ドコモ版のHUAWEI P30 ProはSIMロックを解除してDSDSできるのか?【HW-02L】

アメリカの大統領トランプさんの一声で雲行きが怪しくなってきたファーウェイ。

トランプさんを怯えさせるファーウェイの技術力の結晶とも言えるのが、2019年ドコモの夏モデルとして発売予定のスマートフォン「P30 Pro HW-02L」です。

予約一時停止・発売延期になってしまったのは残念ですが、僕はわずかながらP30 Proに期待していることがあります。

それは「SIMロックを解除してroot化をしてカスタムromを焼けば、SIMフリーでDSDS(DSDV)できておサイフケータイが使えてカメラ画質も世界最高のスマートフォンが出来上がる可能性があるのでは?」ということです。

この記事はあくまで可能性の話なので、実現できない確率の方が高いです。気持ち程度に読んでいただけると幸いです。

>>公式サイト:ドコモオンラインショップ <<

 

ドコモ版のP30 Pro HW-02LはSIMロックを解除してもシングルSIM

キャリアから発売されるので当然といえば当然ですが、P30 ProのSIMロックを解除してもシングルSIMです。デュアルSIMにはなりません。

ドコモ版P30 Proに関しては、グローバル版をドコモ仕様に変更し、Felicaを搭載しています。いつものドコモの魔改造で色々と本来の実力が発揮できない部分が多い端末です。

そもそも日本のキャリアは、iPhoneのe-SIMですら採用を頑なに拒んでいます。(対応したら格安SIMとの併用が簡単にできるため)

いい加減、キャリアからもデュアルSIM仕様で販売してもらえないですかね?ユーザーは望んでいますよ。

 

microSDではなく、NWカードというところに光があるかもしれない

P30 Proは市場で主流の「microSD」ではなく「NWカード」というnanoSIMカードと全く同じ形の外部ストレージスロットを採用しています。

そうです。「NWカード」は「SIMカード」と同じ形をしています。(大切なことなので2回言いました)

つまり、物理的にドコモ版のP30 ProにSIMカードを2枚入れることが可能である確率が高いです。(試せていないので「できる」とは言いません)

ということは、ドコモの魔改造カスタムAndroidOSによりNWカードトレイが2枚目のSIMとして認識されないだけであり、root取ってロム焼きすればデュアルSIM運用ができる可能性もあるわけです。

僕はプログラムなんて全くできないですが、世の中の詳しい人はさらに解析をして、おサイフケータイを使えるカスタムROMが有志で完成する・・・・かもしれません。

そうなると、「ぼくがかんがえたさいきょうのすまほ」の完成です。しかも、ドコモの販売価格は89,424円とお得。(Mate20 Proなんて発売当初12万円もしましたからね)どうにか実現して欲しいです(笑)

 

お願いだからドコモさん!早く予約再開して!販売して!

ドコモからP30 Proの発売を心待ちにされていた方もたくさんいることでしょう。僕も早く手に入れたいです。

いち早く予約再開・無事に発売になることを祈っています。

>>ドコモオンラインショップでいますぐ状況を確認するにはこちらをクリック!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です