iPhone6sの格安SIMセットがついにUQとY!mobile(ワイモバイル)から登場!! で、どちらのSIMがおすすめ?

今まで格安SIMでiPhoneの取り扱われている機種と言えば、「iPhone SE」くらいでした。

唐突に思いついたのですが、そのSEってどういう意味かご存知ですか?

 

Special Edition」スペシャルエディション・・・いわゆる特別仕様だとか言われているのですが、実際のところは簡易版というか廉価版みたいな感じで、正統なiPhone 6~7~8~Xからは外れている存在です。

iPhoneというのは他のスマホより特別扱いで、格安SIM(MVNO)からのセット販売はありません

廉価版の「iPhone SE」でさえ、ドコモ・au・ソフトバンクといったキャリアと、Y!mobile・UQといったキャリアの子会社でしか扱っていません。

 

また、子会社(サブブランド)のワイモバイルやUQでは、「iPhone SE」でさえ1年遅れの今年3月からのリリースであって、iPhone+数字といった正統派は子会社ですらなかなか買えなかったのです。

 

そしてこの10月、キャリアで「iPhone 8」が登場したこのタイミングで、やっとY!mobileとUQに「iPhone 6s」のセット販売が許可されました。

では、いったいどちらのセットがおすすめなのか?重視するポイントを分けて見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

まずiPhone 6sとiPhone SEの違いをはっきりさせよう!

iPhone 6s iPhone SE
OS iOS 11
CPU A9 1.84GHzx2
DSDS X
メモリ 2GB
ディズプレイ 4.7インチ 4.0インチ
画質 1334×750 1136×640
電池容量 1715mAh 1624mAh
サイズ 138.3×67.1×7.1mm 123.8×58.6×7.6mm
重量 143g 113g
容量 32/128GB
指紋センサー 搭載
3D Touch 搭載
メインカメラ 1200万画素
インカメラ 500万画素 120万画素
防水・防塵 X
NFC Apple Payのみ
発売日 2015年9月 2016年3月

OSは元の古いタイプよりアップデートされて販売されているので、両方とも同じです。

皆さんもご存知の通り、やっと解禁になったとはいえ、「6sの方がSEより半年も古いんじゃないか?」と思う方もいるでしょう。

 

あれ、iPhone6sの方がSEより古い??

しかし実際のところ、「iPhone SE」は2年半前にリリースされた「iPhone 5s」をリニューアルしただけのものです。

上の画像を見たら一目で同じデザインであることが分かりますし、今では珍しい厚ぼったいボディーやサイズなど、全くと言っていいほど同じです。

  • iPhone 5s・・2013年9月(iPhone SEも同じ性能で2016年3月)
  • iPhone 6s・・2015年9月

 

UQやワイモバイルから「iPhone 6s」のリリースは、今までの「iPhone SE」から2年分進化したということです!!

スポンサードリンク

確かによく見るとiPhoneSEのデザインは古かった

丸みの帯びた厚ぼったくて小さい「iPhone SE」のボディーは、iPhoneデビュー時を思い起こす古風なデザインを引き継いでいます。

一方、「iPhone 6s」のボディーは、現在の「iPhone 8」などと同じ流線型の薄いボディーに進化しています。

見た目だけでもかなり違いますが、次は機能面において、2年分の進化によるメリットを見ていきたいと思います。

 

iPhoneSEより6sが優れている3つのメリットとは?

機能的なメリットを見ることは、UQやワイモバイルでどちらを選ぶべきかの重要ポイントです!

まず1つ目、上の画像は大きさの比率を表したもので、SEが4インチしかないのに、6sは4.7インチと一回りほど大きくなっています

 

ただ、どちらもディスプレイはRetinaで解像度もほとんど同じです。

2つ目はフロントカメラの性能が大きく違うということです。

背面のメインカメラは、1200万画素・開放値2.2・5倍のデジタルズームなど、全くと言っていいほど同じです。

 

しかし、フロント側のサブカメラは、6sが500万画素あるのにSEはたったの120万画素しかありません。

撮影した画像を拡大して比べると、上のようにはっきり差があらわれます。

3つ目は3D Touchという、今のiPhoneには当たり前の機能です。

画面を軽く押すことをPeekといって、写真・メール・Webなどを実際に開くことなく、簡単なプレビューで表示できます。

 

逆に画面を強く押すことをPopといって、コンテンツまるまる全画面で表示できます。

他にもクイックアクション・キーボードの表示非表示・手書きスケッチ機能など、使いこなせば本当に便利な機能です。

 

少しでもイイiPhoneが欲しいならiPhone 6s!
  • ちょっとでも大きい画面で使いたい!
  • セルフィーは良く使う!
  • やっぱり3D Touchは欲しい機能!

 

今こそ逆にiPhone SEもあり!
  • iPhoneしか使いたくないが、小さくてもいいので予算をかけたくない!

 

確かに「iPhone 6s」がUQやY!mobileから発売されれば、「iPhone SE」の料金がさらに値下げされるという期待も!

スポンサードリンク

UQとワイモバイル、iPhone 6sを買うならどちらがおすすめ?

