サムスン Galaxy S9/S9+(Galaxy S8の後継)のスペック・発売日・価格のうわさや予想のまとめ

2016年は「Galaxy Note7」の爆発事故で、いったいサムスンはどうなるのだろうと思っていました。しかし、2017年には「Galaxy S8/S8+」~「Galaxy Note8」と良品をリリースし、信頼はかなり回復したと思います。

 

あの爆発事故はiPhoneを意識しすぎたからだと言われていますが、今度はアップルが焦ったのか「iPhone X」は微妙な感じになっています。いっぽう、サムスンの方はすでに次期Galaxyを開発中で、スペックのうわさも漏れ聞こえています。

 

今回は、サムスンが2018年度にリリースするであろう「Galaxy S9/S9+(仮称)」について、うわさや予想をまとめてお伝えしていきたいと思います!

スポンサードリンク

Galaxy S9/S9+(仮称)とGalaxy S8/S8+のスペックを比較してみた

S9/S9+ S8/S8+
OS Android8.0 Android7.0
CPU

 

Snapdragon 845

?

Snapdragon 835

2.35GHzx4+1.9GHzx4

DSDS 対応
メモリ 4(6/8)GB 4(4/6)GB
ディズプレイ 5.8(6.2)インチ
画質 2960×1440 SuperAMOLED
電池容量 3000(3500)mAh
サイズ ? 148.9×68.1x8mm

(159.5×73.4×8.1mm)

重量 ? 155(173)g
容量 64(128/256)GB 64(64/128)GB
指紋センサー 搭載
デュアル

カメラ

1200万画素x2

標準f1.6 広角f1.8

1200万画素

f1.7

インカメラ 800万画素 f1.7
防水・防塵 IP68
充電ポート USB Type-C
オーディオ ハイレゾ
NFC 搭載
発売日 2018年3月 2017年3月

( )カッコの数値はS9+およびS8+

Galaxy S9とS9+のうわさと発売日・価格の予想


「Galaxy Note7」の失敗を教訓にし、次期フラッグシップ機の開発に関しては、「Galaxy S8」がリリースされる前から始まっていたそうです。毎回、開発時に与えられるコード名は、S9がSTARでS9+がSTAR2というものでした。

 

ということは、S8の後継機がS9なのかどうかはさておき、次回も大きさで無印とプラスの2種類に分けてリリースする可能性が高そうですね。個人的には名称もS9で来るのではないかと思っています。

発売日は2018年2月末にスペインのMWCで発表して、韓国は3月上旬、日本でも3月末にはリリースされるのではないかと思っています。価格はS8/S8+と同じくらいだと思いますが、せめてS9が8万円あたり、S9+が10万円以内に下げてくれたらと願っています。

スポンサードリンク

S9とS9+がどんな感じになるのかうわさから予想

まだうわさや予想の域を出ませんが、どれだけの進化があるのかまとめてみました。なお、S9とS9+のサイズ分け2種類は、そのまま継承されるとして進めていきます。

 

S9/S9+ ディスプレイの予想

有機EL(AMOLED)を開発し、それを製造しているのはサムスンであって、なんと90%以上のシェアになるそうです。(他はLGとか)で、今回もS8に引き続きSuperAMOLEDを採用するでしょう。

 

さらに有機ELの特性を使って、ディスプレイの形を平面ではなく、カーブをかけたり自由に成形しようと試みていたとか・・。しかし、今回はまだまだ技術が不十分ということで、全体的に「Galaxy note8」と同じになるようです。

その代わりベゼルレスが進化して、表面が「iPhone X」以上にディスプレイで埋め尽くされる可能性があります。上部に「iPhone X」のような切欠き部分があるものの、かなり極限まで小さくなるかもしれません。

ホームボタンはS8やnote8と同じで、ディスプレイ上の最下部にあり、もう物理ボタンが復活することはないでしょう。

 

