ドコモのiPhone8・iPhone8 Plusにもレッド(赤)が登場!気になるレッドの価格と在庫は?

iPhone8とiPhone8 PlusにiPhone7と同じレッドバージョンが登場します。もちろん、ドコモのiPhone8/8Plusにもレッドが追加されるのですが、その流れはどうなっているのかというと、

ドコモでは4月11日から予約を受け付け中で、4月14日(土)から発売が開始されます。

 

今回はそんなドコモのiPhone8・iPhone8 Plusのレッドについて、価格や在庫状況とレッドの魅力についてお伝えしたいと思います。

iPhone8・iPhone8 Plusレッドの価格や在庫について

iPhone8
メモリ 64GB 256GB
本体価格 88,776円 106.920円
機種変更 31,752円 50,112円
新規/のりかえ
在庫あり 購入する 購入する

iPhone8とiPhone8 Plusの違いは大きさの他に、カメラが1つしかないことと、ポートレートモードがないことくらいです。それらが必要でなければiPhone8で十分でしょう。

iPhone8のレッドは他の色と価格が同じで、今の段階では在庫もあるようですが、ベゼルが白(iPhone7)から黒に変わったので人気上昇中です。

しかも現在、日本で1番売れているスマホが断トツでiPhone8らしいです。iPhone7のレッドと同じように、iPhone8のレッドもすぐに在庫がなくなると思われます。

もし、レッドに機種変更を予定されている方は急ぎましょう!

iPhone8 Plus
メモリ 64GB 256GB
本体価格 100,440円 118,584円
機種変更 43,632円 61,992円
新規/のりかえ
在庫あり 購入する 購入する

逆に大画面・デュアルカメラ・ポートレートオードが必須の方はiPhone8 Plusで決まりです。iPhone8とiPhone8 Plusで迷っている方でも、iPhone8の在庫がなくなったらiPhone8 Plusのレッドもすぐ在庫がなくなるので注意しておきたいですね。

ちなみにiPhone7同様、(PRODUCT)REDといって、RED製品の売り上げはその一部がThe Global Fund(世界エイズ・結核・マラリア対策基金)に助成金として送られています。このREDを買うことによって、少しでも困った人々へ何か役に立てているかもしれませんね。

 

iPhone8/8 Plusレッドの魅力について

iPhone8のレッドとiPhone7のレッドを見比べると、背面に関してデザインは全く同じですが、材質はiPhone8が光沢のあるガラスでiPhone7がつや消しのアルミになっています。いっぽい、表面はベゼル(縁)の色が違います。

iPhone7ではホワイトだったベゼルが、iPhone8ではブラックになりました。

以前のiPhone7レッドでは、ホワイトのベゼルが趣味に合わないという方も多かったので(それでも人気があった・・)、今回こそはブラックに変更したところが最大の進化です。

たしかに、赤と白より赤と黒の方が引き締め効果の恩恵なのか、赤い背面に高級感が増すような気がします。


iPhone7のレッドを買ってしまった方もうらやむiPhone8のレッド・・。前評判がかなり高いので、在庫がやばそうですね。

そんなiPhone8のレッドが在庫切れになって後悔しないように、急いで購入・機種変更しましょう!

 

 

ドコモのスマホをさらに5,000~10,000円安くする方法!

あなたは普段どこでスマホを購入していますか?

もし、あなたがドコモのお店や量販店で購入するつもりなら・・・

それはめちゃめちゃもったいないですよ!

お店では頭金などといった手数料まがいの金額を上積みされたり、いらないコンテンツやオプションが知らない間に加入になっているケースが横行しています。

ドコモショップでは頭金などの事務手数料が必要ですが、オンラインショップなら無料です。

おまけに長い間待たされるなんて時間も労力ももったいないと思います。

オンラインなら手間がかからない上に大事な予算も浮いてきますので、ぜったいオンラインショップで購入するようにしてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です