iPhoneXとXperia XZ1 買うならどっちがいいか比較してみた?!

11月3日から発売が始まる「iPhone X」と、ソニーが2017年度にリリースする最新の機種「Xperia XZ1」

いったいどちらを買ったらいいのか?・・迷ってしまうかもしれません。

 

どちらもまさにスマホ界の最新フラッグシップ機対決といっても差し支えありません。

 

そこで今回は、「iPhone X」と「Xperia XZ1」のどちらがより欲しくなるのか、項目別に比較してみました!

Contents

スポンサードリンク

iPhoneX vs XZ1 : カメラの違い

iPhone X Xperia XZ1
メインカメラ

広角

1200万画素

f 1.8

1900万画素

f 2.0

メインカメラ

望遠

1200万画素

f 2.4

インカメラ 700万画素

f 2.2

1300万画素

f 2.0

手ぶれ補正 光学式
レンズの

歪み

気にならない 建物などは

気になる

動画

撮影機能

4K

スローモーション

4K

スーパースローモーション

その他の特長 ポートレートライティング

スローシンクロ

アニ文字(インのみ)

Clips(インのみ)

先読み撮影

3Dクリエイター

多彩なエフェクトモード

ハンドシャッター(インのみ)

画素数などは「XZ1」の方が圧倒的に優れていますが、「iPhone X」はメインのカメラが広角と望遠のデュアルになっています。

また、手ぶれ補正は両者ともメイン側もフロント側も完全に装備されていますが、4K動画撮影は両者ともメイン側のみ有効です。

 

その他には両者で特長が違うので、主な特長を取り上げていきたいと思います。

 

デュアルカメラ iPhoneにはあってXperiaは未だにない

「iPhone 7 Plus」~「iPhone 8 Plus」に続いて、「iPhone X」にもデュアルカメラが採用されています。

一方、「XZ1」をはじめ全てのXperiaで未だに、デュアル式は未採用のままです。

広角から望遠まで光学ズームに加え、デジタルズームも使えば最大10倍まで拡大できます。

動画撮影は最大6倍までの拡大となっています。

 

XZ1にもズームはあってもシングルレンズなので、iPhoneのデュアルレンズにはかないません!

 

メインカメラの画質 互角でどちらもいい画質!

「Xperia XZ1」による撮影例は、豊富な画素数を活かして建物のディテールや、シャドウからハイライトまでスムーズに表現できています。

「XZ1」は、メインカメラの画素数が1920万画素、さらにフロント(イン)カメラの画素数も1300万画素あります。

一方、「iPhone X」の撮影例ですが、1200万画素と画素数は劣るものの、仕上がりを見るとそれほどの差は感じられません。

iPhoneはメインカメラの画質に限って言えば、画素数以上の描写力があります!

iPhoneの色の鮮やかさやその表現力は、画素数以上と思える仕上がりを見せてくれます。

実のところ「iPhone X」のカメラは、メインで1200万画素~フロントで700万画素と、未だに「iPhone 7 Plus」と同じ画素数しかありません。

 

ところが今日に至るまで、iPhoneよりandroid機の方が画素数が多いにも関わらず、決して見劣ることがないどころか、条件次第では上を行きます。

それらの理由は企業秘密でしょうが、それほど現状のカメラに自信があるのでしょう。

 

フロント(イン)カメラの画質 背景をきれいに撮るならXZ1!

「XZ1」のフロントカメラによるセルフィーで、背景の描写力はさすがは1300万画素の高画質!

「iPhone X」によるポートレート写真で、左はメインカメラ、右はフロントカメラによる撮影例です。

「iPhone X」撮影例右のセルフィーは、700万画素しかないためか、画質も粗めでハイライトも滑らかとはいえず、「XZ1」には遠く及びません!

スポンサードリンク

レンズの歪み 歪みの少ないiPhoneのレンズ!

「IPhone X」のカメラに装備されたレンズは、かなり歪みの少ない撮影を行うことができます!

広角になると絶対に歪みは現れます。

 

とはいえ、iPhoneのレンズはそれを極力弱め、幾何学的な建物でもかなり自然に写すことに成功しています。

一方、「XZ1」は建物とか幾何学的な被写体を苦手にしていて、上のような状況ではかなり歪んでしまいます!

