iPhone7と7 Plusがmineoで発売~ ドコモ・au・ソフトバンクと料金を比較してみたけど意外だった件!

2月15日からいよいよ格安SIM(MVNO)のmineo(マイネオ)で、「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」を発売します。サブブランドのワイモバイルとUQモバイルでは昨年秋にやっと「iPhone 6s」が解禁になったばかりと言うのに、mineoがいきなりどうしたっていうんでしょうか?

mineoでソフトバンク・au・ドコモより安く「iPhone 7」や「iPhone 7 Plus」を買えるなら、mineoで買った方がいいですよね?

でも、本当にmineoで買った方が安いのでしょうか?mineoは関西の通信大手であるケイオプティコムの傘下なので、通信速度やサービスはそんなに問題はないでしょう。

 

今回は「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」が、mineoとソフトバンク・au・ドコモの料金を比較して、どちらが安くておすすめかをお伝えしたいと思います!

 

mineoとソフトバンク・au・ドコモのiPhone7/7 Plus 本体価格の比較

まず「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」が、mineoやソフトバンク・au・ドコモ・アップルストアで、いま、本体だけでどれくらいするのかを比べてみたいと思います。

 

iPhone7の本体価格の比較

税込価格表 iPhone 7
32GB 128GB 256GB
mineo  ー 84,240円 94,608円
ソフトバンク 20,520円 32,040円
ドコモ 10,368円 22,032円 33,696円
アップル 66,744円 78,624円
  • ソフトバンク・ドコモは機種変更の場合
  • auはiPhone 7がない

本体価格だけならドコモが健闘しています。ただ、256GBモデルはauの方が安くなっています。正直、iPhoneといえばソフトバンクという概念を持っている方もいらっしゃると思いますが、今では他社の努力によってソフトバンクが一番高いようですね。

そしてもう1つ気になるのが、定価ともいえるアップルストアでの価格よりmineoの方が高いという事実があります。

 

iPhone7 Plusの本体価格の比較

税込価格表 iPhone 7 Plus
32GB 128GB 256GB
mineo 96,552円 107,568円
au 29,880円 41,640円 42,840円
ドコモ 23,976円 35,640円 47,304円
アップル 80,748円 92,664円
  • au・ドコモは機種変更の場合
  • ソフトバンクはiPhone 7 Plusがない

「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」は傾向が全く同じで、32GBと128GBモデルならドコモ、256GBモデルならauが安くなっています。また、アップルストアよりmineoの方が高いのも同じです。

 

mineoとソフトバンク・au・ドコモのiPhone7/7 Plus 月額料金の比較

先に本体価格だけで比較しましたが、mineoに比べてソフトバンク・au・ドコモの方が、基本料金やデータ量などが高いはずです。なので、次はそこのところも合算して比較してみました。

 

iPhone7の月額料金比較

128GBモデル iPhone 7
5GB 6GB 20GB
mineo 6,550円 8,950円
ソフトバンク 8,492円 9,572円
ドコモ 8,478円 9,558円
  • mineoは10分以内かけ放題
  • ソフトバンク・ドコモは5分以内かけ放題
  • auはiPhone 7がない
「iPhone 7」のモデルは128GBに統一して比較しました。すると、データ量が20GB以下ならmineoが一番安いということになります。

 

iPhone7 Plusの月額料金比較

128GBモデル iPhone 7 Plus
5GB 6GB 20GB
mineo 7,025円 9,425円
au 7,772円 8,852円
ドコモ 9,045円 10,125円
  • mineoは10分以内かけ放題
  • au・ドコモは5分以内かけ放題
  • ソフトバンクはiPhone 7 Plusがない
「iPhone 7」と同じく「iPhone 7 Plus」もモデルは128GBに統一して比較しました。結果は同じで、データ量が6GB以下ならmineoが安いのですが意外なことに20GB以上ならauが一番安かったです。

 

