Xiaomi Mi Mix 2Sのスペック・価格・発売日とレビューまとめ:日本でも発売して欲しい機種!

日本では未発売にもかかわらずマニアの方では有名なXiaomi(シャオミ)は、最近日本に進出してきたOPPOと同じく高性能なスマホを作る中国のメーカーです。HuaweiやOPPOといった中華スマホは、ものすごい勢いで世界の多くに展開していますが、シャオミ自体は中国以外となると、台湾・韓国と東南アジアやロシア・スペイン・アメリカしか展開していません。

日本のようなiPhone大国は無視されているわけですが、けっこう興味深いスマホを作り続けているので気になる存在です。中でもMi Mixシリーズは、「iPhone X」のようなノッチが存在しない大スクリーンが目をひきます。

そして、その粋なデザインは次の「Xiaomi Mi Mix 2S」でも引き継がれているのですが、唯一カメラのデザインが「iPhone 8~X」にそっくりな事だけは残念です。

 

今回は、Xiaomiが新しくリリースするハイエンド機「Mi Mix 2S」のスペック・価格・発売日や海外でのレビューなどをまとめました。

スポンサードリンク

ベゼルも下部だけでノッチもないとかどうなってるの?

現在のスマホには画面上部にインカメラやスピーカーなどを納めるスペースが必要で、普通はベゼル(縁)を設けることがほとんどです。「iPhone X」はそこをノッチ(切欠き)にして納めたので、大変注目を浴びました。

しかし、そのインパクトのせいか中華スマホを中心にノッチ旋風が起こり、ファーウェイのP20シリーズをはじめ、OPPO・OnePlus・Vivo・ASUSなども続々とノッチホンばかりリリースするようです。

しかし、XiaomiのMi Mixはひと味違います。ディスプレイ上部はベゼルがありません。

縁の細い部分にスピーカーが上手に隠れています。ただ、ディスプレイの下部には少しベゼルがあり、インカメラがあります。

 

Mi Mix 2SとMi Mix 2の違いをスペックで比較してみた

Mi Mix 2S Mi Mix 2
OS Android8.0 Android7.1
CPU SD845
2.7GHzx4
+1.7GHzx4
SD835
2.45GHzx4
+1.9GHzx4
DSDS 対応あり
メモリ 6/8GB
ストレージ 64/128/256GB
ディスプレイ 5.99インチ
画質 2160×1080 IPS
電池容量 3400mAh
サイズ 150.9×74.9
x8.1mm
151.8×75.5
x7.7mm
重量 191g 185g
指紋認証
メイン
カメラ
1200万画素
 x2
1200万画素
インカメラ 500万画素
防水・防塵
充電ポート USB Type-C
オーディオ ステレオ
NFC
発売日 2018年4月? 2017年9月

2017年の秋に「Mi Mix」の後継「Mi Mix 2」がすでに発売されているので、大きな変更点はOS・CPU・メインカメラの数だけです。

スポンサードリンク

Xiaomi Mi Mix 2Sの価格・発売日と日本での購入方法

「Mi Mix 2s」の価格は、中国で3299元(日本円で約5万6千円)で発売されます。

なお、中国ではすでに4月から発売が開始しています。

 

ただ、日本でXiaomi(シャオミ)のスマホを購入することは、技適の面からも簡単ではありません。日本では未発売なので、入手方法はEXPANSYSなどネットの並行輸入に限るのですが、アマゾンでもゆっくり待てるのであれば購入できます。

日本で購入するならEXPANSYSがおすすめです。

 

Xiaomi Mi Mix 2Sってどんな感じ?

ところで、シャオミのMi Mixってなぜこんな人気があるのでしょうか?理由はベゼルがほぼ少ない大画面ディスプレイと、CPUが最高のスナドラを搭載しながら、価格が低めに抑えられていることだと思います。

まあ低めといっても、高価なGalaxyやXperiaなどには、防水・オーディオ・アニ文字などといった機能が豊富なので、価格の差はうなずけますが・・。

 

Mi Mix 2sのカメラは?

このiPhoneそっくりのカメラ・・、今まではここまでそっくりではなかったのに。もうちょっとデザインに工夫が欲しかったのですね~。

「Mi Mix 2」はカメラが1つでしたが、こちらの「Mi Mix 2s」はデュアルカメラになっています。といっても、以前から「Read me」などの他シリーズで、デュアルカメラはすでに実装済みなので、その性能は心配ないでしょう。

とりわけ、暗い場所での撮影機能に自信があるようで、PR動画ではやたら「iPhone X」と比較しています。上の画像は6ルクスしかない暗い場所で、「iPhone X」と「Mi Mix 2s」のどちらが先にピント合わせができるのか?というのを比較して、「Mi Mix 2s」の方が数段速いことをアピールしています。

次は暗い場所での撮影結果を比較したもので、主に画質などの仕上がりに違いがあるとアピールしています。

上の画像が本当かどうかは分かりませんが、本当にこの通りの結果なら、差があり過ぎます(笑)。「iPhone X」の方は画質が粗い上に、ハイライトが思いっきり白飛びしています。

