GalaxyS9+とiPhoneXのスペック・機能・価格を比較してみた!AR Emojiかアニ文字で好みが分かれるかも

2018年前半でおそらく性能面でトップになるであろう「Galaxy S9+」と、2017年の後半にリリースされた「iPhoneX」では、どちらも個性があるので迷ってもなんとか選べそうな気もします。

とはいえ、「Galaxy S9+」と「iPhone X」では違いが多すぎるので、選択を間違えると後悔しかねません!

どちらも非常に高価なものなので、それぞれの個性をじっくり比べて自分に合ったスマホを選びたいですよね。

 

そこで今回は、「Galaxy S9+」と「iPhone X」のどちらがより欲しくなるのか?スペックや機能などを比較してみました!

Contents

スポンサードリンク

GalaxyS9+ vs iPhoneX:カメラの違い

Galaxy S9+ iPhone X
メインカメラ
広角
1220万画素
f 1.5/2.4
1200万画素
f 1.8
メインカメラ
望遠
1220万画素
f 2.4
1200万画素
f 2.4
インカメラ 800万画素 f 1.7 700万画素 f 2.2
HDR 搭載
手ぶれ補正 光学式
4K動画 対応
その他の特長 ライブフォーカス
デュアルアパチャー
ノイズリダクション
スーパースローモーション
ポートレートライティング
スローシンクロ

カメラの基本性能は「Galaxy S9+」の方が優れてるような気がしますが、「iPhone X」にも捨てがたいものがあります。

 

明るい場所での撮影を比較

S9+の方がほんの少しだけレンズが広角特性で歪んでいるのと、明るさも抑え気味です。しかし、これといった差は見当たりません。

建物写真をを拡大して比較しても明るさの特性は同じですが、レンズの歪みはほぼ同じで、どちらも優秀で甲乙はつけられません。

 

暗い場所での撮影を比較

どうしてもiPhoneXの方が明るめになるので電灯で照らされた看板が白飛びしていますが、S9+は看板が白飛びしていません。また、カラーバランスはiPhoneXの色補正が強いようです。

色再現が忠実なのはS9+ですが、人物撮影ではiPhoneXの補正が良さそうです。

「Galaxy S9+」で撮影した夜の雪道です。

「iPhone X」で撮影した夜のお店です。どちらも優秀ですが、ノイズリダクションがあるS9+の方が少しノイズが少ないと思います。

 

セルフィーの比較

セルフィーに関してはS9+の方が800万画素なので、700万画素のiPhoneXより100万画素のリードがあります。しかし、仕上がりを比べてみるとS9+は800万画素とは思えないほど画質が優れています。

スポンサードリンク

S9/S9+のメリット①:ライブフォーカス

「Galaxy S9+」は「ライブフォーカス」といって、撮影時や撮影後でも背景をぼかしたりできる機能がついています。その調節は画面横のスライダーで、ボケ具合を確認しながらコントロールできます。

 

S9/S9+のメリット②:デュアルアパチャー

「Galaxy S9/S9+」には「デュアルアパチャー」といって、レンズの絞りを絞った状態開いた状態の2つから選べるという機能も開発されました。上の図のように絞った状態(F2.4)にすると被写界深度が深いため、被写体の手前から遠くまでピントが合います

上の図のような手前の塀から遠くの町までピントが合ってる状態を、パンフォーカスと言います。

逆に絞りが開いた状態(F1.5)では被写界深度が浅いため、被写体の手前や奥はボケてしまいます

上の図のように、被写体だけを浮き立たせる画像をソフトフォーカスといいます。絞りを使い分ければ撮影の幅が広がります。

ライブフォーカスでも同様のことができますが、こちらのデュアルアパチャーでは明るさの違いやボケ具合の違いがあります。

 

S9/S9+のメリット③:ノイズリダクション

普通のスマホで暗い場所を撮影すれば、たいてい上のようなノイズ画像になります。暗い場所ではノイズがどうしても発生します。

「Galaxy S9/S9+」では「ノイズリダクション」といって、周りの色と明らかに違う信号を発している画素を取り除いてノイズを軽減する技術です。ただ、ノイズリダクションが強すぎるとディティールも失われるので、「S9/S9+」のノイズリダクションは少し性能を抑えてあるようです。

