Xperia XA2 Ultraのスペック・発売日・価格のうわさや予想・レビューのまとめ

ついこの前まで「Xperia XA1 Ultra」・・・惜しいなあとか思っていたら、新年早々、もう次の後継機種「Xperia XA2 Ultra」が発表されました。ずいぶん早い発表ですが、やはりUltraサイズって需要があるということでしょう。

現行の「Xperia XA1 Ultra」は、CPUがスナドラじゃなかったり、指紋認証ができなかったり、日本で発売されているXperaシリーズよりもかなり劣っていました。なので、日本では全く発売されませんでした・・。

 

しかし、デザインは・・・またこれか、あ~あもったいない~パッと見は変わり映えありません。ま、本命の新デザイン機種は2月のMWCで公開されるでしょう。

でも「Xperia XA2 Ultra」は・・・、ズルトラ難民のためにも発売して欲しいと思える名機の予感はします。

今でも高値で発売されている輸入版「XA1 Ultra」

なぜ名機かもしれないのか?

今までのXAシリーズは、新興国向けのミドル機種という感じで、機能も低めに抑えられていました。しかし、「XA2 Ultra」は新興国だけでは惜しいと思える高性能なのです!

ソニーは「Xperia Z Ultra」(通称ズルトラ)以来、ファブレットサイズのXperiaを3年以上放置しています。日本でもわざわざ輸入版で「XA1 Ultra」を購入する方も多かったように、日本でもウルトラサイズの需要は割とあるので、今度ばかりは発売して欲しいですね!

このまま次期「Xperia XZ1 Ultra」が出ないのなら、どうしても日本発売しなけらばならないと思います。

 

今回は「Xperia XA2 Ultra」のスペック・発売日・価格・レビューなど、うわさや予想をまとめてお伝えしたいと思います!

スポンサードリンク

Xperia XA2 UltraとXA1 Ultraのスペックを比較してみた

XA2 Ultra XA1 Ultra
OS Android8.0 Android7.0
CPU Snapdragon 630
2.2GHzx8
 Mediatek MT6757
2.35GHzx4+1.6GHzx4
DSDS 両タイプあり
メモリ 4GB
ストレージ 32/64GB
ディスプレイ 6インチ
画質 1920×1020 IPS
電池容量 3580mAh 2700mAh
サイズ 163x80x9.5mm 165x79x8.1mm
重量 221g 188g
指紋認証 対応
メイン
カメラ
2300万画素 
イン
カメラ
1600万画素
+800万画素
1600万画素
防水・防塵
充電ポート USB Type-C
オーディオ ステレオ
NFC
発売日 2018年2月 2017年5月

「XA1 Ultra」は、日本で発売するとなると、他のラインナップ機種よりスペックがかなり弱いうえに、日本人好みの機能(防水・テレビ・おサイフケータイ)がありませんでした。今回の「XA2 Ultra」はスペックだけなら、他のラインナップ機種にさほど見劣りしないと思います。

とはいえ、日本人好みの3機能はついていませんが・・。

 

Xperia XA2 Ultraの発売日や価格の予想

1月9日からアメリカのラスベガスで開催される「CES 2018」で初めて「XA2 Ultra」が発表されたのですが、発売日は2月末にマドリードで開かれる「MWC 2018」のあたりではないかと予想します。

価格に関しては、すでに取扱いを発表しているイギリスの携帯2社(O2・Three)が、そのうちに価格を公開するかと思いますが、予想では5万円弱くらいかと思います。

スポンサードリンク

Xperia XA2 Ultraは日本で発売されるのか?

先にも申し上げましたとおり、日本人好みの3機能が搭載されていないので、この「XA2 Ultra」のままで発売される可能性はゼロです。しかし、これに3機能のうちのテレビだけ追加すれば、「XZ1 Ultra」としてなんとか発売できないものでしょうか?

ファブレットサイズなのでiPad同様、防水やおサイフケータイはしょうがないとして、テレビチューナーさえ何とかなりませんかね~。

 

Xperia XA2 Ultraはどんな感じ?

「Xperia XA2 Ultra」がどれくらいの大きさなのかを考えると、上の図の通り、「Xperia XZ1 Compact」はさすがに小さいものの、大きめの「Xperia XZ Premium」とはそんなに変わらないような気がします。横幅も比べると、「XA2 Ultra」の方がかなり大きいのですが、その代わり「XZ Premium」より重さが40gも重いのが残念です・・。

では、この大きさ以外にどんな特徴や魅力・・はたまた欠点があるのか見ていきたいと思います。

 

XA2 Ultraのデザイン 今回の最大のがっかり・・

いきなり欠点から見ていくのもどうかと思いますが、新しいXperiaとなるとデザイン面が一番注目されるうえに、ここが一番の欠点ですので目をそらさず見ていきます・・。

上の図を見ていただくとお分かりいただけると思いますが、以前の「XA1 Ultra」とベゼルの割合はさほど変わっていない気がします。ほんの少しだけ下のベゼルが少なくなったかという程度です。

さらに、相変わらずの角ばった四角い形状は角が手に痛いデザインで、ケース装着が前提?としか思えない残念な結果になっています。なぜソニーは、デザインの変わり映えを意識しなかったのか・・・?

