33,360円
性能A
2,440円
x24
2018
10/26

2018年11月時点の価格 AQUOS R Compact・Xperia XZ1・isai V30+・nova 2は在庫なし

端末の最低価格は16,200円で、価格や発売日が赤字で記された5機種!

*ただし、4年契約で2年後に機種変更する必要があり・・(アップグレードプログラムEX)。2年契約の場合は価格が2倍に!

 

auの場合、現状では古い機種より新しい機種の方が安いこともけっこうあります。

表の色分けについて

  • 発売から1年以上の古い機種が灰色
  • 発売から1年以内のそんなに古くない機種が黄色
  • 発売から半年以内の新しい機種が緑色
  • iPhoneは一番下

表は上から古い順に並べてあります。iPhoneはその下です。

新しくて性能が高い上に人気があるiPhone XsやGalaxy Note9は、さすがに実質価格が高くなっています。

ちなみに2018年冬モデルではAQUOS sense2とLG itが最新にもかかわらず最安値の16,200円となっています。

 

現時点でauの最安値は、「AQUOS sense」・「AQUOS sense2」・「P20 lite」・「LG it」・「QUA Phone QZ」の合計5機種ありますが、その中でおすすめできる最安値の機種は「AQUOS sense2」と「P20 lite」の2機種です。

AQUOS
sense2
P20
lite
LG it
発売日 最新 半年前 最新
処理
能力
普通 高い 低め
表示 IGZO IPS
画質 Full HD HD
指紋
認証
顔認証
メイン
カメラ
 1200万
画素
1600万
+200万
画素
 1300万
画素
イン
カメラ
800万
画素
1600万
画素
500万
画素
防水
ハイレゾ
おサイフ
ケータイ

そのおすすめ3機種のスペックをまとめると上の表のようになります。それでも分かりにくいかもしれませんので、さらに簡単にメリットだけまとめています。

メリット デメリット
AQUOS
sense2
防水
おサイフ
IGZO液晶
普通の
処理能力
P20
lite
処理能力
の高さ
デュアル
カメラ
非防水
おサイフ
なし
LG it 電池が
交換可能
貧弱な
処理能力非防水
おサイフなし

最新の「LG it」はLG製とは思えないほど性能が低いのが残念なところです。 isaiシリーズとはけた違いの低さです。

 

au最安値:何より使い勝手が第一ならAQUOS sense2 SHV43!

防水とおサイフケータイが必要なら「AQUOS sense」に限りますが、2018冬モデルとして後継の「AQUOS sense2」が登場しました。 ところが「AQUOS sense2」と「AQUOS sense」の価格が全く同じなので、よほどのことがない限り誰もが新しい「AQUOS sense2」を買い求めるのではないでしょうか?

AQUOS
sense2
AQUOS
sense
処理
能力
SD450 SD430
顔認証
ハイレゾ
画面
サイズ
5.5
インチ
5.0
インチ
絞り値 F2.0 F2.2

以上の5点がsense2と旧senseの大きな違いです。 顔認証はiPhoneより劣りますが、ハイレゾに対応したことは目を引かれます。

あと、旧senseよりディスプレイもベゼル(上下の縁)を縮めて16:9から18:9の縦長へ、大きさもsense2の方が0.5インチ大きくなっています。

カメラの方も絞り値が0.2も明るくなり、AIが被写体のシーンも判断して適切に処理してくれます。 処理能力自体も1.2倍に増強され、ポケモンGO・モンスト・荒野行動はもちろん、重いと言われるデレステ(3D)もなんとかプレイできます。

*デレステが限界なので、それより重いアプリを使うのなら、計算処理能力が高い「P20 lite」がおすすめです。

「AQUOS sense2」のディスプレイは、高画質なだけでなくて省エネにも役立っています。

IGZOとは?
IGZOとは In(インジウム)・Ga(ガリウム)・Zn(亜鉛)・O(酸素)の頭文字からとった名称で、シャープが商標権を持っています。先に挙げた4元素からなる人工の透明結晶酸化物でできた半導体で・・・わかりにくいですね。

簡単にいうと電気抵抗が少なくて流れやすくなり、おかげで電力の消費を抑えたり、反応が早くなったりするようです。

防水の「AQUOS sense2」なら雨による水濡れや、お風呂での動画視聴もこなせます。 また、おサイフケータイは、楽天Edy・モバイルSuica・モバイルWAON・QUICPayなどが使えて便利です。

横の人に見られないようにするプライバシーフィルターもあります。もちろんユーザーが見ている正面側は、フィルターなしで普通に見れます。

さらに「AQUOS sense2」にはエモパーといって、AIがユーザーに問いかけることもできる高度な機能もあります。もちろん人間の会話とは違いますが、ユーザーの習慣なども学習して問いかけてくれます。

>>au公式HPでAQUOS sense2の詳細を見る!

私もAQUOS sense買ってみた!