最新のノイズリダクションによる画像ですが、まだノイズは残っていてもだいぶマシな画像になりました。

テーブル下部の木目に目をやると、ノイズの有無が分かりやすいです。一眼レフにはよく採用されていますが、スマホでの搭載は初の快挙かもしれません。

 

S9/S9+のメリット④:スーパースローモーション

動画機能ではスーパースローモーション撮影機能が、Xperia XZシリーズ以外では初めて「Galaxy S9/S9+」に搭載されました。「iPhone X」の方は1秒に撮影できるコマ数が240しかなく、普通のスローモーションと同じです。

S9/S9+のスーパースローモーションは、Xperia XZシリーズと同じ1秒に960コマも撮影できます。

また「S9/S9+」では、ライブ壁紙に撮ったスローモーション動画を設定することができます。

スポンサードリンク

iPhoneXのメリット①:ポートレートライティング

顔認証に用いられるマッピング機能を用いて、いろんなライティングのコントロールが可能です。ノーマルな自然光~顔を中心に照らすスタジオ照明~強弱のある輪郭強調照明~背景が黒いステージ照明ステージ照明のモノクロから選べます。

 

iPhoneXのメリット②:スローシンクロ

iPhone8とiPhoneXのスローシンクロは同じです

「iPhone X」には、夜景や暗い背景をバックにした人物撮影でも、自然に写せるスローシンクロがあります!暗い背景を低速のシャッター速度で的確な露出にしながらも、手前の被写体を短い発光時間で明るく写すことができます。

 

カメラの違い 結果としてどっちを選ぶべき?

Galaxy S9+を選ぶべき!!
  • ライブフォーカスデュアルアパチャーを使ってぼかしを使いたい!
  • ノイズリダクション暗い場所にも強い
  • スーパースローモーション使いたい!

 

iPhone Xを選ぶべき!!
  • ポートレートライティングスローシンクロを使って人物撮影したい!
  • スーパースローモーションは特に必要ない・・

 

以上のように分けてみました。特に動画撮影機能のスーパースローモーションが必要かどうかは重要なカギです。

スポンサードリンク

GalaxyS9+ vs iPhoneX:デザインとディスプレイの違い

Galaxy S9+ iPhone X
大きさ 158.1×73.8 mm 143.6×70.9 mm
厚さ 8.5mm 7.9mm
重さ 189g 174g
防水防塵 IP68 IP67
画面 6.2インチ 5.8インチ
解像度 2960×1440 2436×1125
表示 有機EL(AMOLED)
HDR 採用

「Galaxy S9+」の方が「iPhone X」より縦に長いのと、防水規格が少し優れています。

 

ノッチデザインはあり?なし?

iPhoneXにはノッチ部分に、セルフィーのカメラやセンサーとスピーカーが収まっています。その点、S9+は横幅いっぱいのベゼルに収まっているので、S9+の方がスッキリしています。

ノッチのないスペースには、時間や電波状況などの情報を示す小窓のような役割を果たしています。

どちらのデザインが好きか嫌いかでも、選択の要素になります。

 

ディスプレイの質は互角

iPhoneXはS9/S9+の製造元であるサムスンの有機ELを採用しているので、ディスプレイはほぼ同じと考えていいでしょう。

 

デザインやディスプレイの違い 結果としてどっちを選ぶべき?

Galaxy S9+を選ぶべき!!
  • すっきりした極細ベゼルデザイン!

 

iPhone Xを選ぶべき!!
  • ノッチが気にならない、むしろ気に入っている!

スポンサードリンク

GalaxyS9+ vs iPhoneX:セキュリティーの違い

Galaxy S9+ iPhone X
顔認証
虹彩認証
指紋認証
Intelligent
Scan

iPhoneXの顔認証(FACE ID)が話題を集めましたが、Galaxyの方は顔認証が暗さに弱いなどといった欠点があったので、それを補う「intellgent scan」という新しい認証方式が開発されました。

 

S9+のメリット①:intelligent scan

従来のGalaxyには指紋認証・顔認証・虹彩認証の3つが搭載されていましたが、さすがに顔認証は「iPhone X」より精度が劣りました。そこで、「Galaxy S9/S9+」では「intelligent scan」という、顔認証と+虹彩認証をミックスさせたもので精度を向上させました。

