auのスマートフォンをSIMフリー化する方法 購入済みやau限定スマホを他社で使うには?

注目が集まりつつある格安SIM(MVNO)を、今後さらに活性化させるために、総務省は3大キャリアがかけていたSIMロックを、廃止するように指導しました。

ところがauはいまだにSIMロックをかけ続けています・・。

 

じゃあロックを解除すればどんなSIMでも、auのスマホですぐ使えるのかな~?
android機の場合、au回線以外だと周波数の関係で厳しいものがあります。

しかし、iPhoneならロック解除でどのSIMでも使えるようになりますよ

 

なんか怖いな~、auのSIMロックってややこしそう~・・。
確かに、android機の解除は良く考える必要がありますが、iPhoneならたくさんの格安SIMから選ぶことができます。

 

今回はauのスマホを、他社でも使えるようにSIMフリー化(SIMロック解除)する方法とメリットを、分かりやすく説明していきたいと思います!

auのSIMロックや解除とは?

SIMロックのことは分かっているよという方は、スルーしてもらって構いません。分からないところがあれば、以下の項目で簡単に説明します。

 

auのSIMカードについて

SIMとは、そのスマホを使用するユーザーの顧客番号とか様々な情報を読み込んだチップカードです。

 

たとえば、あるスマホに私の顧客情報が入ったSIMを挿すと、私が通話を受けたりかけたりできます。ところが、あなたのSIMを挿せばたちまち私は使えなくなり、あなたが通話できるようになります。

 

SIMがなくてもスマホは使えますが、電話会社が関与していない状態になるので、通話やデータは使えなくなります。ただし、Wi-Fi環境があればデータ通信は可能です。

 

auのSIMロックについて

たとえば、JRの切符を買えばJRしか乗ることができませんよね!SIMロックも同じで、auで買えば当然auでは使えます。

 

しかし・・・、auで買ったスマホを他社の回線で使われたら、auは儲からないので不都合ですよね?だから、他社の回線で使えないようにロックをかけたわけです。

 

auのSIMロック解除について

よって、auのスマホを他の回線で使用するには、SIMロックを解除する必要があります!SIMロックを解除すればどこの回線でも使えそうですが、周波数が合わないと満足に使うことはできません。

 

ただし、iPhoneは解除すればどこの回線でもすぐ使えるようになります。

 

auのスマホを格安SIMで使うにはSIMロック解除が必要?

UQモバイルはau回線を利用しているので、解除せずにそのまま使うことができそうな気もしますが・・・そうではありません。au端末の大半がSIMロックを解除しないと、UQで使うことができません!

 

それは同じau回線を利用する、BIGLOBE・IIJmio・mineoの3社にあるAタイプに限っても同じことがいえます

 

ちなみに、UQでSIMロック解除の必要が無いauの機種は

  • Apple・・iPhone 5s・iPhone 6・iPhone 6 Plus
  • android機・・android 4の古い機種

参考として、UQのHPに「動作確認端末一覧」というのがあるので、それを確認すれば使えるかどうかが分かると思います。

公式UQ mobileオンラインショップ

auのスマホをSIMフリーにしたらドコモやソフトバンクでも使える?

iPhone以外はSIMフリーになっても、他社回線で使うことは厳しいというのが実情です!なぜかというと、それぞれの回線によって主要周波数(プラチナバンド)が違うからです。

 

ドコモとMVNOの場合

ドコモ回線の場合、Band1/3/19/21が周波数で、中でもBand19というのがプラチナバンド(主要な周波数)になります。しかし、auで発売されているandroidの機種は、他社でも扱われている同じ機種であっても、Band19に対応していない機種がほとんどなので、満足に使うことは出来ないでしょう。

 

いちおう、「HTC 10 HTV32」だけが対応していて使えそうですが、HTC U11など他の機種は全て非対応になっています。

 

ソフトバンクとワイモバイルの場合

次に、ソフトバンク回線を使う場合、Band8というのがプラチナバンド(主要な周波数)になります。ところが、auで売られているandroidの機種は、全てBand8に対応していないので、人の少ないエリアでは使いにくいと思います。

 

かろうじて、Band1と3をつかんでいる程度なので本当に厳しいです。なので、ソフトバンク回線を使うワイモバイルなどは、本来の力を発揮できないことになるので、おすすめはしません!