ところが、上の例のように少し距離をとって、建物などをあおって写さないようにすれば、さほど気にならなくなります。

上の例でも歪みはありますが、これぐらいは他のスマホでも多少なりとも歪むものです。

 

ポートレートライティング iPhone独自の技術!

顔認証に用いられるマッピング機能を生かして、様々なライティングのコントロールを可能にしています。

最もノーマルな自然光~顔を中心に照らすスタジオ照明~強弱のある輪郭強調照明~背景が黒いステージ照明ステージ照明のモノクロから選べます。

 

なぜかXperiaには、照明にこだわった機能はありません。

 

スローシンクロ iPhone 8 Plusからの新機能!

「iPhone X」には、夜景や暗い背景をバックにした人物撮影でも、自然に写せるスローシンクロが装備されました!

暗い背景を低速のシャッター速度で的確な露出にしながらも、手前の被写体を短い発光時間で明るく写すことができます。

 

「iPhone 8 Plus」にも採用されましたが、一眼レフやコンデジならほとんど装備されている機能です。

ところが、Xperiaを始め他のスマホではなかなかありません

スポンサードリンク

先読みフォーカス機能 Xperia独自の機能!

右下がXZsによる撮影画像

Xperiaは以前から、先読みフォーカス機能を備えています!

一眼レフなどによく投入されている「動体予測フォーカス」と似ています。

以前、ソニーは動く被写体を苦手としていましたが、それを克服したどころか、近年はむしろ得意としています。

一眼レフやコンデジも製造しているので、この点は他のスマホの追随を許しません。

 

iPhoneも焦点に関する深い技術は、Xperiaにあと一歩という感じです。

 

ハンドシャッター Xperiaなら装備されているセルフィーに便利な機能!

Xperiaらしい細かい機能として、フロントカメラには手のひらを向ければシャッターを切ってくれるハンドシャッター!

フロントカメラでセルフィー撮影する場合、いちいちシャッターボタンを押す手間を省いた便利な機能です。

 

こういう細かい気配りと便利さの追及が、日本の文化といえます。

iPhoneはシンプルがウリなので、ここまで細かい気配りはありません。

 

スーパースローモーション Xperia XZシリーズ限定機能!

「Xperia XZ1」には、動画撮影が楽しくなるスーパースローモーション撮影機能がついています!

1秒の間に960カットの撮影を行うことで、スローモーション撮影を実現しています。

なぜこんな凄い機能がスマホに必要なのか分かりませんが、いつでもどこでも手軽に楽しめるのは素晴らしいと思います。

「iPhone X」の動画撮影にもスローモーションはありますが、ゆっくり再生できるという程度ののスローモーションです。

スポンサードリンク

その他の特殊機能① iPhone Xのアニ文字

「iPhone X」のTrueDepthカメラを使った「アニ文字」が革新的!

TrueDepthカメラとは、画面上部の切欠き部分配置された多くのセンサーのことで、主たる目的はに顔認証のためのものです。

 

そして、その特殊な読み取り機能はこの「アニ文字」にも生かされています。
笑った顔を取り込めばそれに反映した笑顔のアニ文字が、

それと違う表情を取り込んだらそれに反映したアニ文字が作れます。

約50種類にも及ぶ筋肉の動きを解析することで、その表情を12種類のアニ文字に同期させられる新しい機能です。

また、作成したアニ文字はSNSで共有すれば、個性的な表現力が増えて、より楽しくなるでしょう。

いっぽう、「Xperia XZ1」には、「3Dクリエイター」という似た機能がありますが、そちらは顔がはっきり分かるのでおもむきが違います。

さらに「iPhone X」にはフロントカメラで、自分をユニークな動画にできる「Clips」という機能もあります!

セルフィー動画では、360度全てアニメーションや抽象画になった風景に、自分を登場させた動画を作ることができます。

 

他にも、動画に文字やエフェクト(効果)を加えたりして、その動画を共有して楽しむことが可能です。

 

その他の特殊機能② XZ1の3Dクリエイター

「iPhone X」にアニ文字があるのなら、「XZ1」には「3Dクリエイター」という凄い機能があります!

