Huawei P11改めP20のスペック・発売日の予想 フルディスプレイと防水に?!

海外で4月、日本でも6月にリリースされたファーウェイのフラッグシップ「P10」と「P10 Plus」。

もうまもなく「Mate 10」の発表も控える中、2018年にリリース予定の「P20(仮称P11)」の情報や予想が耳に入ってきました。

 

今回は、そんな最新型スマートフォン「P20(P11)」についてあらゆる情報をまとめました。

スポンサードリンク

P20(P11)とP10のスペックを比較!

P20(P11) P10(Plus)
OS Android8.0 Android7.0
CPU

 

kirin 970

2.5GHzx8

kirin 960

2.4GHzx4+1.8GHzx4

DSDS 対応
メモリ 8GB 4GB
ディズプレイ ? 5.1インチ
画質 2560×1440 IPS 1920×1080 IPS
電池容量 3500mAh 3200mAh
サイズ ? 145.3×69.3x7mm
重量 ? 145g
容量 128GB 32/64GB
指紋センサー 搭載
デュアル

カメラ

2400万画素x2

f1.6

1200+2000万画素

f2.2(f1.8)

インカメラ 1300万画素 800万画素
防水・防塵 IP68
充電ポート USB Type-C
オーディオ ステレオ
NFC 搭載
発売日 2018年1~3月 2017年6月

かなり「IPhone X」を意識したスマホになるといううわさです。

来年1月に発表され、3月までにはリリースされそうです。

 

ところで機種名はP20?それともP11?

~P8~P9~P10と続いてきたので、次はP11だと思っていました。

しかし、その並びだとP13とかだんだん中途半端でインパクトもなくなるため、P20になるかもしれないという情報が・・。

 

かなりディープなリーク情報だと「P20」という機種名で、すでに中国の方では商標登録が出されているとか。

現時点では、ほぼ90%の確率で「P20」なのかなと思っています。

スポンサードリンク

P20はこんな感じ!?

とにかく「iPhone X」や「Galaxy S8」を意識したスマホが、ファーウェイの「P20」であると中国では言われています。

次は項目別に見ていきたいと思います。

 

P20のカメラは?

P9からカメラの開発をライカと共同で行ってきましたが、P20でもおそらくライカと共同になるでしょう。

そしてデュアルカメラはもちろん、画素数は2400万画素というとんでもない数値が予想されています。

さらに開放値は1.6という一眼レフ顔負けの明るさになり、かなり暗い場所でもしっかり撮影できそうです。

ただ、今まで通りのカラーとモノクロという役割分担なのか、現在の主流である望遠と広角になるかは不明です。

 

P20のパフォーマンスは?

上の図はファーウェイが「Mate 10」の概要発表の様子ですが、この「Mate 10」から新しいCPUである「Kirin970」が採用されるので、「P20」でもそのまま採用されると思います。

現行の「P10」に採用されているCPUは「Kirin 960」ですが、これより計算処理能力が20%向上し、電力効率は1.5倍に向上すると公表しています。

スポンサードリンク

P20のボディーは?

なんとボディーの材質がアルミとかではなく、チタン合金を採用するとか。

チタニウムといえば、飛行機のジェットエンジンや高級カメラなどに使われている金属で、強固なうえに軽い反面、研磨や加工が難しいという点があります。

 

世界にはすでにチタニウムを採用しているスマホがいくつかありますが、メジャーな製品では初めてではないでしょうか?

 

P20のディスプレイは?

iPhone Xがとうとう有機EL(OLED)ディスプレイになりましたが、それを作っているのは韓国のサムスンとLGだけです。

ご存知の通り、中国と韓国の現状から考えると、ファーウェイでは当分お預けになりそうです。

 

にもかかわらず、表面はベゼルレスどころか、ほぼディスプレイだけという斬新なスタイルになると予想されています。

しかし、iPhoneが開発するも途中で挫折したという、ディスプレイ下部に指紋センサーを埋め込む技術は、逆にファーウェイが先を越すといううわさがあります。

よって、ずっとあった背面の指紋センサーは廃止されるということに・・。

 

P20のその他

日本のユーザーが中国メーカーに望んでいた機能の1つである防水が、絶好調のファーウェイがとうとう実現できそうです。

格安SIM界の中心と言ってもいい台湾のASUSと中国のファーウェイは、2018年には防水機能をもったスマホをリリースすると公言していました。

 

防水基準がIP67か68かは分かりませんが、これはすごい進歩だと思います。

あとはおサイフケータイくらいですが、日本以外では不要の機能なので、NFCで我慢するしかないでしょう。

 

また、新しい情報が入り次第、更新してお伝えしたいと思います!

スポンサードリンク

<関連記事>

HUAWEI Mate10(Mate9後継機種)のスペック・発売日の予想・価格やうわさまとめ(10月16日更新)

2017.01.18

HUAWEI honor 9のスペック・発売日・価格の予想・レビューまとめ(10月10日更新) 12日から日本でも発売!!

2017.06.13

HUAWEI nova 2のスペック・発売日・価格の予想・うわさまとめ(9月21日更新)ネット輸入でも発売開始!!

2017.05.19

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です