 

auのスマホでSIMフリー化(ロック解除)する前に確認したい5つのポイント!!

auのスマホをSIMフリーにする方法は、お店でしてもらうか、自分でPCやスマホを使ってロック解除する方法の2つがあります。ただいずれにしても、注意すべきことが5つほどありますので、今からそれを見ていきましょう。

 

1  : UQで使うならほとんどSIMロック解除が必要!

同じ回線を使う親子のような関係にも関わらず、ロック解除しないと使えない機種が大半です。

 

auでSIMロック解除の必要が無い機種は

  • Apple・・iPhone 5s・iPhone 6・iPhone 6 Plusはロック解除なしでそのまま使えます
  • android機・・android 4はロック解除なしでそのまま使えます

逆に言えば、iPhone SEや7以降、android 5以降の機種は、ロック解除しないとUQでは使えません。

詳しくはUQ mobileのHPで確認してください。

2  : 端末の購入方法によってロック解除の条件が違う!

解除の条件 実施時期
分割払い 購入から101日目以降 2017年8月1日
一括払い 支払い確認後 2017年12月1日
サポートあり 購入から101日目以降 2018年1月以降予定
解約済み 解約から100日以内 2017年12月1日

SIMロック解除に寛容なドコモと比べると、厳しいなという印象があります。特に一括払いならすぐ解除できるドコモと違い、12月1日から受付開始とか腰が重そうですね。

 

サポートありというのは、たとえ一括払いであっても購入サポートを利用している場合はこれにあたります。また、以前は中古で買ったauのスマホでもロック解除に対応していましたが、現在は対応していないのでご注意ください。

 

3 : 2015年5月以前の機種はロック解除できない!

2015年5月以前に発売されたauのスマホは、解除することが出来ません。上に挙げたXperia Z Ultraは2014年なので、解除できませんが、2015年4月発売のGalaxy S6は例外として解除可能です。

 

4 : auのお店でロック解除してもらうには手数料が必要!

お店で解除してもらう場合、待ち時間は仕方ありませんが、作業自体にはそれほど時間はかかりません。しかしながら、手数料として3,000円かかるので、よく考えてから解除してもらいましょう。

 

あと、身分を証明できるもの(免許証・パスポートなど)と暗証番号なども必要です!

 

5 : 自分でロック解除するにはau以外のSIMが必要!

お店でなくても、スマホやPCでロック解除できるうえに、手数料が無料なのも助かります!

 

しかし、自分でロック解除するにはau以外のSIMが必要です!よって、この時点で乗り換え先のSIMが手元になければ解除できません。

auのスマホをPCでSIMフリーにする方法

では実際にauのスマホでSIMフリー(ロック解除)していきましょう。

 

スマホやPCでauのHPを開く!

auのHPを開いて、検索窓に「SIMロック解除の手続き」と入力して検索します。この時、一字一句でも違うと、違う検索結果が表示されます。(例えばSIMロック解除手続きみたいに「の」を省略してもダメ)

で、「SIMロック解除のお手続き」をクリックします。・・・本当にページの場所が分かりづらいので、どうしてもauはSIMロック解除して欲しくないのでしょう・・。

で、下の方へスクロールして「SIMロック解除可否の確認」をクリックします。

ここで、スマホの製造番号(IMEI)を入力しなければなりませんが、

電話のダイヤル画面で、「*#06#」を入力すれば、IMEIはすぐ見ることができます。これはiPhoneもandroid機も同じです。

〇が出たら「こちら」をクリックします。あとは暗証番号を入力して、SIMロック解除の理由を答えたら終了です。

 

これで、au側のSIMロックはほどなく解除されます。

 

 

スマホ側のロックを解除する!

auから送られてくるメールには、スマホ側のやり方が記載されています。

 

で、作業の方はいたって簡単ですが、他社回線のSIMカードが必要です!ドコモ・ドコモ系格安SIM・ソフトバンク・ワイモバイル・海外のSIMのいずれかを用意しましょう。