3Dアバターを作れたり、それをAR(拡張現実)にしたり、3Dプリンターのカメラもこなします。

読み取ったデータで、顔のフォルムを3Dグラフィック化していきます。

あとはアバターのコスチュームを選べば3Dアバターの完成です。

さらに「ポケモンGO」のような仮想現実(AR)に取り込めば、ARの中で、モデル本人と3Dアバターの共演も。

3D stickerという機能もあって、作ったアバターをコラージュ(加工や合成)して、SNSで共有することもできます。

さらに、モデルの外周を一周しながら撮影すると、360度スキャンされた完全な3Dグラフィックデータが完成します。

また、この機能を3Dプリンターのスキャナーとして使うこともできます。

スポンサードリンク

アニ文字と3Dクリエイターは顔出しOKかNGかで決める!

「IPhoneXのアニ文字」と「XZ1の3Dクリエイター」は、どちらもSNSで自己表現するのに役立つ機能です。

で、両者の違いを簡単にいうと、自分の顔を出すのか出さないかの違いでしょう!

 

  • 顔出しがいやだなーと思ったら・・アニ文字のiPhone X
  • 顔出しの方が面白いと思ったら・・3DクリエイターのXZ1

 

この特殊機能を使わない人やどっちでもいい人は、スルーして他の機能を比べましょう!

 

カメラの違い 結果としてどっちを選ぶべき?

iPhoneXを選ぶべき!!
  • デュアルカメラで広角から望遠まで幅広く撮影したい!
  • なるべく歪みの少ないレンズで撮影したい!
  • 夜景などをバックにしたスーローシンクロを使いたい!
  • ポートレートライティングに興味がある!
  • 3Dクリエイターよりアニ文字を使ってみたい!
  • セルフィーは自分さえ写ればOK・・

 

XZ1を選ぶべき!!
  • なんといってもスーパースロー撮影に興味がある!
  • 動く被写体を撮影することが多いので先読み撮影は外せない!
  • セルフィーで背景も美しく撮影したい!
  • アニ文字なんかより断然3Dクリエイターを使ってみたい!
  • 広角レンズによる歪みやデュアルカメラでないことは多少仕方がないと割り切れる・・

 

以上のように分けてみました。

SNSにも役立ちそうな「アニ文字」と「3Dクリエイター」の違いが、カメラの好みを分ける大きなポイントになりそうです。

スポンサードリンク

iPhoneX vs XZ1 : デザインの違い

iPhone X Xperia XZ1
大きさ 143.6 x 70.9 mm 148 x 73.4 mm
厚さ 7.9 mm 7.4mm
重さ 174g 155g
角の形状 丸型 角型
ベゼル ほとんどなし 上下合計で1/5も
材質 ガラス

ステンレススチール

ガラス

アルミ

防水防塵 IP67 IP68

重量は「XZ1」の方が20g近く軽いです!

ただ、Xperiaのデザインは一貫してベゼルが多く、見た目の斬新さが全くないのが残念です。

 

ベゼルとは?
スマホ表面でディスプレイ以外の部分、特に上下にある縁(ふち)部分のことです。

最近の傾向としては、サムスンのGalaxy S8のようなベゼルレスが流行りになりつつあります。

 

手に優しいデザイン iPhoneはずっと手に優しい!

iPhoneは初代から一貫して、手に持ちやすい丸みの帯びたデザインを保ち続けています!

一方、「Xperia XZ1」は手のひらに角が当たるたびに痛さを感じる残念な形状です。

Xperiaはずっと四角い角ばったスタイルを続けていますが、このとがった角は絶対に不快です。

 

デザインの斬新さ iPhoneはいつも時代の最先端!

記念すべき10周年モデルの「iPhone X」は、上部のTrueDepthカメラ部以外の表面全てが、ディスプレイという斬新なスタイルに進化しました!

さらに、これまでiPhoneの下部についていたホームボタンがすっきり廃止されたのも革新的です。

一方、「Xperia XZ1」はベゼル部分が広く時代遅れのデザインとしか思えません。

ずっと「Xperia」は変わり映えのないデザインですが、強度はベゼルレスより有利です。

スポンサードリンク

カメラの出っ張り 見事に平面なXperia!

「Xperia」はデュアルカメラを採用していない代わり、背面にカメラの出っ張りなどなくまっ平いらになっています!