今や「AQUOS sense2」が出てしまいましたが、旧型の「AQUOS sense」でも一般的な使い方なら今でも十分かと思います。 私が買ったブラックの「AQUOS sense」は一般的な大きさで、重さも軽い部類に入ると思います。 背面には「au」の文字がさりげなく入っていますが、よく目を凝らして見ない限り全く分かりません。

カメラの性能を見極めるために「Xperia XZ2」と比べてみました。 「AQUOS sense」の方がコントラストや鮮やかさが弱いため、「Xperia XZ2」の方が少しインパクトあります。 夜などの暗い場所も「AQUOS sense」の方が少し苦手です(ブレやすい)。

「AQUOS sense」は傘下のUQモバイルなど、格安SIMでも発売されるほど安い機種です。 カメラに関しては最近の機種では、普通より少し上くらいの認識です。 今は後継の「AQUOS sense2」が登場していますが、基本的な性能は共通していると思います。

 

使って気づいたAQUOS senseの欠点

いちおう「Geekbench 4」で「AQUOS sense」のスコアを測ってみました。 スコアが高ければ高いほど、計算処理する能力が優秀ということになります。

これくらいの数値でも「ポケモンGO」とか「ツムツム」くらいは余裕でした。

ところが「Xperia XZ2」の場合、

上段のシングルスコアと下段のマルチスコアの両方とも、「AQUOS sense」の4倍もあります(笑)。 これでは3Dグラフィックを駆使したゲームだと、時々カクカクするわけです。

そのかわりauでの価格も「Xperia XZ2」が「AQUOS sense」の3倍・・。

AQUOS senseの欠点

  • CPUの性能が高くないのでデータの重いゲームが苦手(デレステはギリギリ)
  • ハイレゾやワンセグはありません

 

使って気づいたAQUOS senseのいいところ!

  • とにかく安い
  • 他のスマホより軽い
  • 雨でも安心の日本製
  • おサイフケータイも搭載

私はおサイフケータイ使わないのですが、雨の中でも「ポケモンGO」だってできますし、ホントに軽い。 格安SIM機は中国製も多いので、ほとんど防水じゃありません。

そんなにゲームしない方には「AQUOS sense」をおすすめします。

>>au公式HPでAQUOS senseの詳細を見る!

au最安値:便利な機能はないけど最新で処理能力も高いP20 lite!

格安SIM界トップのファーウェイがリリースした「P20 lite」は、「nova 2」に続いてキャリアのauに認められました。ただ、「nova 2」と同じく防水・おサイフケータイ・ハイレゾといった日本向け機能は一切ありません!

それにしても、「P20 lite」の処理能力は上級機並みにもかかわらず、価格を上手く抑えたコスパスマホになっています。 OSのandoroidにはHUAWEI独自のOS「EMUI」がカブっていて、それがどれだけ凄いかというと、chromeだったらタブを10以上開けたり、裏で電力消費してる困ったアプリを見つけてくれたりする優れものです。

そしてお気づきの通り、「P20 lite」のデザインは「iPhone X」のパクリです。 しかし、その本家よりもかなり安く手に入ることは評価したいと思います。

P20 liteの注意点

  • 防水防塵ではない
  • おサイフケータイがない
  • ハイレゾではない

>>au公式HPでP20 liteの詳細を見る!

LG itをおすすめできない理由は?

2018冬モデルとして新製品にも関わらずau最安値で登場した「LG it」は、正直、価格に満たない貧弱モデルだと思います。

  • LGのくせに防水もおサイフケータイもなし
  • とにかく処理能力が低い
  • ディスプレイの画質もよくない

特に気になるのが以上の3点。

おサイフケータイはともかく防水じゃないのはどうしてでしょう? 「AQUOS sense」なら旧型でもバッチリついてます。

それとCPUが弱く感じますし、画質も低めです。

LG it AQUOS
sense2
クロック数 1.4GHzx4 1.8GHzx8
Antutu
スコア
45098 74927
画質 1280×720 2160×1080

いずれも数字が高い方が優秀です。

唯一の長所はバッテリーが交換できることです。 もともとLGは2016年の「isai Beat LGV34」までバッテリーが交換可能という珍しいメーカーでした。

しかし、ここ最近は他社同様の交換できないタイプに方向転換しました。 ところが、ここへ来て交換可能に・・。

そのせいで防水に対応できないなら、防水対応の方がよかったと思いますが。

 

iPhoneの最安値はiPhone8?iPhoneXr?

「iPhone 7」は2年前の発売にも関わらずいまだに人気が高い機種なのですが、値下げが凄くてauでもイチオシのお得モデルでした。 しかし、とうとうauでは「iPhone 7」・「iPhone 7 Plus」とも売り切れてしましました。

安くておすすめしていたのに残念です・・。

現在のところ、auで最安値のiPhoneを探すと「iPhone 8」最新の「iPhone Xr」になります。 「iPhone Xr」はカラーバリエーションもブルー・イエロー・レッド・コーラル・ホワイト・ブラックの6色から選べます。

ただ、「AQUOS sense2」や「P20 lite」より月千円以上も高いので、とても安いとはいえません。 私なら「AQUOS sense2」を選びます。

 

auで最安値のスマホをもっと安く買うためには?

いくら最安値といっても、auのお店で機種変更や購入をしたら、請求書を見て「あれ!」って思うことありませんか?auのお店は下請けのようなシステムになっていて、店舗の賃貸料や従業員の賃金は携帯代には含まれていないのです・・。

そのために、頭金や事務手数料をとったり、いらないコンテンツに加入させたり、オプション品を買わせることで運営しているのです。auのスマホを買うならもっと安く済ませる方法があります。

最大で1万円近くの節約になるので、豪華なお食事や趣味などにでも使った方がいいと思います。

 

auで5,000~10,000円安く機種変更するには!

あなたは普段どこで機種変更していますか?

もしauのお店や量販店で済ませているのなら・・・

それはめちゃめちゃもったいないですよ!


お店では頭金などといった手数料まがいの金額を上積みされたり、いらないコンテンツやオプションが知らない間に加入になっているケースが横行しています。

おまけに長い間待たされるなんて時間も労力ももったいないと思います。

オンラインなら手間がかからない上に大事な予算も浮いてきますので、ぜったいオンラインショップで購入しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です