 

iPhoneの手順

  1. iPhoneの電源をオフにします
  2. 他社回線のSIMと入れかえます
  3. 電源をオンにします
  4. 「アクティベーションが必要です」の表示を了解にします
  5. Wi-Fiに接続します
  6. Apple IDとパスワードを入力します

これでiPhoneはSIMフリーになりました(UQはAPNの設定が不要)。

アクティベートとはiPhoneにあるロックで、持ち主以外が使えなくするための機能です。

 

Android機の手順

  1. スマホの電源をオフにします
  2. スマホに他社回線のSIMを入れかえます
  3. スマホの電源をオンにしてWi-Fiに接続します

この後は機種によって違いますが、だいたい以下の2通りになるかと思います。

  • 設定→端末情報→端末の状態→SIMのステータス→SIMロックの状態→更新
  • 設定→端末情報→SIMカードの状態→SIMカードの状態を更新

これでandroid機はSIMフリーになりました。

 

APN(アクセスポイントネーム)の設定

これでSIMフリーにはなりましたが、APN設定をしないとまだau以外では使えません。機種によって手順は違いますが、だいたい下の2通りかと思います。

  • 設定→その他→モバイルネットワーク→アクセスポイント名→メニュー→新しいAPN→入力して保存
  • 設定→もっと見る→モバイルネットワーク→アクセスポイント名→追加もしくは+を押す→入力して保存

 

これで、やっと新しい格安SIMで使えるようになりました。

設定項目名 入力する設定値
APN名・アクセスポイント名 uqmobile.jp
APN・APN設定 uqmobile.jp
ID・ユーザーID・ユーザー名 uq@uqmobile.jp
Password・パスワード uq
認証タイプ・PPP・暗号タイプ CHAP
APNプロトコル IPv4v6IPv4/IPv6
APNタイプ default,mms.supl,hipri,dun

上にUQモバイルのアクセスポイント名(APN)を挙げましたが、他のAPNもそのHPに記載されています。

auのSIMフリー機で使える格安SIMのおすすめは?

auのスマホをSIMフリーにした場合、iPhoneはどのSIMでも使えますが、android機はちょっと違うので整理しました。

iPhone android機
SIM

フリー

SIM

ロック

SIM

フリー

SIM

ロック

UQ 微妙
Y!mobile
nuro
Nifmo
LINE
楽天
BIGLOBE A〇
U-mobile
IIJmio A〇
DMM
mineo A〇

*A〇はAタイプのみ可能でメインのDタイプは不可

auってどれだけ特殊な電波を使っているのかと思います。

 

海外のSIMを使う場合、iPhoneならSIMフリーにしておけばほとんどの国で使えますが、android機は絶望的です。特にauのプラチナバンドが海外では特殊な周波数なので、海外へはローミングするかスマホレンタルになるでしょう。

 

おすすめの格安SIMを1つずつ厳選

iPhoneでSIMフリーの場合

  • 料金安く、通信速度も速く、長電話のプランもあるワイモバイル!

iPhoneなら一番おすすめです!

 

android機でSIMフリーの場合

  • 料金安くて、通信速度が速いUQモバイル!

 

他に、BIGLOBEとかIIJmio・mineoなどの格安SIMでも使えます。しかし、いずれもAタイプ(au)という別コースになっていて、Dタイプ(ドコモ)より料金も高めなので魅力は弱いのが残念です。

 

SIMフリーになったiPhoneにおすすめの格安SIMはワイモバイル!

絶好調のワイモバイル(Y!mobile)は、通信速度がauとあまり変わらないのに、iPhoneなら料金がかなり節約できます!

音声通話
2GB 2,138円
6GB 3,218円
14GB 5,378円

通話SIMの料金表を上に挙げましたが、ワイモバイルは10分以内の通話まで何度でも無料です!そして、月千円の追加で国内通話無制限のかけ放題プランも魅力的です!