先ほどの項では、わざわざUQやワイモバイルで「iPhone 6s」を選択する理由を説明させていただきました。

じゃあ、どっちのSIM(サブブランド)を選んだ方がいいのか、いろいろな角度から見ていきます。

 

UQでiPhone 6sを買う場合

使っている実感だと通信が遅くなるということ自体、いまだ経験したことがありません。

ただ、YouTubeなんか見ていたら快適過ぎて、一気に500MBを消費してしまうことも・・。

 

また、かなり田舎に行っても通話できます。

 

iPhone6s 32GBタイプの分割支払いの月額料金一覧表 プランMがおすすめ!

おしゃべりプラン・ぴったりプラン
プランS プランM プランL
2GB/月 6GB/月 14GB/月
割賦金 1,944円 1,404円 1,404円
月額基本料金 2,138円 3,218円 5,378円
毎月の支払い合計 4,082円 4,622円  6,782円 
 注意!

  • 14か月目以降は月額基本料金がプラス千円値上がりします。
  • 26か月目以降はデータ量の上限が半分になります。
  • ぴったりプランは、毎月の無料通話時間の上限が、Sで月60分・Mで120分・Lで180分まで。
  • おしゃべりプランは5分以内の国内通話が何度でも無料。

キャリアから乗り換えて節約できたと感じるのは4千円あたりなので、プランMが一番現実的です。

 

iPhone6s 128GBタイプの分割支払いの月額料金一覧表 約500円ほど割高

おしゃべりプラン・ぴったりプラン
プランS プランM プランL
2GB/月 6GB/月 14GB/月
割賦金 2,484円 1,944円 1,944円
月額基本料金 2,138円 3,218円 5,378円
毎月の支払い合計 4,622円 5,162円 7,322円
注意点は32GBタイプと同じです。

32GBタイプを買う方が多いと思いますが、料金も約500円ほどプラスされます。

 

ついでに安くなり過ぎたiPhone SEの新しい月額料金一覧表

おしゃべりプラン・ぴったりプラン
プランS プランM プランL
2GB/月 6GB/月 14GB/月
毎月の支払い合計 1,980円 2,980円 4,980円
注意点はiPhone6sと同じです。

確かに、プランSだと予算が少ない人には朗報ですが、プランLなら「iPhone 6s」のプランの方が絶対いいですよね~。

 

Y!mobileでiPhone 6sを買う場合

こちらも通信速度は常に快適で、遅くなるのを見たことがありません。

よほどの山奥でない限り通話も完璧です。

 

iPhone6s 32GBタイプの分割支払いの月額料金一覧表 新規とのりかえの場合

スマホプラン
S M L
2GB/月 6GB/月 14GB/月
割賦金 3,240円 3,240円 3,240円
月額基本料金 3,218円 4,298円 6,458円
月額割引 -1,296円 -1,836円 -1,836円
ワンキュッパ割 -1,080円 -1,080円 -1,080円
毎月の支払い合計 4,082円 4,622円 6,782円 
 注意!

  • のりかえ・番号移行(MNP)がソフトバンクからの場合は540円プラス
  • 機種変更は1,620円プラスでデータ量の上限も半分、ワンキュッパ割もなし
  • ワンキュッパ割は加入翌月から12か月まで

ワイモバイルからは料金プランが未発表なので、もうしばらくお待ちください。

 

iPhone6s 128GBタイプの分割支払いの月額料金一覧表 新規とのりかえの場合

スマホプラン
S M L
2GB/月 6GB/月 14GB/月
割賦金 3,780円 3,780円 3,780円
月額基本料金 3,218円 4,298円 6,458円
月額割引 -1,296円 -1,836円 -1,836円
ワンキュッパ割 -1,080円 -1,080円 -1,080円
毎月の支払い合計 4,622円 5,162円 7,322円 
注意点は32GBタイプと同じです。

ワイモバイルからは料金プランが未発表なので、もうしばらくお待ちください。

 

iPhone SEの現時点での月額料金一覧表 新規とのりかえの場合

スマホプラン
S M L
2GB/月 6GB/月 14GB/月
割賦金 2,700円 2,700円 2,700円
月額基本料金 3,218円 4,298円 6,458円
月額割引 -1,620円 -2,160円 -2,160円
ワンキュッパ割 -1,080円 -1,080円 -1,080円
毎月の支払い合計 3,218円 3,758円 5,918円
注意点はiPhone6sと同じです。

現時点ではUQより約1,300円あたり高いのですが、こちらのワイモバイルでもUQと同じような料金に値下げされるはずです。

おまけに「iPhone 6s」と700円ほどしか変わらないので、きっと下がるでしょう。

 

新しい料金は未発表なのでしばらくお待ちください。

 

UQとY!mobileの料金を比較してみた!

iPhone 6s 32GB  プランM 6GB
UQmobile Y!mobile
割賦金 1,404円 3,240円
月額基本料 3,218円 4,298円
割引 -2,916円
毎月の支払合計 4,622円 4,622円

「iPhone 6s」の32GBタイプ、月6GBのプランMで比較しました。

合計は全く同じです。

 

iPhone 6s 128GB プランL 14GB
UQmobile Y!mobile
割賦金 1,944円 3,780円
月額基本料 5,378円 6,458円
割引 -2,916円
毎月の支払合計 7,322円 7,322円

