HUAWEI Mate 10 Proの不具合と不満~問題点のまとめ SIMフリー名機に偽りなし??

ファーウェイから2017年ラストに日本発売されたのは、「nova 2」ではなく「Mate 10 Pro」でした。で、売れ行きはというと、前作のMate 9以上の売れ行きといううわさも聞きます。

価格.comより

しかも、価格.comでは第二位の人気とあって、SIMフリー要注目機種であることは間違いありません。ただ、格安SIM最高峰とはいえ、87,282円って格安SIMの意味がないくらい超高額なので、後で不具合や不満点などが見つかったら悲しくなるかもしれません。

 

今回は、人気の高額ハイエンドSIMフリー機「Mate 10 Pro」に起きている不具合や不満・問題点をまとめてみました。

スポンサードリンク

不具合のまとめ

・・・、ほぼ不具合がない模様です。iPhone XやiPhone 8 Plusなどは結構あったようですが、Mate 10 Proは海外で1か月早くリリースされたので、日本発売時には克服されています。

 

ちなみに、Bluetoothで音楽を聴く際、音が途切れたりスピーカーとイヤホンで入れ替わったりする事象も報告され、原因はスマホ側かイヤホン側か不明です。あと、文字入力時のレスポンス(反応)に遅さを感じるユーザーも・・。

 

以上の事象は、不具合なのか実力通りの性能なのかは、報告例が少ないのでまだ分かっていません。

 

不満点や問題点のまとめ

こちらも現時点では評判がよく、価格.comでも満足度の高い評価になっています。しかし、価格や期待度の高さゆえの不満や問題点はあるでしょう。

 

期待が大きいからこその不満点!!
  • 文字入力などのレスポンスが遅く、LINEをリアルタイムで確認できない
  • Mate 9からわざわざ機種変更するほどの違いはない
  • microSDが使えない
  • 35mmイヤホンジャックも使えない
  • 価格が高過ぎ

特にレスポンスに関しては良く聞かれます・・。

 

レスポンスについて

他にも文字入力がもっさりしているとか、イライラするという評価もあります。しかし、Googleの日本語入力にしたら、ストレスがなくなったという報告もあるので、遅いと感じたらやってみる価値はありそうですね。

 

Mate 9と違いが分かりにくい

大きな違いは防水になったこと!ファーウェイ長らくの欠点が初めて克服されました。他には、デザインがよりベゼル(縁)レスになったことと、CPUの進化による計算処理能力の向上くらいでしょうか?

 

MicroSDが使えない

そのままでは、本体の64GBか128GBがデータ保存の上限になってしまいます・・。

ただ、USB Type-C対応のメモリーカードリーダーを挿すか、グーグルドライブ(iCloudのようなもの)で済ませれば大丈夫でしょう。

 

その他

カメラが状況によって暗めに写るとか、本体が滑りやすいというユーザーもいらっしゃるようですが、撮影後でも容易に好みの仕上がりに補正できますし、ケースやカバーを装着すれば解決できそうです。

スポンサードリンク

やはりSIMフリー名機!価格と期待度の高さは裏切っていない!

それでも、満足しているユーザーが非常に多いのが「Mate 10 Pro」の人気につながっているのでしょう。

最後は、問題点が多少あっても見逃せない「Mate 10 Pro」の魅力を確認していきたいと思います!

 

Mate 10 Proの魅力!!
  • ライカと共同開発した高品質なデュアルカメラ
  • PCモードが便利
  • 有機EL(OLED)の美しさとそれによる省エネ化で電池持ちが最高!
  • OLEDの恩恵、電源OFFでも画面に時刻表示ができる!
  • よりベゼルレスになったディスプレイ
  • ファーウェイ初の防水仕様

 

 

Mate 10 Proを格安SIMとセットで買うならここがおすすめ!

Mate 10 Proが欲しいと思っても本体価格が高いので、SIMとセットで分割購入される方も多いでしょう。

 

そこで今回は厳選した格安SIMセットを1つだけご紹介したいと思います!

 

Nifmo(ニフモ) 

通信速度も速い方の部類に入り、料金も良心的でさらにキャッシュバックまであるお得な格安SIM会社です。たとえ、通信速度が悪化してもすぐ増強しているのも評価が高い理由です。

データ専用 音声通話対応
3GB 4,326円 5,026円
7GB 5,026円 5,726円
13GB 6,226円 6,926円

*2年契約で割賦金込みの料金
さらに830円追加で10分以内のかけ放題オプションも!

 

また、下のリンクからお申し込みすると最大で20,100円のキャッシュバックがもらえますので、Nifmoで申し込みするなら必ずキャッシュバックで得しましょう~。

NifmoのMate1oProキャッシュバックキャンペーンはこちら!

 

他に、楽天・イオン(ニフモより割高)、IIJmio(料金やサービスは同じだがキャッシュバックが少ない)、OCN(通信速度が遅い)などがあります。しかし、トータルで考えてNifmoよりいいところはなかったです・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です