XperiaXA1のスペック・発売日・価格の予想・うわさまとめ(5月13日更新)

ソニーはMWC2017でXperiaシリーズの後継機種として、XZ Premiumなどを含めて4種類も発表しました。

その中で、「Xperia XZ Premium」「XZs」は日本でもおそらく発売されると思います。

しかし、 残念ながら「XA1」と「XA1 Ultra」は海外限定の可能性が高いです!

そもそもXperia XZなら国内でも有名ですが、「XA~」って聞いたことないな~という方も多いでしょう。

 

現行の「Xperia XA」・「Xperia XA Ultra」も日本で発売されなかったので、ご存知の方はかなりのマニアか海外在住の人でしょう。

今回は、そんなXA1の性能(スペック)や発売日および価格などを、情報を元にまとめたり予想したりしてみました。

また、日本でなじみのない「XAシリーズ」についても、簡単に紹介したいと思います。

スポンサードリンク

Xperia XAとは?

アメリカやインドを中心に2016年6月に発売された、Xperiaの廉価版ともいえる機種です。

CPUがsnapdragon(スナドラ)ではなく、台湾のMedia Tek(メディアテック)を使っているのが大きなポイントです。

Media Tekの性能が悪いというわけではありませんが、何といっても安いのが特徴で、格安のスマホにはよく採用されています。

 

また、ディスプレイも細長い形(狭額縁形)になっています。

ちなみに、Xperia XA Ultraという機種もあり、今回発表の新機種の中にXA1 Ultraというのもあります。

 

Xperia XA1のスペックと、現行のXperia XAのスペックを比較!

Xperia XA1 Xperia XA
OS Android7.0 Android6.0
CPU Mediatek MT6757 2.3GHzx4 Mediatek MT6755 2.0GHzx4
メモリ 3GB 2GB
ディズプレイ 5.0インチ
画質 1280×720
電池容量 2300mAh 2900mAh
サイズ 145×67×8mm 143.6×66.8×7.9mm
重量 143g 137.4g
容量 32GB 16GB
指紋センサー ×
メインカメラ 2300万画素 f2.0 1300万画素 f2.0
インカメラ 800万画素 f2.0
防水・防塵 ×
充電ポート USB Type-C microUSB v2.0
NFC 搭載
カラー White・ Black・Gold・Pink
発売日 2017年4月26日 2016年6月

OSはandroid7.0で、ウィンドウが同時に2つ表示できるので、細長いディスプレイが大いに役立ちそうです。

また、メインカメラの画素数が大きく増えて、計算処理能力(CPU/ROM/RAM)も上がりました。

充電ポートもUSB Type-Cに変更。

 

正直、安い機種ですので、指紋認証も防水もハイレゾもワンセグもありません

さらには、電池容量が2300mAhに下がる始末で、いくら安くてもね~

 

ソニーの他の新機種と比較

今回発表されたのは、他に「XZ Premium」「XZs」「XA1 Ultra」の3つがあります。

上の画像はそれぞれのサイズの違いが分かるように、同じ縮尺で並べてみました。

見てすぐわかると思いますが、XA1が一番小さいモデルになっています。

「XZ Premium」・「XZs」はCPUがスナドラで、スペックも違いすぎるので、次は「XA1 Ultra」と比較してみましょう。

Xperia XA1 Xperia XA1 Ultra
OS Android7.0
CPU Mediatek MT6757 2.3GHzx4
メモリ 3GB 4GB
ディズプレイ 5インチ 6インチ
画質 1280×720 1920×1080
電池容量 2300mAh 2700mAh
サイズ 145×67×8mm 165×79×8.1mm
重量 143g 188g
容量 32GB 32/64GB
メインカメラ 2300万画素 f2.0
インカメラ 800万画素 f2.0 1600万画素 f2.0
カラー White・ Black・Gold・Pink
価格 約3万4千円 約4万5千円以上?
発売日 2017年4月26日 2017年7~9月

「Xperia XA1」は「Xperia XA1 Ultra」より、本体はもちろんディスプレイも小さくて画質も劣ります。

電池容量に関してはどちらも少なすぎて、動画やゲームばかりに使っていると半日しか耐えられないかもしれません。

ただ、インカメラでも差をつけられています。

 

発売日はいつ頃になる?

