GalaxyNote9のスペック・価格・発売日のうわさや予想まとめ:新機能や変更点はあるのか?

現モデルの「Galaxy Note8」といえば、2018年冬季オリンピックで選手や関係者に、平昌五輪仕様のNote8が無料で配布されたことが話題になっていました。 これであの爆発事故の記憶を薄めることが狙いだったのかもしれませんが・・。

ピョンチャン仕様のNote8

で、肝心の「Galaxy Note8」に対する評価は一様に高いものとなりました。 特にサムスン初のデュアルカメラは注目を浴びたわけですが、そのカメラは半年後の「Galaxy S9」で絞りの開閉技術に成功してさらに進化しました。

するとこの秋に「Galaxy Note9」がリリースされたら、どれだけ凄いものになるのか期待は膨らみます! 個人的には「iPhone X」なんかより総合点では大きく上回っていると信じています。

 

今回は「GalaxyNote9」のスペックと発売日や価格などを、うわさや情報を元に予想も交えてまとめました。

スポンサードリンク

GalaxyNote9とNote8のスペックを比較してみた

Note9 Note8
OS android8.1 android7.1
CPU SD845
2.7GHzx4
+1.7GHzx4
SD835
2.35GHzx4
+1.9GHzx4
メモリ 6GB
ストレージ 64/128/256GB
ディスプレイ 6.4インチ 6.3インチ
表示方式 Super AMOLED
画質 2960×1440
電池容量 3850mAh 3300mAh
サイズ ? 162.5×74.8
x8.6mm
重量 ? 195g
指紋認証
メイン
カメラ
1200万画素
+1200万画素
絞り(広角) f1.5~2.4 f1.7固定
インカメラ 800万画素
防水・防塵 IP68
充電ポート USB Type-C
NFC
カラー Black
Silver
Purple
Brown
Blue
Black
Gold
Gray
Blue
発売日 2018年10月 2017年10月

スペックにおける違いはバッテリーの容量と、メインカメラの広角側における絞り(F値)の調節くらいかと思います。 この仕様は「Galaxy S9」のワイドアパチャー機能としてすでに採用済みで、S9同様に絞りは開放の1.5か2.4の2段階しか使えないと思います。

 

GalaxyNote9の発売日や価格は?


サムスンがある韓国では早くも8月24日に発売開始されるそうで、それ以外の海外でも9月上旬までには発売されることになるでしょう。 しかし日本では10月上旬と遅れて発売開始の運びになるはずです。

 


価格は現行のNote8が750ユーロ(日本円で約9万8千円)とかなり高額に設定されていましたが、新「Galaxy Note9」はさらにその上を行く990ユーロ(日本円で約12万9千円)という末恐ろしい予想が聞こえてきます。

 

GalaxyNote9は三大キャリアで発売される?

ここ最近で見ても、「Galaxy S8」~「Galaxy Note8」~「Galaxy S9」はドコモとauが扱ってきたので、iPhone中心のソフトバンクでは発売されないとみて間違いありません。 もちろん格安SIMには絶対ラインナップされません。

スポンサードリンク

GalaxyNote9の特長は?

基本的にNote9はNote8のマイナーチェンジと考えます。 では、「Galaxy Note9」に新機能やNote8からの変更点はどれだけあるのでしょうか?

 

Note9のデザインとディスプレイ

サムスン自慢の有機EL(AMOLED)ディスプレイは当然採用されるでしょうが、「Xperia XZ Premium」のような4Kディスプレイとなると、AMOLEDやペン機能との連動が難しくて実現性は低いと言われています。

そしてベゼル(縁)を狭くすることはすっぱりあきらめて、むしろ開きなおったかのようなデザインになっているので、海外からは失望の声も聞こえてきます。 でも、ノッチパクリの波に乗らなかったことは大いに評価したいですし、このままでもGalaxyのデザインは十分に完成されていると考えています。

あと、Note8ではカメラの横にあった指紋センサーが、Note9ではS9同様に下へ配置変更されています。

 

Note9のカメラ

「Galaxy S9」で初採用されたワイドアパチャー機能(絞りを2段階で調節)や、Xperiaのようなスーパースローモーション動画もそのまま「Galaxy Note9」に採用されるでしょう。 ただ、トリプルカメラなどの採用はなく、すべてがS9のカメラと全く共通すると考えられます。

リークされたNote9のカメラ

とはいえ、リークされた情報を見ると何か新しい機能が隠されているかもしれません。 判明したら追記したいと思います。

 

Note9のパフォーマンス

Galaxy Note最大の特長であるSペンは現状でも素晴らしいものですが、今回のリニューアルでも最大の見どころになるかもしれません。 なんとSペンにBluetooth機能が搭載され、SペンがBluetoothに対応したゲームのジョイスティックになったり、カメラのリモコンになったりするという新しい機能があるといわれています。

ただ、そうするとSペンにもより多くの電力が必要となるので、そのあたりの課題が解決しているのかどうか不明です。

あと、S9で採用された「AR Emoji」がNote9にも引き継がれるかどうかも気になります。 なにせ「気持ち悪い」と評価もイマイチで、CMでもスーパースローモーションばかりアピールする羽目になっています。

こんなはずではなかったのでしょうけど、これをNote9にそのまま持ってくるのは考えにくいと思います。 改善しようにも根本からやり直す必要がありそうで、開発期間も間に合いませんよね。

 

Note9のカラーバリエーション

現在のところはブラック・ブルー・ブラウン・シルバー・パープルになるといううわさですが、どっちにしろ日本のキャリアで買う場合は、カラーが絞られてしまいます。 日本ではブルーやブラウンと、S9と同じパープルが除外されそうな気がします。

 

今のところ新機能といえばBluetooth対応のSペンくらいでしょうか・・。 変更点はペン以外の機能をS9と同じにしたことで、不明なのがAR Emojiの処遇です。

いやいや、もっと新機能はあるでしょうが、時間が経過すればもっと判明するかもしれません。

 

また新しい情報が入り次第、更新してお伝えしたいと思います!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です