しかし、断面図を見てみると、表面と背面が平行ではなくなり、丸みを帯びるようになりました。丸みと言ってもギャラクシーのようなエッジタイプではなく、樽型のような断面で、保護フィルムとか貼りにくそうです。

スポンサードリンク

XA2 Ultraのディスプレイ 進化はなくまあまあ

6.4インチもあったズルトラに比べると少し物足りないのですが、それでも6インチというのは他のスマホと比べたら間違いなく大きいです。ただ、新興国向けシリーズ(イギリスなど例外あり)のミドルスペック機なので、4Kのような表示機能は期待しません。

ちなみに、同じ縮小率で「iPhone X」と比較すれば、「XA2 Ultra」がいかに大きいのかがよく分かります。しかし、「iPhone X」はボディーが小さいのにディスプレイは5.8インチもあって、その差は0.2インチしかありません。

しかし、「iPhone X」やギャラクシーは細長ボディーで幅が短いうえ、「iPhone X」には切欠き部分もあるので、見た目は「XA2 Ultra」の方がゆったりしています。

 

XA2 Ultraのカメラ セルフ側がデュアルに!

どうして背面のメインカメラをデュアルにしてくれなかったのか・・?まあ、そこは何とも残念ですが、メインカメラのデュアル化はMWC以降の新型に期待するとしましょう。で、セルフィー側のデュアル化ですが、そもそもXperiaのカメラでは初めてではないでしょうか?

デュアルカメラの役割分担は、超広角120度(800万画素)と広角88度(1600万画素)という構成になっています。普通の広角でも画角が88度あって、画質も1600万画素あるので、超広角は緊急用みたいな感じでしょうか?

メインカメラは変わり映えなさそうですが、動画撮影に関しては進化ありで、4K動画と120fpsのスローモーション撮影が可能になりました。といっても「XZ Premium」のようなスーパースローモーションではありません。

あと、ストロボライトが進化してLEDになっています。

 

XA2 Ultraのパフォーマンス やっとまともになった

今までCPUに関しては、新興国向けにコストダウンを図るため、一般的なクアルコムのスナドラではなく、より廉価の台湾メディアテック製チップを使用していました。

しかし、今回の「XA2 Ultra」から思い切ってスナドラに変更しました。ここに使用されているスナドラ630は「Zenfone 4」と同じなので、XZ1シリーズの835には及ばないものの、メディアテック製よりずいぶんグレートアップしているのが何よりです(できれば800番台がよかった)。

さらにバッテリーも3580mAhとまあ許せる範囲まで大きくなりました。なにせ「XA1 Ultra」は2700mAhしかなかったので。

欲をいえば、この大きさなら4000mAhは欲しかったのですね。

 

充電は元から急速充電に対応していましたが、CPUがメディアテックからスナドラに変わったので、急速充電のタイプがクイックチャージ3.0になりました。USBポートはミドル機種なのに、元からUSB Type-Cとなっています。

スポンサードリンク

XA2 Ultraのカラー ちょっと地味かな

全4色となっていて、シルバー・ブラック・ゴールドは変わり映えなく、ブルーが独特の渋い色彩になっています。

 

XA2 Ultraのオーディオ ハイレゾではないが許せる範囲に

以前の「XA1 Ultra」なら、オーディオなんて付属品くらいの感覚でしたが、「XA2 Ultra」ではある程度、オーディオにも力が入っています。ある程度ですけど・・。

 

XA2 Ultraの指紋認証 側面でなく背面に配置

Xperia XA1シリーズにはコストダウンのために指紋認証がありませんが、XA2シリーズから指紋認証採用です。そして今まで、Xperiaの指紋センサーは側面の電源ボタンに配置されていましたが、XA2シリーズはなぜか背面に配置されました。

どうせならベゼルが多いので、下部のベゼル内に配置してくれたらよかったかなと思います・・。

 

Xperia XA2 Ultraレビューのまとめ

pocket-lintより

「Xperia XA2 Ultra」のレビューとしては、どこのメディアでも一様に「重い」という感想が聞こえてきます。ところが、セルフ側のデュアル化と背面の指紋認証は割と好意的に受け止められているようです。

digitaltrendsより

オーディオが格段に良くなったとか、カメラの機能が大幅に増えたというレビューもあったので、Xperiaの新ウルトラサイズに期待も持てそうです。

イギリス版カタログに掲載されている「XA2 Ultra」・「XA2」(カメラは共通)の撮影例です。上の例は速いシャッタースピードで、風にそよぐ瞬間をとらえたもので、

次の例はコントラストやグラデーションの様子が表現されています。

 

ただ、「Xperia XA2 Ultra」は現在のところ、CESで公開されたばかりの未発売状態なので、詳しいレポートはまだありませんので、新しい情報が入ったら更新していきます。

スポンサードリンク

<関連記事>

XperiaXA1Ultraのスペック・発売日・価格の予想・うわさまとめ! amazonがさらに値下げで秋葉原よりおトク?!

2017.03.10

Xperia XA2のスペック・発売日・価格のうわさや予想・レビューのまとめ

2018.01.11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です