XperiaXZ1Compactのスペック・発売日・価格・レビューまとめ ドコモとSIMフリーのどちらがおすすめ??

9月初頭にドイツのベルリンで開かれたIFA 2017(国際家電見本市)で、SONYは「Xperia XZ1」・「Xperia XZ1 Compact」・「Xperia XA1 Plus」の3機種を発表しました。

デザインは、ついこの前に出たばかりの「Xperia XZ Premium」「Xperia XZs」などと見間違うくらい同じで、さすがにがっかり感もありました。

 

とはいえ、4.6インチの小型サイズは1年前の「Xperia X Compact」以来なので、小型サイズの新型を待ち望んでいた方には嬉しいニュースでしょう。

上の図の通り、「XZ1 Compact」が「XZ1」よりかなり小さいことが分かります。

 

今回は、コンパクトな高機能の「XZ1 Compact」の特長やその他の情報、レビューなどをまとめてお伝えしたいと思います!

Contents

スポンサードリンク

Xperia XZ1 CompactとXperia X Compactのスペックを比較!

Xperia XZ1 Compact Xperia X compact
OS Android8.0 Android6.0
CPU

 

Snapdragon 835

2.45GHzx4+1.9GHzx4

Snapdragon 650

1.8GHzx2+1.4GHzx4

DSDS 海外版のみ対応 X
メモリ 4GB 3GB
ディズプレイ 4.6インチ
画質 1280×7200 IPS
電池容量 2700mAh
サイズ 129x64x9.3mm 129x65x9.5mm
重量 140g 135g
容量 32GB
指紋センサー 搭載
メインカメラ 1900万画素 2300万画素
インカメラ 800万画素 500万画素
防水・防塵 IP68
充電ポート USB Type-C
オーディオ ハイレゾ
NFC 搭載
カラー Black・White Silver

・Horizon Blue・Twilight Pink

White・Universe Black

・Mist Blue

発売日 2017年10月 2016年9月

CPUは「Xperia XZ Premium」や「Xperia XZ1」と同じ、世界最高のパフォーマンスを誇るスナドラ835です。

OSも最新のAndroid8.0です。

 

フロント(イン)カメラの画素数が上がった代わりに、メインカメラは少し下げられています。

やっぱり一番のポイントは、CPUが中級のスナドラ600番台だったのが、800番台の最上級に引き上げられたことでしょう!

 

Xperia XZ1 CompactとXperia XZ1のスペックを比較!

Xperia XZ1 Compact Xperia XZ1
OS Android8.0
CPU

 

Snapdragon 835

2.45GHzx4+1.9GHzx4

DSDS 海外版のみ対応
メモリ 4GB
ディズプレイ 4.6インチ 5.2インチ
画質 1280×7200 IPS 1920×1080 IPS
電池容量 2700mAh
サイズ 129x64x9.3mm 148×73.4×7.4mm
重量 140g 155g
容量 32GB 64GB
指紋センサー 搭載
メインカメラ 1900万画素
インカメラ 800万画素 1300万画素
防水・防塵 IP68
充電ポート USB Type-C
オーディオ ハイレゾ
NFC 搭載
カラー Black・White Silver

・Horizon Blue・Twilight Pink

Moonlit Blue・Black

・Warm Silver・Venus Pink

発売日 2017年10月

基本的に大きさが違うのは当然ですが、それ以外ではフロントカメラの画素数が下がったくらいです。

あと、ディスプレイ自体が小さいので解像度も下がっています。

スポンサードリンク

Xperia XZ1 Compactの価格と発売日

価格はイギリスで499ユーロなので、日本円に換算すると66,800円になります。

Xperiaが好きで、コンパクトな4.6インチにこだわるなら絶対に買いです!

 

ただし、多少大きくても構わなければ、68,900円まで下がったネットの輸入版「Xperia XZ Premium」なんかもおすすめできます

 

発売日に関しては、台湾やアメリカで9月19日から予約受付が開始され、9月末には発売されるようです。

日本は10月中旬以降になりそうです。

 

Xperia XZ1 Compactってどんな感じ?