Galaxyの場合、いままでの顔認証では、暗いところで顔を正しく認識することが苦手でした。で、S9/S9+に合わせて開発された「intelligent scan」では、明るい場所では顔認証をメインに、暗い場所では虹彩認証をメインに生体情報を得て個人を認識します。

なお、マスク姿や寝起きでも正しく認識できるそうで、評論家の間でもやっと「iPhone X」に追いついたと評価されています。

 

S9+のメリット②:指紋認証と虹彩認証

intelligent scanもなかなか良いのですが、他にも顔・虹彩・指紋認証が使えるので、自分が使いやすい認証方式を選べるのがS9+のポイントです。

 

iPhoneXのメリット①:指紋認証もホームボタンも消えた!

iPhoneには必ずあったディスプレイの下のホームボタンが、指紋認証とともに消えました。その代わりに、「iPhone X」では顔認証(Face ID)という新しい認証方式を登場させました!

ノッチの内部にあるTrueDepthカメラを用いて、ユーザーの顔に3万以上のドットを投射し、インプットしたデータでユーザーの顔の緻密な深度マップ(FACE ID)を登録してユーザーの顔を一瞬で認識します。

メガネをかける・帽子をかぶる・少しけがをする・少しやせたり太ったり~という細かい変更も読み取れますし、目を開かないと逆にロック解除ができないので、眠っている間に盗用される心配もありません。また、かなり暗い場所でも顔認識が可能のようです。

ただ、これまで通り指紋認証を使いたい方には向いていません。

 

セキュリティーの違い 結果としてどっちを選ぶべき?

Galaxy S9+を選ぶべき!!
  • 指紋認証虹彩認証を使いたい!

 

iPhone Xを選ぶべき!!
  • 便利な顔認証だけで十分!

スポンサードリンク

GalaxyS9+ vs iPhoneX:ユーザビリティーの違い

Galaxy S9+ iPhone X
充電方式 ケーブル・ワイヤレス
Dex Pad
ハイレゾ
テレビ
Pay機能 FeliCa NFC
AR emoji
アニ文字
clips

ユーザビリティーというか使い勝手は、かゆいところにまで手が届くS9+の方が優れています。ただし絵文字的な機能は、S9+のAR emojiとiPhoneXのアニ文字で好みが大きく分かれます。

 

S9+のメリット①:Dex Pad

S9/S9+にはオプションとして「Dex Pad」というデッキパッドも登場しました。この上に端末をセットしてモニターとつなげば、デスクトップPCのように使えるというもので、4K動画や画像なども大きなスクリーンですぐ見ることができます。

 

S9+のメリット②:オーディオがハイレゾ対応!

Galaxyならハイレゾは楽しめて当然ですね。テレビ視聴だって、ワンセグもフルセグもS9+なら大丈夫です。

 

S9+のメリット③:おサイフケータイが便利!

おサイフケータイもGalaxyならバッチリ使えます!楽天EdyやWAON・nanacoといった電子マネーもほとんど使えます。

「iPhone X」も顔認証(Face ID)を用いてApple Payの利用ができます。しかし、Felicaには対応していないのでおサイフケータイとしては使えません。

iPhoneXで使えるのは、一部のクレジットカードとSuicaぐらいで、電子マネーの楽天edy・WAON・nanacoや、ICOCA・PASMOなどは使えません。

 

S9+のメリット④:AR Emoji

「S9/S9+」の新機能「AR Emoji」とは、アバターをAR(拡張現実)で作成する、つまり自分の分身をキャラクターに出来る機能です。

顔をスキャンした後、肌の色や髪形など微調整も可能です。

それを登録すれば、SNSなどで共有できます。

自分が意図する表情やサインに合わせて、いろいろ使い分けられるのが楽しそうです。しかし、iPhoneXのアニ文字よりリアリティーを追及したため、海外ではこのAR Emojiが奇妙で気味が悪いという評価が多いです。

日本と海外では感覚が違うので、日本では海外より受けそうな気もしますがどうでしょう?