一方、「iPhone X」はデュアルカメラにしたためか、わずかな出っ張りが気になる人もいるでしょう。

ワイヤレス充電を使用する方はそれ専用のケース、そうでない方も市販のケースを使えば気にならなくなります。

 

防水対策 Xperiaは水中でも短時間なら使える!

「XZ1」の防水防塵規格はIP68という最高性能で、水中でも耐えられるという強烈な耐久度です!

短時間ならプールやお風呂でも使えたという報告がある一方、長時間の水中および海水ではさすがに浸水の報告もあります。

「iPhone X」も防水加工されていますが、IP67と水濡れなら大丈夫というレベルになります。

雨や台所などといった水濡れなら、問題なく使えますが、水中で使うのはやめておきましょう。

 

デザインの違い 結果としてどっちを選ぶべき?

iPhoneXを選ぶべき!!
  • 手に優しく持ちやすい!
  • ベゼルレスの斬新でかっこいい見た目!
  • カメラの出っ張りは我慢できる・・

 

XZ1を選ぶべき!!
  • 短時間なら水中も耐えられるほどの優秀な防水機能!
  • ボディーの四角い角は何とか我慢できる・・

 

圧倒的に斬新なデザインの「iPhone X」と、時代遅れながらも水に強い「XZ1」のどちらがお好みですか?

スポンサードリンク

iPhoneX vs XZ1 : ディスプレイの違い

iPhone X Xperia XZ1
大きさ 5.8インチ 5.2インチ
種類 OLED

Super Retina

IPS

トリルミナス

解像度 2436×1125 1920×1080
画質 HD
HDR 採用

「iPhone X」は「XZ1」よりボディーが小さいのに、ディスプレイは逆に大きいという結果に。

それと、解像度は「iPhone X」の方がほんの少しだけ上回ります。

 

ディスプレイの質 iPhoneXの有機ELとRetinaが美しすぎる!

「iPhone X」はアップルで初めて有機EL(OLED)パネルを採用しました!

コストが悪いうえ、韓国のライバル企業でしか作っていないため、今まで採用されることはなかったのですごい進歩です!

有機ELといえば

  • 従来のIPS液晶より色の表現域が広い
  • 応答速度が速い
  • 1つ1つの画素自体が発光するので、バックライトが不要のため、消費電力を節約できます

 

なお、PCのMacProでも採用されているRetina技術も続投です。

Retinaとは網膜の意で、画素が従来より非常に細かくさせた技術のことです。

いっぽう、「XZ1」はHDRは取り入れるも液晶は普通のIPSのままです。

もちろん、「iPhone X」にもHDRは採用されていて、以前からあるソニー独自のトリルミナス技術で性能が少し向上するくらいです。

 

HDRとは

ハイダイナミックレンジの略で、簡単に言うと記録できる光の情報量や、輝度の範囲が大幅に増えたということです。

もっと簡単にいうと、今までは明るすぎた部分が白く飛んだり、暗すぎた部分が黒くつぶれたりしていたものが、ちゃんと描写できるようになるのです。

 

ディスプレイの違い 結果としてどっちを選ぶべき?

iPhoneXを選ぶべき!!
  • 有機EL(OLED)が欲しい!

 

XZ1を選ぶべき!!
  • ディスプレイは普通より少し上で我慢できる・・

 

ディスプレイは「XZ1」の完敗となりますので、これにこだわるなら「iPhone X」に決まりです!

スポンサードリンク

iPhoneX vs XZ1 : セキュリティーの違い

iPhone X Xperia XZ1
顔認証 採用
指紋認証 採用
電源ボタン 横のみ

パスワードなどの認証方式は除いて、生体認証に絞って比較していきたいと思います。

 

生体認証 iPhoneXから指紋認証もホームボタンも消えた!

今までiPhoneには必ずあった表面下部のホームボタンが、指紋認証方式とともに廃止されました。

代わりに、「iPhone X」では顔認証(Face ID)という新しい認証方式を登場させました!