ちょっと大げさに味付けしているかもしれませんが、権威あるDxOmarkのカメラ評価におけるスコアは97点もあるので、カメラに関してはやはり本物かなと思います。ちなみに他の機種はどうなんだ?ってことで、他の機種のスコアも下に挙げてみました。

  1. 109 : Huawei P20 Pro
  2. 102 : Huawei P20
  3. 99 : Galaxy S9+
  4. 97 : Xiaomi Mi Mix 2S・ iPhone X・Huawei Mate10 Pro
  5. 94 : iPhone 8 Plus・Galaxy Note8
  6. 92 : iPhone 8
  7. 90 : HTC U11・Xiaomi Mi Note3

ポートレートには力を入れていて、「iPhone X」のようなスタジオ効果のある撮影も可能になっています。

明るい風景は当然美しく撮れます。

夜景も安定の仕上がり。

この例などが「Mi Mix 2S」最大の特徴で、真っ暗闇のような場所でもわずかな光があれば、ピントやディテールも正確に撮影できるところです。

 

Mi Mix 2sのデザインは?

2018年のノッチ旋風の中で、Galaxyとは違うアプローチでノッチを採用しなかったMi Mixは、見栄えがすっきりしていて好感も持てます。

この奇抜なデザインは、カメラ以上に世界中から高い評価を受けていて、左上から右へ順に、フランスセンターポンピドゥー ・ミュンヘン国際ミュージアム・フィンランド国立デザイン博物館・グッドデザイン賞・ドイツのIFデザイン賞・IDEA金賞~と6つの称号を獲得しています。

Xiaomi Mi Mix 2の箱

また、中華スマホの割にパッケージも高級感があって、デザインセンスの良さを感じさせます。

Mi Mix 2sのパフォーマンスは?

「Mi Mix 2」のスナドラ835からスナドラ845に進化した「Mi Mix 2S」は動きもより軽快で、いろんな処理速度が30%ほど向上したようです。上の図でいうと、オレンジの棒線が「Mi Mix 2S」のもので、その下のグレーの棒線がグレードの低い「Mi Mix 2」となっています。

重いシューティングゲームを「iPhone X」と「Mi Mix 2S」でプレーし、どちらがサクサク動くか動画で説明しているのですが、見たところではほんの少しだけ「Mi Mix 2S」が速いように感じました。

 

Mi Mix 2sのその他

こちらの「Mi Mix 2S」でもワイヤレス充電が可能で、そのオプション品では「iPhone X」や他のワイヤレス対応端末でも充電できるようです。

iPhoneでいうところのSiri、GalaxyならBixbyのような人工知能Mi UIも搭載されていますが、中国語はともかく日本語は対応していないので使えません。

Galaxyなどにある、メニューや看板の文字をスキャンして翻訳する機能も、中国語でけで日本語ユーザーには無縁です。あと、指紋認証の他に顔認証も使えますが、「iPhone X」のような3Dスキャンではなくて単なる画像認識なので、あまり期待はできないと思います。

スポンサードリンク

Xiaomi Mi Mix 2Sの現地レビュー

中国ではデモ機もあって、GSMarenaではレビューもあるので紹介します。このGSMでは、ディスプレイ下部のベゼルが「Mi Mix 2」と幅が同じで、全く短くなっていないことを残念がっていますが、それができたら「iPhone X」だってそうしていたでしょう。

あと、オーディオに関しては潔いくらい無視されていて、音声自体がモノラルのくせにイヤホンジャックがないことを嘆いています。これに関しては同意できます。

イヤホンジャックの廃止理由としてよくあるのは、防水対応にしたため仕方なくというのをよく聞きます。しかし、Xiaomi製品は1つも防水じゃないのになぜ?

あとは、「iPhone X」のカメラデザインを丸ごとパクッたせいか、出っ張りまで同じなのはどうなんでしょう?せめて出っ張りはスッキリして欲しかったと思います。

なお、OSはandroid8にMI UI 9.5がカブっています。このUIは優秀な方ですが、時折変な癖が顔を除くので注意したいです。

 

しかし、カメラ機能に関しては優秀で、最大の長所といえる暗い場所での撮影はさすがで、iPhoneの上を行ってます。デュアルカメラは広角と望遠に分かれていますが、どちらも画素は1200万画素です。

といっても、デュアルピクセルのような技術も採用していて、実質的には2000万画素近い能力があると思われます。この「Mi Mix 2S」は、日本のプラチナバンドにも対応済ということで、ドコモやソフトバンク回線なら問題なく使えます。

なので、格安SIMならLINEモバイル・mineo・楽天モバイル・Y!mobileなどで使うことができます!

なお、「Mi Mix 2S」を購入するなら私も使っているEXPANSYSが安全・確実に購入することができておすすめです!

また「Mi Mix 2S」の新しい情報が入ればお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です