アメリカでは4月26日に発売されました。

そして日本では・・・、発売されるかどうか分かりませんが可能性は低いので、どうしても欲しければ輸入販売でかうしかありません。

いちおう、android7.0が使えるソニーの激安機種としてなら、アリかもしれません。

スポンサードリンク

Xperia XA1はどんな感じ?

Xperia XA1について分かっている情報を、項目別にお伝えしたいと思います。

 

カメラについて

「Xperia XZ Premium」「XZs」に投入される「Motion Eye(モーションアイ)」のような華々しい新機能はありません。

メインカメラの画素数こそ向上しましたが、インカメラの方は800万画素のままです。

 

ディスプレイについて

4Kはおろか、トリルミナス映像技術なども投入されない。

これといった特徴もないどころか、いまどき1280×720の画質なんて一昔前にもどったようです。

ソニーの得意なX-Realityも導入されていませんが、ネット検索くらいなら全然問題ないでしょう。

 

パフォーマンスについて

パワフルパフォーマンス・・なんて宣伝していますが、ん~・・。

スナドラではないのでがっかりされるかもしれませんが、メディアテックのCPUやメモリ容量も悪くありません。

この機種なら十分すぎるくらいでしょう。

 

その他

電池容量が2300mAhしかなくてすこぶる低い性能ですが、バッテリーセーブモードを使えばなんとかなるでしょう。

そもそもあまり機能がないので、消費電力自体が少ないと思います。

  • 指紋認証・・ありません
  • 防水防塵・・ありません
  • ハイレゾ・・非対応

android7.0が使える以外は、魅力を見つけるのが難しい機種です(笑)。

これで機種代金が激安なら、まだいいのですが・・。

 

Xperia XA1の価格はどれくらいになるのか?

ヨーロッパでは280ユーロになるとか・・。

日本円にして3万4千円あたり。

耳を疑うレベルですね~。

 

これを買うくらいなら、Xperia X Compactを買います(笑)。

大手3社なら1万5千~2万円くらいで買えますし、防水・指紋認証・ハイレゾもバッチリです。

ただし、OSは自分で7.0にアップデートしましょう!

 

Xpera XA1 Ultraはもうちょっと高性能なので、「Xpera XA1 Ultra~」もよかったら参考にしてください。

XperiaXA1Ultraのスペック・発売日・価格の予想・うわさまとめ! amazonがさらに値下げで秋葉原よりおトク?!

2017.03.10

 

どうしてもXperia XA1が欲しい場合は?(4月28日追記)

先ほどは「Xperia X Compact」をおすすめしていましたが、「それじゃドコモしか使えないので」というコメントをいただきました。

確かにX Compactはドコモオンリーで、輸入版でもあまり見当たりません。

どうしても格安SIMで最新のXperiaを新品最安値で使いたい方には、EXPANSYSで販売が開始されたので案内します。

 

価格は31,900円+送料1,400円の合計33,300円で購入できます。

休日を省いて2~4日後にはフェデックス+ヤマトで届きます。

対応周波数について
EXPANSYSの場合、G3116というグローバルモデルが届きます。

対応しているバンド数が、ソフトバンク5つ、ドコモ4つ、auはおそらく不可なので、SB系のY!mobileが無難だと思います。

 

このサイトでも、また新しい情報が入り次第ご紹介していくので楽しみにしていてください!

スポンサードリンク

<関連記事>

XperiaXZCompactのスペック・発売日・価格の予想・うわさまとめ(9月21日更新)

2017.03.13

XperiaXZsのスペック・発売日・価格の予想・うわさまとめ (5月24日更新)

2017.03.09

XperiaXZ Premiumのスペック・発売日・価格の予想・うわさまとめ SIMフリーでLINEモバイルがおすすめ!

2017.03.08

Xperia X2 Compactのスペック・発売日の予想・うわさまとめ(Xperia X Compact後継機種)

2017.01.16

HUAWEI P10 lite(P9 lite後継機種)のスペック・発売日の予想・うわさまとめ 日本発売開始!

2017.01.18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です