「Xperia X Compact」+Motion Eye+ Snapdragon 835 + android 8.0 + 3Dクリエイター =「Xperia XZ1 Compact」

↑の式でなんとか表せましたが、「Xperia XZ1」で初登場の新機能「3Dクリエイター」が、コンパクトサイズにまで搭載されるのはビックリしました・・。

 

コンパクトサイズなら、そんな新機能より安くしてくれた方がありがたいのですが・・・。

しかし、搭載された「3Dクリエイター」は、「XZ Premium」にもない画期的な機能なので、手に入れたらしっかり使ってみたいですね!

 

それでは、新しい機能から順に見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

Xperia XZ1 Compactの新機能 3Dクリエイターとは?

3Dアバターを作れたり、それをAR(拡張現実)にしたり、3Dプリンターのカメラもこなします。

どれだけ凄いのか言葉では伝えにくいので、実際の撮影の流れを見ていただければ、3Dクリエイターについてある程度お分かりいただけるかと思います。

 

3Dアバターの作り方

やり方はまず、3Dにしたいモデルを左右から正面へ180度くらい周りながら撮影します。

すると、3D Face Scanが起動して、顔のサイドからスキャンしていきます。

読み取ったデータで、顔のフォルムを3Dグラフィック化していきます。

すると3Dグラフィック完成で、正面の出来映えが確認できます。

サイドへスクロールすれば、顔の側面の出来映えも確認できます。

あとはアバターのコスチュームを選べば、

3Dアバターの完成です。

 

作った3DアバターはARやSNSに

さらに「ポケモンGO」のような仮想現実(AR)に取り込めば、

ARの中で、モデル本人と3Dアバターの共演も。

3D stickerという機能もあって、作ったアバターをコラージュ(加工や合成)して、SNSで共有することもできます。

 

360度フルスキャンもできる

コスチュームをまとったアバターだけではなく、3Dプリントのような完全立体像も作れます。

モデルの外周を一周しながら撮影すると、

360度スキャンされ、

完全な3Dグラフィックデータが完成します。

横方向へぐるっとスクロールしたら、この通り後ろ側まで3Dグラフィックになっていることが確認できます。

指で隠れている部分は「Share」で、そちらにするとこのデータをSNSなどで共有でき、

3Dプリンターにデータを送ることもできます。

凄い機能だとは思いますが、コンパクトサイズのカメラに搭載するなんて??

 

「ただ小さいサイズの新Xperiaが欲しい!」という方にとっては、迷惑な機能かもしれません。

これのおかげか重量が140gもある・・・、5インチのスマホみたいな重さが残念です。(AQUOS L2は5インチで138g)

スポンサードリンク

Xperia XZ1 CompactのカメラにもMotion Eye!!

「XZ Premium」・「XZs」~「XZ1」まではともかく、ミニサイズの「XZ1 Compact」にまでMotion Eye(モーションアイ)カメラが導入されました!

その仕組みを簡単にいうと、カメラセンサーにもメモリをつけることにより、データを現行より約5倍の速さで転送できるようです。

そして、それを駆使したスローモーション機能が追加されました

 

スーパースローモーション(Super Slow Motion)

1秒の間に960カットの撮影を行うことで、スローモーション撮影を実現しています。

動画を撮影するときに、撮影モードをスローに切り替えることで、スロー映像が撮れるようです。

上のPR動画はXZ Premiumのものですが、XZ1も共通です。

こちらはXZsによるスローモーションの撮影例です。

 

先読みフォーカス機能(Predictive Capture)

右下がXZsによる撮影画像

前作の「X Compact」に引き続き、先読みフォーカス機能も搭載されます。

一眼レフなどによく投入されている「動体予測フォーカス」と似ています。

 

ボディーの大きさについて

とにかくサイズが小さいことが特徴なわけですが、重さが140gもあるのが残念で、これが130g以下だったら素晴らしいのになと思います。

「XZ1 Compact」の大きさは、ハガキよりはだいぶ小さいものの免許証やカードよりかなり大きく、強烈にコンパクトというわけではありません。

ディスプレイはそのままで、上下のベゼルをなくすことが出来たら強烈なコンパクトスマホになると思うのですが・・。

 