続いて「iPhone 6s」の128GBタイプ、月14GBのプランLでも比較しました。

やっぱり、合計は全く同じです。

 

UQとY!mobileのメリットとデメリットをまとめると

UQmobile Y!mobile
料金 同じ
通信速度 快適 快適
無料通話時間 ~5分 ~10分
データチャージ 90日有効 購入月末まで
データ容量共有 なし シェアSIMあり
長期割引 なし 26か月目以降から千円割引
家族割・光おトク割 なし あり
留守番電話 有料 無料
Yahoo!プレミアム会員料金 必要 無料

UQがワイモバイルより優れている点は、セットで取り扱っているスマホの種類が多い事と、端末持込補償があることくらいです。

ところが、すでに「iPhone 6s」はどちらにもラインナップされているので、上のメリット2つは消えてしまいます。

 

UQの場合、おしゃべりプランの無料通話が5分までなのに対し、ワイモバイルは10分までと2倍もあるのが強烈なメリットです

5分だと微妙でも10分もあれば、無料時間内に通話を終える機会が増えるはずです。

 

また、留守番電話も無料ですし、いろいろ割引プランがあるのも特徴です。

ただ、データチャージが月末までというのは残念です。

 

結論・・長期割・家族割・留守電無料などの特典があって、料金もちょっと安いワイモバイルの方がおすすめです!

 

ただし、すでにワイモバイルの方が機種変更で「iPhone 6s」にする場合のみ、UQの方がおすすめになります。

その理由はワイモバイルが、機種変更に優しくない料金システムだからです。

 

Y!mobileでiPhone6sを買うならオンラインストアの方が得ってホント?!

今まで3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)なら、店舗で契約していた方がほとんどだと思います。

かくいう私もそうでしたし、わざわざ出向いて、長い時間待たされて、なぜか最初から要らないコンテンツやオプションが入っています。

 

だいたい1~2か月は無料だけど、その後は解約しないと月額料金がかかるというパターンで、その解約がややこしくて面倒くさいです。

Y!mobile

オンラインショップ

最寄りの

Y!mobile実店舗

待ち時間 ただ届くのを待つだけ 1~2時間
料金プラン 自由に選べる 指定されることも
オプション 自由に選べる ほぼ強制加入
コンテンツ なし ほぼ強制加入
質問とか チャットで質問 すぐ聞ける
実機 イメージのみ その場で見れる
SIMが手に入るまで 翌日発送なので2~3日後 その日じゅう

簡単にメリットとデメリットを並べてみました。

当日手に入らないのが難点ですが、その代わり店に行かなくてもいいので五分五分かもしれません。

 

あの小さいSIMカードのためだけに店まで行くのは、やっぱり面倒くさいです。

「Zenfone 4」は宅配で来るわけですから、SIMも宅配にしたいですね。

 

質問はチャットでもできますし、やっぱりY!mobileはオンラインショップの方がおすすめです!

 

オンラインストアの不安はチャットで解消できる!!

Y!mobileオンラインショップの公式HPを開くと、右隅にチャットのバナーが現れます。

そこをクリックすれば、

チャットで相談に乗ってもらうことができます。

ただし、朝10時から夜12時までです。

 

Y!mobileのオンラインストアで必要なものは?

本人を確認するための書類が必要です。

店舗でも免許証とかコピーされるので、基本的に同じです。

 

オンラインショップの場合、免許証などをスマホで撮影して、その画像データをアップロードして終了です。

 

結構簡単にできますので、「Y!mobile」ならオンラインショップで申し込んでみてはいかがでしょうか?

公式 Y!mobileオンラインストアはこちらをクリック!

 

シャッタースピード

 

UQモバイルもUQオンラインショップで申し込んだ方が得な3つの理由!

iPhone6sをUQで買う予定の方は、店舗に行くよりUQオンラインショップの方がいろいろメリットあります!

 

変な手数料やいらないコンテンツなどに申し込まなくていいし、店舗に行くとけっこう時間がかかります。

 

ま~、ショップは下請けみたいなもので、ノルマがあるのは承知していますが、わたしたちみ~んなサイフが厳しいのです・・・。

 

UQオンラインショップの方がお得な理由!
  • わざわざ店まで出向かなくてすむ!
  • 長時間待たされなくてすむ!
  • 勝手に、または知らない間に変なコンテンツやオプションを押し付けられなくてすむ!

 

と理由を3つ挙げましたが、逆にデメリットもあります。

 

ここがデメリット・・
  • 端末が届くまで2~3日かかる
  • 電話でしか質問できない

 

そういうデメリットはありますが、やはり店に行くのは面倒くさいですし、お忙しい方は時間がありません。

質問といっても、UQのHPは以前とは比べ物にならないくらい分かりやすくなっているので、よく読めばほとんど解決できると思います。

 

 

UQでiPhone 6sを買うのなら、UQオンラインショップで申し込んで、お金も時間もがっつり節約しましょう!

公式UQ mobileオンラインショップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です