さらに、auから乗り換えになるので、2GBプランでも1万円、6GB以上なら1万5千円もキャッシュバックされます!ただし、ドコモのandroid機はSIM解除してもプラチナバンドをつかめないので、おすすめできません。

ただし、auのiPhoneをワイモバイルで利用する場合、APN(アクセスポイントネーム)の設定を変更する必要があります。

  1. SIMフリーになったiPhoneをWi-Fiに接続します
  2. SafaliでワイモバイルのHPを開き、「iphone apn」で検索します
  3. 下の図を参考に、検索トップにくる[ios]他社が販売する~をクリックします
  4. APN設定用の構成プロファイルをクリックしてダウンロードしたら自動で設定されて完了です

これで、ワイモバイルでもちゃんと使えるようになります。

 

ワイモバイルに乗り換える前に!

「安いうえに通話が長いからワイモバイルのお店で申し込もうかな~」って思われたかたもいらっしゃるでしょう。

 

「しかしちょっと待ってください!」

ワイモバイルのお店で予約するのはもったいないですよ!

時間がかかるうえに、いらないコンテンツやオプションが知らない間に加入になっているケースが横行しています。

ワイモバイルの場合はAPNの設定が必要ですが、それはお店でもしてくれないので同じです。

 

お店なら質問もできますが、オンラインショップでもチャットで質問できるようになりました!

Y!mobileオンラインショップの公式HPを開くと、右隅にチャットのバナーが現れます。

そこをクリックすれば、

チャットで相談に乗ってもらうことができます。

ただし、朝10時から夜12時までです。

本人を確認するための書類が必要ですが、店舗でも免許証とかコピーされるので基本的に同じです。

オンラインショップの場合、免許証などをスマホで撮影して、その画像データをアップロードして終了です。

 

結構簡単にできますし、送料無料で待ち時間も少なく、不要なものに加入させられることもないオンラインショップで申し込んでみてはいかがでしょうか?

公式 Y!mobileオンラインストアはこちらをクリック!

 

SIMフリーになったandroid機におすすめの格安SIMはUQモバイル!

auのサブブランドで絶好調のUQモバイルがそりゃ一番いいでしょう。なぜ一番かというと・・、UQの通信速度がキャリアと変わらない超高速だからです!

音声通話
プランS 2GB 2,138円
プランM 6GB 3,218円
プランL 14GB 5,378円
注意!

  • 14か月目以降は月額基本料金がプラス千円値上がりします。
  • 26か月目以降はデータ量の上限が半分になります。
  • ぴったりプランは、毎月の無料通話時間の上限が、Sで月60分・Mで120分・Lで180分まで。
  • おしゃべりプランは5分以内の国内通話が何度でも無料。

ワイモバイルのような長電話プランがありませんし、かけ放題も5分以内と短めで、2年目からデータ量が半分なのも残念です.。しかし、auをSIMフリーにしたところで、使える格安SIMが少ないのでしょうがないかと思います。

 

それでも、auよりはうんと安くなるので、SIMフリーにしたらUQに乗り換えてみるのもおすすめです。

 

UQに乗り換える前に!

「UQって評判がいいので今度お店で申し込もうかな~」って思われたかたもいらっしゃるでしょう。

 

「しかしちょっと待ってください!」

UQのお店で予約するのはもったいないですよ!

 

お店ならいろいろ質問もできますが、時間がかかるうえに、いらないコンテンツやオプションが知らない間に加入になっているケースが横行しています。

UQの場合、格安SIMに必要なAPNの設定も必要ありませんし、家ですることはSIMを挿すくらいで、それはお店でもしてくれないので同じです。

 

お店なら質問もできますが、オンラインショップでもチャットで質問できるようになりました!

公式UQ mobileオンラインショップを開くと、左隅にチャットのバナーが現れ、クリックすればチャットですぐ疑問に答えてもらえます。

また、使える時間帯は朝9時から夜12時までと長く、年末年始以外は無休です。

 

あとは、必要事項をチェックしたら契約完了ですが、その際にクレジットカードの番号が必要です。

 

それなら、オンラインで申し込めば、送料無料で待ち時間も少なく、不要なものに加入させられることもないのでおすすめです!

公式UQ mobileオンラインショップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です