結局iPhone7はどこがおすすめか?メリットとデメリットのまとめ

使用量を抑えれば、mineoの方がちょっと安くてお得な感じもしますが、通信速度とかサービスとかどうなんでしょう?最後にそれぞれのメリットやデメリットをまとめてみました。

 

mineoのiPhone7/7 Plus メリットとデメリット

 mineo
通信速度 ★★★★  (2018年2月時点)
かけ放題 無制限
かけ放題 10分以内 月840円でオプションあり
家族割引 1回線追加で50円引き
端末補償 月370円
解約金 0円
カラー レッドがある以外弱い

mineoのAプラン(au回線)ならワイモバイルやUQの次くらいに速く、mineoのDプラン(ドコモ回線)でもAプランの次くらいに速いという結果が出ています。また、さすがはケイオプティコムということで、補償サービスとかも格安SIMの中では充実しています。

解約金は割賦金を除けば基本無料ですが、家族割引のようなサービスは、元の料金が安いのでほぼありません。

カラーバリエーションについてはもう少し詳しく説明します。

iPhone 7 iPhone 7 Plus
レッド 〇128GB 〇128GB
ブラック 〇256GB
シルバー 〇256GB
ローズ
ゴールド
〇256GB

mineoにはジェットブラックとゴールドが、元からラインナップされていません。

しかし、バリエーションが少ない分、他では手に入れることが出来ないレッドがあるのが強みです。(逆に128GBはレッドしかない)

 

mineoのメリット
  • iPhoneのレッドがある!
  • 月のデータ量が6GB以下なら一番安い!
  • 格安SIMの中では通信速度や他のサービスも安定

 

mineoのデメリット
  • カラーバリエーションが少ない
  • 無制限のかけ放題オプションがない
  • 月のデータ量が6GB以上ならauの方が安い
  • 32GBモデルがない

 

月のデータ量が6GB以下で比較してみると、

mineo au
かけ放題 10分以内 5分以内
データ量 6GB 5GB
iPhone
7
6,550円
iPhone
7 Plus
7,025円 7,772円

「iPhone 7」でよければ、mineoで月6,550円で済みます。また、サイズの大きい「iPhone 7 Plus」でもauより月700円弱安い上に、通話時間とデータ量も少しお得です。

 

結局のところ多少制約はありますが、節約重視なら絶対にmineoがおすすめです!

mineoの公式サイトで詳細を確認する>>

アップルストアで買ってmineoで使えばもっと安いのでは?

たしかに「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」を安く買うなら、アップルストアで買ってmineoで使うのが一番安そうですね。しかし、アップルストアで買う場合にも多少不都合や制約があるので、そのあたりを次は見ていきましょう。

アップルストアのデメリット
  • 分割払いがきつい!
  • アップルストア~mineoと二度手間で面倒くさい
  • レッドがない
  • iPhone 7/7 Plusの256GBモデルがない

 

節約のために二度手間なのはしょうがないとして、最大の問題は分割払いが払いにくいことでしょう。アップルストアの分割払いは、オリコに委託されています。

そのローンは12回払いまでなら利子がかかりませんが、それ以上に分割すると利子がかかります。また、オリコの12回払いだとminoの24回払いより、月の支払いが2倍になるのも辛いかもしれません。

アップルストアとmineoの価格差が4千円ほどなので、そのあたりの損得は自分で決めるしかありませんね。

mineoの公式サイトで詳細を確認する>>

ソフトバンクのiPhone7/7 Plus メリットとデメリット

 ソフトバンク
通信速度 ★★★★★ (2018年2月時点)
かけ放題 無制限 あり 1,000円プラス
かけ放題 5分以内 あり スマ放題ライト
家族割引 あり みんな家族割
端末補償 月500円
解約金 2年以内なら3,000~10,000円
カラー レッド以外すべてあり

