アップルから発表された2017年の新iPhoneは「iPhone X」・「iPhone 8」・「iPhone 8 Plus」の3つになりました。

まあ革命的な「iPhone X」に注目が行きますが、別に今までのiPhoneだって素晴らしく、その最新で大型の「iPhone 8 Plus」も見逃せません。

 

SIMフリーで使うために、正規のAppleで予約する人もいるでしょう。(現在SIMフリーは売り切れ中)

しかし、一括で全額払わなければならないので、相当な覚悟が必要ですね・・。

 

その点、ドコモユーザーならそのままドコモで買えば、分割払いできるし、MNPとかしなくてもいいので楽ですよね。

とはいえ、ドコモで最新のiPhoneを新規購入や機種変更する場合は、落とし穴が2つあるので、今回はそれをお伝えしたいと思います。

1つ目の落とし穴!予約しただけでは在庫確保されていないという事実・・

まず、予約をする必要があります。

9月15日午後4時1分から予約の受付が各社いっせいに始まるので、ドコモならドコモで予約をするわけですが、ちょっと面倒くさい流れになっています。

 

予約を申し込んだユーザーはドコモにとってお客様ですが、予約が済んだからといって、ボーっとしているユーザーにわざわざ気を配る優しさなどありません!

「iPhone 8」や「iPhone 8 PLus」を予約したからといって、在庫が完全に確保されたわけではないのです・・。

その後に届く「入荷メール」で、機種変更の手続きを確定させなければいけません!

 

メールに気づかず手続きが遅れると、残念ながらキャンセルになってしまうので気を付けましょう!!

このミスで予定より2か月も遅れるという悲惨なことになるので、予約したらまめにメールを確認すれば間違いないでしょう。

 

2つ目の落とし穴!ドコモでの申し込みはオンラインショップじゃないと損をする?!

最寄りにあるドコモの店舗とかで機種変更すると、待ち時間が長すぎますし、頭金に事務手数料とかとられて辛いです・・。

というわけで、オンラインのメリットとデメリットをご紹介します。

ドコモ

オンラインショップ

最寄りの

ドコモ実店舗

待ち時間 ただ届くのを待つだけ 1~4時間
頭金 無料 5,000~10,000円
事務手数料 無料 2,000~3,000円
料金プラン 自由に選べる 指定されることも
オプション 自由に選べる ほぼ強制加入
コンテンツ なし ほぼ強制加入
質問とか スマホで調べる すぐ聞ける
実機 イメージのみ その場で見れる

 

特にコンテンツなど、後で契約書を見たら勝手に加入させられているのに気づき、非常に不満が溜まります!

それはわずかな額だったりしますが、それでも毎月取られるので結構痛いうえに、解約がめんどくさいと思います。

 

なぜ最寄りのドコモショップは高くつくのか?

東京や大阪のような大都会では、ショップのためにスペースを借りるだけで1か月に200万~300万円もするらしく、さらに人件費やら電気代その他もろもろ、そりゃ~コストかかるでしょうね。

さらに、全国で最も展開が広いドコモショップは、北海道なら稚内から沖縄の石垣島まで2400店舗もあるので、膨大なコストがかかるでしょう。

 

それをまかなうために、店員さんにはノルマがありますし、少しでも売り上げアップのために必死です。

さらに事務手数料や頭金をとったり、上手く言いくるめてオプションやコンテンツに加入させたりします。

 

そちらが大変なのはよく理解できます・・・、しかし、われわれユーザーだって必死で生きています!

やっぱり、損はしたくないです・・。

 

ドコモオンラインショップでめっちゃ簡単に購入することができる!!

今でも実店舗で店員と対面して買っている方が多いと思いますが、今やネットで何でも買える時代なので、スマホの新規購入や機種変更だってオンラインショップで完了することができます。

オンラインショップのページで、欲しい機種と色やメモリの量を選んで必要事項を入力すればOKです。

 

おまけに上の図の通り、オンラインショップなら契約事務手数料がかからないので、2~3千円も浮いてきます!

 

そうですよね、実店舗だと待たされたり、話が食い違ったり、挙句の果てにはあまり詳しくない店員まで・・・。

本当にユーザーのことなど考えているはずもなく、あちらの都合オンリーで動いてると思って間違いありません。

 

どう考えてもオンラインじゃないと損をするので、便利なオンラインショップを必ず使ったほうがいいと思います!

 

ドコモオンラインショップでiPhone 8とiPhone 8 Plusを予約する手順

まず始めに用意するものは?

機種変更なら

スマホは「4ケタのネットワーク暗証番号」・PCは「dアカウントのID/PASS」

新規

「dアカウントのID/PASS」

乗りかえ(MNP)

「dアカウントのID/PASS」と「MNP転出番号」

 

はじめにこちらのドコモオンラインショップをクリックして、予約したい機種とカラーを選びます。

ここで、スマホなら「4ケタのネットワーク暗証番号」が必要で、パソコンなら「dアカウントのID/PASS」が必要です。

 

そして予約が終われば、予約申し込み完了のメールが届きます。

 

さらにその後、入荷があれば「予約商品入荷のご連絡」というメールが届くので、すぐに手続きを完了しましょう!!

すぐに手続きをすれば到着日が確定しますが、忘れるとかなり遅れることになるので要注意です。

 

 

 

ドコモで買うならDカードゴールドを持つと補償もついておトク!?

もし、あなたがドコモユーザーか、ドコモで買うつもりであれば「Dカードゴールド」に加入すれと、紛失や故障時の補償はもちろん、その他にも思わぬメリットがあります。

 

実は、dカードゴールドの年会費が1万円もかかるのですが、その1万円を回収できるのは当然、特に補償の面では大きなメリットがあります!

以前は「ゴールドカード」というと、年会費も使用上限額も高かったので、重役さんや芸能人が持つカードというイメージもありました。

しかし、その壁はどんどん低くなって、私たちのような庶民にも手が届くところまでに変わってきています。

 

などなど、メリットを感じた人も多いようですが、いちばん大事なのは補償の面です。

ケータイ購入から3年以内であれば、紛失や修理不能でも10万円までなら、同一機種で同じカラーのものをDカードゴールドで購入して、その金額分がキャッシュバックされるというものです。

 

紛失や修理不能でも補償があるのは大きいですね。

いずれも還元率の最大値で、金額によっては下がります。

そんなに買い物しない方や、ドコモ光に加入していない方には、魅力が薄いのも事実です。

 

もし検討したいと思ったら、他にも買い物やETC、空港ラウンジや保険など多岐にわたっているので、詳しくは公式HPをごらんください。

スポンサードリンク

<関連記事>

iPhone8とiPhone8 Plusのスペック・発売日・価格の予想・うわさまとめ SIMフリーとキャリアのどちらがおすすめ?

2017.07.19

iPhone8plusとiPhone8をauで予約するなら気をつけたい3つの点!! 機種変更だって価格や料金も抑えられる!

2017.09.17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です