UQモバイルのスマホが画面割れしてしまったので端末補償サービスを実際に使ってみた! その手順と感想は?

2018年の初っ端から不幸な出来事が・・、初詣に参ってる途中、他人にぶつかられてスマホが神社の砂利に落ちてしまいました。しかも、「Oh~my God!!」・・ディスプレイ側のほうが下になってしまいいました。

背面側には「spigen/ラキッドアーマー」という衝撃を吸収できるケースをつけていたのですが、ディスプレイ側はファーウェイが元から貼っているフィルムのみなので、冒頭の画像のようにしっかり割れました・・・。もうそれは芸術的なモザイク作品のように見事な割れよう。

一瞬、目の前が真っ暗になりましたが、「なんか端末補償サービスに入ってた気がする」ということで、My UQを確認したらちゃんと入っていました。以前は某キャリアのスマホが故障して、補償サービスにも入っていなかったので悲惨な思いをしました。

で、実際に端末補償サービスを使ってみたら・・!

「やっぱ、UQモバイルでよかったわ~」ってことで、

 

今回はUQモバイルのスマホを破損・画面割れ・故障した場合の端末補償サービスで、手順や実際に使ってみた感想をお伝えしたいと思います!

スポンサードリンク

端末補償サービスに加入していない場合

端末補償サービスに未加入の場合は?
•近くのUQスポットで実費修理してもらう
•近くのスマホ修理屋さんに持っていく
•購入1年以内の自然故障ならメーカー保証で無料に

未加入だと実費を請求されるので辛いところです。近くの修理屋さんだとandroid機で安くても1万5千円以上します。聞いた話では、UQスポットに持ち込んだ方が安くつくそうです。

 

まずUQモバイルの補償内容を確認しよう~

盗難や紛失の場合
盗難や紛失に関しては端末を持っていない状態なので、改めてUQモバイルから好きな端末を買い、その端末購入代金から1万円が値引きされます。もちろん、より新しくお好きな端末が選べます。

 

この画面割れは過失

故障といっても、画面割れ・水濡れ・タッチ不良など多岐にわたりますが、大きく分けると自然故障なのか?自分の過失なのか?で、その費用は変わってきます。

自然か過失か?

  • 自然故障・・1年以内ならメーカー保証で無料
  • 過失による破損・故障・・1回目5,000円~2回目8,000円

 

また、「端末交換サービス」か「預かり修理」を選ぶことになりますが、

 よほどのことがない限り「端末交換サービス」がおすすめです!

預かり修理だと、修理期間中にスマホが使えず、代用機を送ってもらうことになります。となると、故障端末⇒代用機⇒修理された端末とデータ移行が2回も必要でわずらわしくなります。

 

端末交換サービスは、電話したらすぐリフレッシュ品を送ってもらえるので、そこにデータを移行してずっと使い続けることができます。

預かり修理と端末交換サービスは費用が同じなので、交換してもらった方が手っ取り早いし、新品に近いものに生まれ変わります!

リフレッシュ品とは?
過去に故障したり不具合があった端末をきちんと修理した再生品で、キズとかもない新品同様と考えても間違いないくらいです。

スポンサードリンク

スマホが故障・破損したらまず電話する!

「端末補償サービス」は途中から加入できません。最初の購入時に加入していなかった場合は、どうしようもありません。

まず、電話する!!

端末補償サービス受付センター  0120-466-446(フリーダイヤル)

受付時間は朝9時から夜8時まで

 

に電話しましょう。お近くのUQスポット(ショップ)に持ち込む方法もありますが、端末を交換してもらう場合は意味のない行為なのでおすすめしません。

わりと大きい箱でリフレッシュ品が届きます

電話をすると、端末交換サービスをすすめられますので、それをOKすれば、翌日か翌々日にリフレッシュ品が届きます!