言わずと知れたiPhoneの先駆者ソフトバンク。サービスはご存知のとおり充実しています。

ただ、解約金は2年契約なので、その期限内に解約すると高い解約金がかかります。

カラーバリエーションについてはもう少し詳しく説明します。

iPhone 7
32or128GB 256GB
レッド
ジェットブラック
ブラックー
シルバー
ゴールド
ローズゴールド

*iPhone 7の256GBモデルは全て在庫切れですが、32GBと128GBはレッド以外ありです。

レッドがないのがmineoより劣りますが、それ以外は完璧にそろっています。

 

ソフトバンクのメリット
  • カラーバリエーションはレッド以外完璧!
  • 通信速度が速い!
  • 無制限のかけ放題オプションがある
  • 他のサービスはまあまあ

 

ソフトバンクのデメリット
  • とにかく高い(特に機種変更)
  • レッドがない
  • 他のサービス(故障対応など)が微妙
  • iPhone 7 Plusがない
  • iPhone 7の256GBモデルがない

 

ソフトバンクの場合、節約と言うものにはあまり縁がないなと思います。

 

auのiPhone7/7 Plus メリットとデメリット

 au
通信速度 ★★★★★ (2018年2月時点)
かけ放題 無制限 あり 1,000円プラス
かけ放題 5分以内 あり スーパーカケホ
家族割引 あり 家族割
端末補償 月380円
解約金 2年以内なら3,000~10,000円
カラー すべてあり

言わずと知れたiPhoneの先駆者ソフトバンク。サービスはご存知のとおり充実しています。

ただ、解約金は2年契約なので、その期限内に解約すると高い解約金がかかります。

カラーバリエーションについてはもう少し詳しく説明します。

 iPhone 7 Plus
32GB 128GB 256GB
レッド
ジェットブラック
ブラックー
シルバー
ゴールド
ローズゴールド

iPhone 7は現在のところ在庫がありません。

 

auのメリット
  • 月のデータ量が6GB以上使うなら一番安い!
  • 128GBモデルでレッドも選べる
  • 通信速度が速い!
  • 無制限のかけ放題オプションがある
  • 32GBモデルがある(シルバーとローズゴールドのみ)

 

auのデメリット
  • 月のデータ量が6GB以下ならmineoの方が安い
  • iPhone 7がない

 

データ量をたくさん使う、または10分以上の長電話をしてしまう方には、auで「iPhone 7 Plus」を買うのが安くておすすめです!

auの公式サイトで詳細を確認する>>

ドコモのiPhone7/7 Plus メリットとデメリット

 ドコモ
通信速度 ★★★★★ (2018年2月時点)
かけ放題 無制限 あり 1,000円プラス
かけ放題 5分以内 あり カケホーダイライト
家族割引 あり ファミリー割引
端末補償 月500円
解約金 2年以内なら3,000~10,000円
カラー レッド以外すべてあり

最後はiPhoneでは後発のドコモです。サービスはご存知のとおり充実しています。

ただ、解約金は2年契約なので、その期限内に解約すると高い解約金がかかります。

カラーバリエーションについてはもう少し詳しく説明します。

iPhone 7 iPhone 7 Plus
32GB 128GB
レッド
ジェットブラック
ブラックー
シルバー
ゴールド
ローズゴールド

iPhone 7は32GBモデルのみ、iPhone 7 Plusは128GBモデルしかありません。

ドコモではすでにレッドがないので、そのへんはmineoより劣ります。

 

ドコモのメリット
  • 通信速度が速い!
  • 無制限のかけ放題オプションがある
  • サービスエリアは一番広い
  • ファミリー割引が充実している

 

ドコモのデメリット
  • ちょっと料金が高い
  • レッドがない

 

ドコモでiPhone買うなら「iPhone 8」より上のクラスがお得なようです。

「iPhone7」に関しては絶対にmineoで、「iPhone 7 Plus」でも月のデータ量が6GB以下ならmineoがおすすめです。mineoの詳細に関しては、公式サイトをごらん下さい。

mineoの公式サイトで詳細を確認する>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です