ディスプレイについて

ここがコンパクトゆえの泣き所・・。

ディスプレイが小さいからか特に華々しい性能でもなく、ほぼ前作と同じようなものでしょう。

 

もちろん、トリルミナスとX-Realityは前作に引き続き搭載されます。

 

防水防塵について

防水防塵完備で、Xperia XZ PremiumやiPhone7と同じIP65/68の防水規格となっています。

 

オーディオについて

ハイレゾはもちろん、ハイレゾでない音源をハイレゾのように再生できる「DSEE HX」も引き続き導入されます。

他は、「デジタルノイズキャンセリング」・「S-FORCE フロントサラウンド」も導入されています。

 

パフォーマンスについて

CPUは「Xperia XZ Premium」と同じスナドラの835で、いうまでもなく世界最高のチップセットです。

ダウンロードは最大800Mbps、アップデートは最大150Mbpsとかなり高速になっています。

 

しかし、同じスナドラの「XZ1」がダウンロード最大1Gbpsなので、200Mbpsほど転送速度が遅いようです。

スポンサードリンク

Xperia XZ1 Compactを買う前に、海外でのレビューまとめ

「XZ1」と共通の部分が多い「XZ1 Compact」の海外レビューを、簡単になるべく分かりやすいようにまとめました。

 

継ぎ目がなくなったボディーとデザイン

極限まで継ぎ目を排除したボディーは、手触り感や強度の向上に役立っています。

しかし、上下の大きいベゼルは明らかに時代遅れで、コンパクトを名乗るなら、ベゼルを極限まで縮めて今流行のベゼルレスを目指すべきです。

 

もう一つ、コンパクトといいながらボディーは分厚いと感じますが、サイドにある電源ボタンが指紋認証センサーになっているので、iPhone Xのような顔認証でも導入しない限り仕方がないでしょう。

また、セキュリティーは万全ですが、使い方によっては5~6日おきにパスワードを尋ねてくるのがわずらわしくも感じます。

カラーバリエーションは特に目新しくありませんが、ホライズンブルーは「X Compact」のミントブルーより光沢が強くなったことで、高級感も感じられるでしょう。

 

Android 8.0とSnapdragon 835のパフォーマンス

Android最新のOSを採用し、その中でも最大の特長であるピクチャー・イン・ピクチャーにも、「XZ1 Compact」はばっちり対応していました。

他のアプリと同時にライブや動画を見れる機能で、他にも新しい絵文字なども確認できました。

 

XZ Premiumと同じメインカメラ

コンパクトのサイズでありながら、ハイエンド機と同じカメラを配し、スローモーションも撮影できるのは素晴らしいと思います。

また、XZ Premiumのようなレンズの歪みは、判明するのに時間が必要です。

 

画期的な3Dクリエイター?

非常に素晴らしい機能ではありますが、1つ残念な点は、360度周回しながらスキャンするスピードがかなり遅いということです。

画期的な機能ゆえ、他にも細かい不具合や欠点が見つかるかと思います。

 

ただ、3Dプリンターのスキャナーとして使用できるので、その場合はこちらのコンパクトサイズの方が、長い時間の撮影に有利かと思います。

 

ディスプレイの解像度は普通

「XZ Premium」のディスプレイが5.46インチ、「XZ1 Compact」のディスプレイが4.6インチ。

1インチほどの違いで、4K HDRの超高画質の有無が左右されるのはおかしいと思います。

 

4.6インチだからHDRを期待してはいけないのが残念ですが、それでも前作の「X Compact」より映像の動きが滑らかに感じました。

高性能CPUの処理能力が、画素の反応速度を速めているからかもしれません。

 

多少、惜しいところはあるものの、iPhone 8より小さいコンパクトサイズは、他に競合相手が少ないのというのが実情です。

高性能でコンパクトサイズのスマホが欲しいのなら、唯一の候補となるでしょう!

スポンサードリンク

Xperia XZ1 Compactはドコモからしかリリースされない?!