S9/S9+ 生体認証の予想

指紋認証・顔認証・虹彩認証の予定で、S8やnote8と同じ組み合わせです。

iPhone Xがディスプレイの中に、指紋センサーを取り入れようとするもあきらめてしまいましたが、ベゼルレスのインパクトを求めるがあまり、生体認証は顔に限定して、指紋認証は切り捨てるという賭けにでました。

結局、iPhoneはそれをあきらめたものの、サムスンは指紋認証を背面でなくディスプレイ内部にこだわっているらしく、2018年後半~2019年には登場するかもしれません。

では、なぜサムスンが指紋認証をディスプレイ内部にこだわっているのでしょうか?

S8もnote8も、指紋認証の位置がイマイチだからです。

 

S8ではセンサーが遠くて指が届きにくいばかりか、メインカメラが指紋で汚れるという欠点がありました。顔や虹彩認証が優秀なのでそれらを使えばいいのですが、やっぱり表面に指紋認証があれば便利に違いないということではないかと思います。

S8やnote8ではディスプレイに感圧センサーを設置し、ディスプレイ上にホームボタンの配置を成功させたのですから、指紋センサーも可能性はあります。

 

S9/S9+ カメラの予想

S8では間に合わなかったものの、note8では時代の主流になりつつあるデュアルカメラを搭載しました。もちろんS9もデュアル式でしょうし、note8と同じ標準と広角の組み合わせにはずです。

 

うわさでは、興味深いものもあるので2つほど挙げると、ファーウェイのようにカラーとモノクロに分かれるのではないかという話や、

モトローラのように拡張モジュール(要はオプション)で、高性能なカメラやサウンドシステムを後付けできるようになるのではという話があります。しかし、note8のデュアル式が好評のようなのでモノクロはないでしょうし、拡張モジュールはモトローラがパクリと抗議されそうなのでなしかと思います。

スポンサードリンク

S9/S9+ パフォーマンスの予想

note8が優秀すぎて、ここまではあまり進化を感じられない予想になりましたが、S9はここからが見どころになりそうです。2017年12月中に発表と言われている、クアルコムの最高性能チップセットの新型「スナドラ845」が、S9とS9+に採用されるそうです。

 

おそらく、S9シリーズがスナドラ845の採用第一号になるかと思います。

スナドラ835とiPhoneのA11という、現在では世界一の性能である2大チップセットを比べると、総合的にはややA11が上回ると言われています。ところがこの845はA11よりもはるかに上と言われており、どんな重いデータもこなしてくれそうでわくわくします。

当然、S9もデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)になるでしょう。日本のキャリア版は期待しないでおきましょう。

 

S9/S9+ デザインの予想

S8でもボディーの角は丸みを帯びていたものの、ほんの少し角が残っていました。note8ではさらに丸みを帯び、ますます手に優しいフォルムに進化したので、S9でも受け継がれるでしょう。

 

カラーはS8でいうと派手さを抑えて落ち着いた色使いでしたが、S9は少しはっきりした色も採用するかもしれません。でも、他社のような指紋の目立つ光沢は採用しないでほしいです。

 

S9には間に合わなかったであろうサムスンの野望

ディスプレイの項で取り上げましたが、サムスンは本気で曲がる有機ELディスプレイを、スマホに採用することを企んでいるようです。かなり前からその技術は確立されていたようですが、あくまでも曲げられるのはディスプレイだけなので、他のスマホ機能の扱いがネックだったようです。

 

上のような筒型のスマホ?らしきものから、

ディスプレイを引っ張りだせば、

スマホのように変身するというものです。

他にも、

薄くて自在に曲げられるものが開発中だったようですが、果たして耐久性はどうなのでしょうか?通話・オーディオ・カメラなどがどうなっているのか、いやそもそも電源の問題など、謎が多い研究ですね。

 

また、Galaxy S8/S8+の後継機に関する新しい情報があれば、更新していきたいと思います!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です