 

iPhoneXのメリット①:アニ文字ならかわいい?

iPhoneXにはTrueDepthカメラを使った「アニ文字」があります。笑った顔をスキャンすれば、その表情を反映した笑顔のアニ文字が、

違う表情をスキャンしたら、その表情に反映したアニ文字が作れます。約50種類にも及ぶ筋肉の動きを解析することで、その表情を12種類のアニ文字に同期させられる新しい機能です。

また、作成したアニ文字はSNSで共有すれば、表現力も増えて楽しくなるでしょう。

 

iPhoneXのメリット②:おもしろ動画機能のclips

さらに「iPhone X」にはフロントカメラで、自分をユニークな動画にできる「Clips」という機能もあります。セルフィー動画では、360度全てアニメーションや抽象画になった風景に、自分を登場させた動画を作ることができます。

他にも、動画に文字やエフェクト(効果)を加えたりして、その動画を共有して楽しむことが可能です。

 

ユーザビリティーの違い 結果としてどっちを選ぶべき?

Galaxy S9+を選ぶべき!!
  • デスクトップにつなげるDex Pad機能!
  • 奇妙かどうか?使えば面白そうなAR Emoji
  • ハイレゾやテレビも楽しみたい!
  • 便利なおサイフケータイは使いたい!

 

iPhone Xを選ぶべき!!
  • かわいいアニ文字を使ってみたい!
  • clipsも興味がある
  • テレビ・ハイレゾ・おサイフケータイは我慢できる・・

 

AR Emojiが使いたければ「Galaxy S9+」、アニ文字が使いたければ「iPhone X」を選ぶべきですが、事はそう簡単ではありません。

iPhoneにはハイレゾ・テレビ・おサイフケータイがありません!

日常生活の使い勝手を優先するなら「Galaxy S9+」一択です!

スポンサードリンク

GalaxyS9+ vs iPhoneX:パフォーマンスの違い

Galaxy S9+ iPhone X
CPU SD845
2.7GHzx4
+1.7GHzx4
A11
2.39GHzx8
メモリ 6GB 3GB
ストレージ 64/128
/256GB
64/256GB

iPhoneXのメリット①:A11のスーパープロセッサー

「Galaxy S9/S9+」には最新で最高性能のCPU「Snapdragon845」を搭載していますが、「iPhone X」にはその上を行くスーパーマシン「A11」が搭載されています。

上の図の通り、ベンチマークテストでは計算処理能力に少し差があります。もちろんS9+に採用されているSD845も、android機ではトップの性能です。

あえて、世界一の処理能力がどうしても欲しければ「iPhone X」なのかなと思います。

 

GalaxyS9+ vs iPhoneX: 価格の違い

実質本体価格 Galaxy S9+    iPhone X   
ドコモ ? 68,040円
au ? 64,080円
並行輸入版 107,000円 125,323円

ストレージは最小での価格です。

まだ「Galaxy S9+」は日本で未発売ですが、キャリアでの実質価格は9万円以上するでしょう。

 

GalaxyS9+ vs iPhoneX: 違いのまとめ

S9+ Note8
ライブフォーカス
デュアル
アパチャー
スーパー
スローモーション
ノイズ
リダクション
ポートレート
ライティング
スローシンクロ  
intelligent
scan
顔認証
指紋認証  
Dex Pad
ハイレゾ  
テレビ
おサイフケータイ
AR Emoji
アニ文字
clips
処理能力  

単純に〇の数を数えたら、「Galaxy S9+」が11個ありますが、「Galaxy Note8」は6個しかありません。

ちなみに共通の特徴は、防水、有機ELディスプレイ、4K動画撮影、光学手ぶれ補正、ワイヤレス充電など。

iPhoneが好きな方はおいといて、普通に考えたら、やはり最新の「Galaxy S9+」に分があります!

ただ、海外では「AR Emoji」の評価が今一つで、アニ文字に分があります。日本では好みが分かれそうです。

スポンサードリンク

<関連記事>

GalaxyS9+とGalaxyNote8のスペック・機能・価格を比較してみた!AR EmojiとSペンのどちらを選ぶのか?

2018.03.17

iPhoneXとGalaxyNote8のスペックを比較してみた!性能や価格の違いとその評判とは?

2018.01.22

iPhoneXとLGV30+(L-01K)/ isaiV30+のスペックを比較してみた!性能や価格の違いとその評判とは?

2017.12.10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です