BlackBerry Auroraのスペック・発売日・価格の予想・うわさまとめ

MWC2017でBlackBerryから公開された新機種は「BlackBerry KEYone」だけでしたが、その後にもう1つの新機種「BlackBerry Aurora」の存在も明らかになりました。

Auroraの方はKEYone以上に日本での発売がなさそうですが、どんな感じなのかなんとなく気になったので、今回はauroraを取り上げてみました。

 

「BlackBerry Aurora」のスペックや特長および価格、そして日本でも使えるのかを解説していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

BlackBerry Auroraとは?

そもそもBlackBerry自体あまり知らないという方は「BlackBerry KEYoneの予想~」で詳しく解説していますので、よかったら参考にしてください。

BlackBerry KEYoneのスペック・発売日・価格の予想・うわさまとめ

2017.03.23

 

前の「KEYone」の記事でも説明しているのですが、BlackBerry社自体はスマホ事業から撤退しているので、コンセプトなどを他社が引き継いで販売している状態です。

注目度がある「BlackBerry KEYone」の方は中国の「TCL Communication」からリリースされますが、こちらの「BlackBerry Aurora」はインドネシアの「BB Merah Putih」という会社からリリースされます。

「BB Merah Putih」とはBlackBerryのB2つと、Merah Putihはマレー語で赤白という意味になり、赤白は上の画像のようにインドネシアの国旗を表しています。

で、ブラックベリーの特長でもある物理キーボードはKEYoneの方に受け継がれ、こちらのAuroraはキーボードのないタイプです。

DTEK 60

ブラックベリーでキーボードがないタイプといえば、最近では上位の「DTEK 60」と普通の「DTEK 50」があるのですが、AuroraはOSこそAndroid7.0ですが、CPUなど計算処理能力は「DTEK 60」より1ランク下といっていいでしょう。

半年前にリリースされたミドルスペックの「DTEK 50」とほぼ同じ性能なのですが、「Aurora」の方がOSが新しい7.0なので1ランク上といえます。

 

BlackBerry Auroraのスペックと、BlackBerry KEYoneのスペックを比較!

BlackBerry Aurora BlackBerry KEYone
OS Android7.0 Android7.1
CPU Snapdragon 425 1.4GHzx4 Snapdragon 625 2.0GHzx4
メモリ 4GB 3GB
ディズプレイ 5.5インチ 4.5インチ
画質 1280×720 1620×1080
電池容量 3000mAh 3505mAh
サイズ 152 x 76.8 x 8.5 mm 149.1×72.4×9.4mm
重量 178g 180g
容量 32GB 32GB
指紋センサー x 搭載(スペースキー)
メインカメラ 1300万画素 f2.0 1200万画素 f2.0
インカメラ 800万画素 f2.2 800万画素 f2.2
防水・防塵 x X
充電ポート micro-USB USB Type-C
NFC 搭載 搭載
カラー Black・Silver・ Gold black
発売日 2017年3~4月 2017年4~5月

だいたい価格帯の違う機種と比べるのはおかしいかもしれませんが、どちらも「BlackBerry」を冠した2017年モデルなので比較してみました。

CPUや画質の低さや充電ポートも新型でないなど、よほど安くないとかなり厳しいスペックだと思います。

 

発売日はいつ頃になる?

インドネシアでは4月中旬までにリリースされると思います。

そして日本ではおそらく発売されないと思います。

スポンサードリンク

BlackBerry Auroraの特長は?

ごく平凡であえて取り上げるものもないというのが実際のところです。

指紋認証や防水などの目立った機能はいっさいありませんし、カメラも普通です。

 

しかし、あえていうなら日本では珍しいうえ、ブラックベリーでは初めてデュアルSIMに対応しているということでしょう。

ただし、デュアルスタンバイではありません。(2つのSIMで同時に待ち受けできない)

 

BlackBerry Auroraの価格はどれくらい?日本でも使える?

 

価格は399.9ドルとなっているので、日本円に換算すると4万4千円あたりになります。

値段は思ったより高めですが、誰も持っていないと思いますので、個性を主張するならありかもしれません

 

日本で使えるかといえば、いちおう使えるはずです。

Auroraが対応しているバンドがLTE B1/B3/B5/B7/B8/B26/B40となっているので、LTE B1/3/8のY!mobileはフル対応になります。

ドコモ系の場合はLTE B1/B3/B19/B21のすべてが使えないと、実力をフルに発揮できないので厳しいと思います。

 

今のところネットによる輸入販売などはありませんが、また情報があればお知らせしたいと思います。

このサイトでも、さらに新しい情報が入り次第ご紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク

<関連記事>

BlackBerry KEYoneのスペック・発売日・価格の予想・うわさまとめ

2017.03.23

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です