次期iPhoneSEってiPhone9?SE2?2018年度に廉価モデルが発売される可能性は?

アップルの9月恒例イベントといえばやはり新型iPhoneの発表と発売ですが、2016年度は「iPhone 7」、2017年度は「iPhone 8」と「iPhone 10(X)」という流れで「iPhone 9」を飛ばしてしまいました。

では2018年度のiPhoneは何が来るのでしょうか?

最近のうわさでは「iPhone 11」・「iPhone 11 Plus」と「iPhone SE」の後継的なモデル「iPhone 9」の3つではないかと言われています。 「iPhone 9」はSEの特徴であるサイズの小ささや、コストパフォーマンスの良さはそのまま引き継ぎながらも、デザインは最新の「iPhone X」と同じノッチスタイルが考えられます。

このノッチスタイルだとデザインの開発費がかからないので、コストを削減したい廉価モデルの「iPhone 9」にはピッタリかと思います。

 

今回はiPhoneの2018年モデルとして、「iPhone 9」もしくは「iPhone SE2」といった廉価版が本当に発売されるのか?情報をまとめました。

スポンサードリンク

2017年度のiPhoneラインナップは中途半端!

2017年度の場合、先に「iPhone 8」シリーズを発売するも後に「iPhone X」の発売が見えていたので、「iPhone 8シリーズ」は大苦戦しました。 ところがいざ「iPhone X」が発売されると、あまりの高額さゆえ敬遠され、結局は「iPhone 8」シリーズの方が売り上げをっ堅調に伸ばしました。

「iPhone 8シリーズ」は「iPhone 6~7シリーズ」の焼き直しかというくらい同じデザインを踏襲したので、安定感はあるものの新鮮味に欠けてマンネリ化してしまったのも事実です。

結果として、2017年度はせっかく「iPhone X」という斬新なモデルをリリースしたのに、今一つパッとしないまま終わってしまいました。 なので、2018年はもう大胆な戦略に打って出るのではないかと思われます。

 

iPhoneSE2よりiPhone9の方がかっこいい!

うわさでは、2018年の秋に新型iPhoneが発売されると、「iPhone X」と「iPhone SE」が生産中止になるかもしれないそうです。 SEは基本設計が古すぎますし、Xはマイナーチェンジして名前も変わるかもしれません。

で、日本では格安SIM、海外では新興国を中心に展開されている廉価モデルの「iPhone SE」は、SE2もしくは「iPhone 9」としてモデルチェンジする必要があると思います。 「iPhone SE」はデザインが4年前で中身も3年前という古さなので、これを買うならandroid機の中級機の方がうんと優れています。

次期iPhone 11orX2の予想

2018年度にiPhoneの廉価モデルを出す場合、つい最近までは「iPhone SE2」というネーミングになるだろうと思われてました。 しかし、このSE(スーパー版の意)の意味ももはやおかしくなっている上に、「SE2」という見た目もよくないので、キープしておいた9の数字をはめるというのはなかなか良策ですし、見た目もかっこいいと思います。

 

iPhone9(SE2)のコンセプトや価格は?

予想される「iPhone 9」のコンセプトは、SEの後継的な役割はもちろん、Xのデザインを無駄にしないという役割も担うことになるでしょう。 価格を安く抑えるため、デザインはXのようでも表示方式は有機ELではなく普通のIPS液晶になるものの、斬新だった顔認証(FACE ID)がこの廉価モデルにも採用すると予想されています。

気になる価格ですが、SEなら海外で400ドル(日本円で約4万5千円)くらいなので、「iPhone 9」なら500ドル(日本円で約5万6千円)ぐらいになると予想されています。

この通りに発売されたとすると、「iPhone 8」との住み分けが難しくなりそうなので、「iPhone 9」が本当にあるのかどうか早く知りたいところです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です