その仕組みは、TrueDepthカメラという内蔵のセンサーを用いて、ユーザーの顔に3万以上のドットを投射し、インプットしたデータでユーザーの顔の緻密な深度マップ(FACE ID)を登録することで、ユーザーの顔を一瞬で認識します。

メガネをかける・帽子をかぶる・少しけがをする・少しやせたり太ったり~という細かい変更も読み取れますし、目を開かないと逆にロック解除ができないので、眠っている間に盗用される心配もありません

また、かなり暗い場所でも顔認識が可能のようです。

で、「Xperia」のほうは、Z5以来、一貫してサイドの電源ボタンに指紋認証センサーを配置しています!

スマホの指紋認証センサーといえば、そのほとんどが表面下部か背面に配置されているだけに、サイドのボタンというかなり小さい面積で認証できる技術は素晴らしいと思います。

 

ただ、机などに置いたまま認証させるのは、背面式ほどではないもののちょっと不便です。

 

セキュリティーの違い 結果としてどっちを選ぶべき?

iPhoneXを選ぶべき!!
  • 目新しいものが好き、または目立ちたい!
  • 机に置いたままでロック解除できる!
  • 手がふさがっていてもロック解除できる!

 

XZ1を選ぶべき!!
  • 目新しさより使い慣れた方法を変えたくない!

 

机に置いて利用する以外では、正直、どちらでも問題はありません。

それでも「iPhone X」は、顔認証のおかげで表面がほとんどディスプレイになったことと、手がふさがっていてもロック解除できることがポイントです!

スポンサードリンク

iPhoneX vs XZ1 : ユーザビリティーの違い

iPhone X Xperia XZ1
充電方式 ケーブル・ワイヤレス ケーブル
充電ポート Lightning USB Type-C
オーディオ 普通 ハイレゾ
テレビ ワンセグ/フルセグ
Pay機能 NFC FeliCa

ユーザビリティー(使い勝手)については、日本の場合なら特にXperiaが優位です!

 

ワンセグ放送は日本でしか放送されていませんし、おサイフケータイも日本独自の技術です。

また、ハイレゾも日本以外ではさほど普及していないので、この辺はiPhoneの泣き所でしょう。

 

ワイヤレス充電 iPhone 8から採用開始!

「iPhone X」採用のワイヤレス充電は、ケーブルを挿す必要がないので、わずらわしさや端子を傷めることもありません!

そのために、わざわざ「iPhone 8」から背面の素材をガラスに切り替えました。

 

ただ、「iPhone」の対応充電器が別売りであることと、位置ずれによる充電不良という問題点があります。

また、充電やデータ移行で使う充電ポートがLightningなので、iPhone以外のスマホと接続できない不便さもあります。

 

いっぽうで、Xperiaはワイヤレス充電未対応ですが、よほどワイヤレスにこだわる方以外問題ないと思います。

 

オーディオ ハイレゾなら絶対Xperia!

「Xperia」ならハイレゾはもちろん、ハイレゾでない音源をハイレゾのように再生できる「DSEE HX」もバッチリ楽しめます!

さらに、「デジタルノイズキャンセリング」・「S-FORCE フロントサラウンド」・「バイノーラル録音」なども搭載されています。

また、テレビ視聴はワンセグもフルセグも楽しめます。

いっぽうで、「iPhone」はずっと普通のステレオ音質のままで、テレビとかもありえません。

まあiPhoneはアメリカ中心ですし、ワンセグ放送を行っているのは日本だけなので、ほぼ永遠に装備されないでしょう。

 

ということで、オーディオやテレビ重視なら「XZ1」一択です!

スポンサードリンク

おサイフケータイ もちろんXperiaが超便利!

おサイフケータイのセンサーであるFeliCaを開発したのはソニーなので、Xperiaで使えるのは当然です!

楽天EdyやWAON・nanacoといった電子マネーもほとんど使えます。

いっぽうで、「iPhone X」では顔認証(Face ID)を用いてApple Payの利用ができます。

そこはいいのですが、Felicaに対応していないのでおサイフケータイにはなりません。

 

Apple Payで使えるのは、クレジットカードとSuicaぐらいで、電子マネーの楽天edy・WAON・nanacoや、ICOCA・PASMOなどは使えません。

 

最後に気になる?! iPhoneXのホームボタン廃止で使い勝手が変更

ほとんどがディスプレイになった反面、ホームボタンがないので、長年iPhoneに慣れ親しんだユーザーは困惑するかもしれません。

しかし、本来ホームボタンがあった位置から上へスワイプするだけでホーム画面に戻るため、すぐに慣れて使いこなせるでしょう。

 

画面を上にスワイプしたまま止めておけば、すべてのアプリケーションが見れるマルチタスキングや、画面上部を下にスワイプすれば、コントロールセンターもすぐ開くので、進化してもシンプルな操作で使えるのがiPhoneの強みです!