私の場合は電話した翌日に東京から大阪までちゃんと着きました!上の画像の通り、時間指定も可能で、午前8時~12時・午後2時~4時・4時~6時・6時~8時だったような気がします・・。

中には故障品を送る封筒とその手順の説明書が入っています。

ピンクのビニールで包まれているのはリフレッシュ品

上の画像には充電器が入っていますが、通常は入っていません。

送ってもらえる端末は、故障した端末と同じ機種で同じカラーが原則です。

しかし、私の場合は「P9 lite PREMIUM」が在庫切れだったので、しばらく待つか格上の「nova」を提案されました。

しゅーじ
ラッキー!だけどケースとか買いなおさなければ・・・

同じファーウェイでも「nova」は「P9 lite PREMIUM」より格上な代わり、サイズが一回り小さいんです。さらに、USBポートがmicroUSBではなくUSB Type-Cなので、ご親切にも特別に充電器までいただけました。

左が送られてきた「nova」で右が画面割れの「P9 lite PREMIUM」

あと、「nova」の方がディスプレイの色がグリーンぽいのですが、こちらの方が目に優しそうです。しかも「nova」はOSがandroid 7.0なので、6.0からグレードアップです!

5,000円で「nova」を買えたと思ったら、リフレッシュ品とはいえ、めっちゃラッキーです。

 

リフレッシュ品が届いたらデータ移行を!

まず、新しい端末にSIMカードを挿入し、古い端末はWi-Fi環境において作業しましょう。もし、新しい端末にSIMを差し替えても4Gの電波を拾っていない場合は、APN(アクセスポイント名)設定がされていないので、APN設定を完了しましょう。

APN設定の手順は、「設定」⇒「その他」⇒「モバイルネットワーク」⇒「アクセスポイント名」と進みます。すると、「mineo」・「IIJmio」・「UQmobile」の三択になっているので、「UQmobile」を選択すれば自動的に設定されます。

まず、古い端末はバックアップをとりましょう。「設定」⇒「詳細設定」⇒一番下の「バックアップとリセット」の順で「データのバックアップ」をONにすればOKです。次に、そのまま「詳細設定」の「バックアップとリセット」より1つ上に「データ移行」があるかと思います。

ファーウェイの端末なら、データ移行に使うアプリを「HiSuite」と「Phone Clone」から選べます。他の機種ではグーグルアカウントの移行しかできないものもありますのでご注意ください。

どちらを選んでも問題ありませんが、私は「Phone Clone」にしました。これは本当に便利で、LINEやゲームデータ以外はほとんど引き継いでくれます。

スポンサードリンク

14日以内に故障品を送る!

フィルムの下はバリバリ

まず、古い端末を初期化しましょう。面倒くさければそのままでも大丈夫ですが、セキュリティー的には初期化が望ましいと思います。

先ほどの「詳細設定」から「バックアップとリセット」⇒「データの初期化」と進んで初期化します。

 初期化が済んだら、同封されている返送手順の通りにします。

同封されていた宅急便の伝票に「ご依頼主」の欄を記入し、新しい端末を包んでいたビニールクッションの中に古い端末を入れます。

そして、それを封筒に入れて伝票を貼れば、あとは送るだけです。

ただし、到着から必ず14日以内に返送してください!

でないと、追加料金が発生します・・。

 

UQモバイルの端末補償サービスを使った感想!

しゅーじ
電話してから新しい端末が届くまでめっちゃ早かったです。私の場合、電話してから24時間以内で届きました!

なにせ月380円ですし、何が起こるか分からないので、必ず端末補償サービスに入っておくことをおすすめします。

ただし、このサービス、1回目は5千円ですが2回目は8千円で、1年に2回までの適用となります。

しゅーじ
「P9 lite PREMIUM」も悪くなかったけど、「nova」はデザインも良し、OSも新しい、DSDS対応で得した気分になれました。

ま、これは特別なケースですが、たとえ同じ機種でも新品同様に生まれ変わるわけですから、やっぱりUQモバイルはしっかりしています。いちおう、故障品は同じ機種の同じ色が原則ですが、在庫ない場合があります。そういう時は格上の機種に変更してもらえるチャンスですね・・。

>>UQモバイルで端末補償サービスの詳細を確認する!!

<関連記事>

UQmobileの機種おすすめランキングBEST3![2018/9月時点]

2017.05.16

P9 lite PREMIUMをレビュー!実際にUQモバイルを契約して使った本音を激白

2017.02.08

UQモバイルでiPhoneSEの端末代が無料に!! 最安値の0円スマホでUQに乗り換えるチャンス?!

2017.09.29

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です