「Xperia XZ1 Compact」には、日本のキャリアからリリースされるものと、海外からネットで輸入するSIMフリー版があります。

キャリア版の方は、基本的にドコモからしかリリースされません。

 

なぜかというと、もともとソニーはコンパクトサイズを作る気がなかったのですが、ドコモが日本ならコンパクトサイズの需要があるから作ってほしいとソニーにお願いしたという経緯があります。

結果は見事にヒットしたわけですが、ドコモの手前、売れたからといってauやソフトバンクにも卸すわけにはいきません。

 

「X Compact」や「XZ Premium」がドコモ限定であるように、さすが日本企業のソニーは義理堅いところがあるのです。

 

Xperia XZ1 Compactを買うならドコモと輸入のSIMフリーのどちらがおすすめ?

どちらがおすすめかというと、今のところキャリアの料金プランが未定ですが、なにせ高額なので、分割払いとワンセグがあるドコモ版が一歩リードです。

しかし、一括購入が可能で購入時期を遅らせることが出来る人は、ネット輸入にによるSIMフリー版の方も選択肢になるでしょう。

キャリア版のメリット

  • 分割払いができる!
  • ワンセグやおサイフケータイがある!
  • 技適や補償も大丈夫!

 

ネット輸入版のメリット

  • 格安SIMが使える!
  • DSDSも使える!
  • シャッター音がない!

 

どちらにも長所と短所があるので、結局は個人の都合で選ぶことになります。

 

XZ1 Compactの輸入版に使えるSIMは?

ドコモなら4つの周波数、ソフトバンクなら3つの周波数に対応しているので、どちらも問題なく使えます。

逆に言えばauとUQ以外はどこのSIMでも使えることになります。

 

ネット輸入のEXPANSYSがもう発売開始!!

ネットの輸入販売で有名な「EXPANSYS」から仮予約受付中です!

送料や税金などを含むと6万3千円あたりで、格安SIMで使いたい方には狙い目です。

 

安くはない代わり、日本でキャリアユーザーより早くゲットできます。

 

格安SIMで検討中の方は、SIMフリーの海外版を購入してみてはいかがでしょうか?

Xperia XZ1におすすめのSIMは?オンラインショップで楽できる!!

「XZ1 Compact」もワイモバイルなら超高速のデータ通信が可能です。

しかし、端末本体は必要ないのにわざわざショップに出向いて、長い時間待たされるなんてばからしいです。

 

結局、MNP(番号移行)は電話でしか出来ませんし、必要なのは小さい小さいSIMカードのみです。

Y!mobile

オンラインショップ

最寄りの

Y!mobile実店舗

待ち時間 ただ届くのを待つだけ 1~2時間
料金プラン 自由に選べる 指定されることも
オプション 自由に選べる ほぼ強制加入
コンテンツ なし ほぼ強制加入
質問とか チャットで質問 すぐ聞ける
実機 イメージのみ その場で見れる
SIMが手に入るまで 翌日発送なので2~3日後 その日じゅう

簡単にメリットとデメリットを並べてみました。

当日手に入らないのが難点ですが、その代わり店に行かなくてもいいので五分五分かもしれません。

 

どうせ端末は宅配で来るわけですから、SIMも宅配にしたいですね。

 

質問はチャットでもできますし、やっぱりY!mobileはオンラインショップの方がおすすめです!

 

オンラインストアの不安はチャットで解消できる!!

Y!mobileオンラインショップの公式HPを開くと、右隅にチャットのバナーが現れます。

そこをクリックすれば、

チャットで相談に乗ってもらうことができます。

ただし、朝10時から夜12時までです。

 

Y!mobileのオンラインストアで必要なものは?

本人を確認するための書類が必要です。

店舗でも免許証とかコピーされるので、基本的に同じです。

 

オンラインショップの場合、免許証などをスマホで撮影して、その画像データをアップロードして終了です。

 

結構簡単にできますので、「Y!mobile」ならオンラインショップで申し込んでみてはいかがでしょうか?

公式 Y!mobileオンラインストアはこちらをクリック!

 

また、キャリアの料金プランなどの新しい情報が入り次第、更新してお伝えしたいと思います!

<関連記事>

XperiaXZ Premiumのスペック・発売日・価格の予想・うわさまとめ SIMフリーでLINEモバイルがおすすめ!

2017.03.08

XperiaXZsのスペック・発売日・価格の予想・うわさまとめ (5月24日更新)

2017.03.09

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です