 

 

ユーザビリティーの違い 結果としてどっちを選ぶべき?

iPhoneXを選ぶべき!!
  • シンプルな操作とワイヤレス充電以外、Xperiaに勝てるものはないが我慢できる・・

 

XZ1選ぶべき!!
  • ハイレゾどころかDSEE HXまで楽しめる!
  • おサイフケータイは絶対必要!

 

ハイレゾ・テレビ・おサイフケータイが必要なら「XZ1」を選びましょう!

スポンサードリンク

iPhoneX vs XZ1 : 価格の違い

iPhone X Xperia XZ1
本体価格 112,800円
ドコモで一括購入 ?
並行輸入版 72,800円

ストレージは最小での価格ですが、「XZ1」は「iPhone X」の2/3の価格という安さです。

iPhone Xは魅力的とはいえ、あまりにも高過ぎる気がします。

 

iPhoneX vs XZ1 : 違いのまとめ

iPhone X Xperia XZ1
デュアルカメラ
ポートレート

ライティング

 

スローシンクロ
アニ文字
歪みがない
スーパースロー
先読み撮影
高画質セルフィー
3Dクリエイター
持ちやすさ
デザイン
本体の軽さ
短時間水中
有機EL

ディスプレイ

顔認証
指紋認証
ワイヤレス充電
ハイレゾ
テレビ
おサイフ

ケータイ

最低価格 112,800円 72,800円

単純に〇の数を数えたら両方とも10個でした。

とはいえ本当に個性が違い過ぎます。

 

「ユーザーの重視したいポイントをいかに押さえているのか?」で選べばよいのだと思います。

 

ただ、個人的な意見を言いますと、iPhone Xはあまりにも冒険しているので初期不良も気になりますし、斬新で魅力的とはいえ、今買うなら高性能なのに価格も落ち着いたXZシリーズもありと思います。

 

iPhone Xは買えないけどiPhone 8が気になったら!

X 8 Plus 8
デュアル

カメラ

最大ズーム

倍率

10倍 5倍
ポートレート

モード

ポートレート

ライティング

セキュリティー
ディスプレイ 5.8インチ 5.5インチ 4.7インチ
重さ 174g 202g 148g
表示 有機EL IPS
解像度 2436

x1125

1920

x1080

1334

x750

アニ文字
価格 112,800 89,800 78,800

以上が「iPhone X」・「iPhone 8 Plus」・「iPhone 8」の違いです。

iPhone Xは高すぎるけど、やっぱりiPhoneがいいなと思ったら「iPhone 8 Plus」・「iPhone 8」を検討するのもありですね!

 

XZ1以外のXZシリーズも気になる!

XZ1 XZ

Premium

XZs
CPU  

スナドラ

835

 

スナドラ

820

 

4K

ディスプレイ

画面 5.2インチ 5.46インチ 5.2インチ
重さ 155g 195g 161g
バッテリー 2700mAh 3230mAh 2900mAh
3D

クリエイター

価格 72,800 73,520 51,000

OSは「XZ1」だけが新しいandroid8.0ですが、他2つもアップデート可能なので違いはなしとします。

CPUは「XZs」だけ、ほんの少し劣ります。

 

スーパースローモーションなどのカメラ性能やその他の性能は、ほぼ同じと考えて問題ありません。

簡単にいうと、3Dクリエイターが必要なら「XZ1」、4Kなら「XZ Premium」、一番安いのは「XZs」という感じになります。

 

また、新しい情報があれば更新してお伝えしていきたいと思います!

スポンサードリンク

<関連記事>

XperiaXZ1のスペック・発売日・価格・レビューまとめ ドコモ・au・ソフトバンクとSIMフリーのどちらがおすすめ??

2017.09.17

iPhone8とiPhone8 Plusのスペック・発売日・価格の予想・うわさまとめ SIMフリーとキャリアのどちらがおすすめ?

2017.07.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です