XperiaXZ1のスペック・発売日・価格・レビューまとめ ドコモ・au・ソフトバンクとSIMフリーのどちらがおすすめ??

9月初頭にドイツのベルリンで開かれたIFA 2017(国際家電見本市)で、SONYは「Xperia XZ1」・「Xperia XZ1 Compact」・「Xperia XA1 Plus」の3機種を発表しました。

デザインは、ついこの前に出たばかりの「Xperia XZ Premium」「Xperia XZs」などと見間違うくらい同じで、さすがにがっかり感もありました。

 

この3機種がリリースされたところで、ソニーの最上位フラッグシップ機は、もちろん「Xperia XZ Premium」に相違ありません。

では、なぜ?もうこんなに早く「Xperia XZ1」がリリースされるのでしょうか?

大きなポイントはOSが最新のandroid 8.0になったことしかなく、あとはわずかなマイナーチェンジがあるのみです。

とはいえ、まだ8.0を採用している主要なスマホは他になく、android 8.0一番乗りの機種というのは注目の一つになると思います。

 

今回は魅力がイマイチ伝わりにくい「Xperia XZ1」のスペックなどの情報や、大手キャリアとSIMフリーのどちらがおすすめかお伝えしたいと思います!

スポンサードリンク

Xperia XZ1とXperia XZ Premiumのスペックを比較!

Xperia XZ1 Xperia XZ Premium
OS Android8.0 Android7.0
CPU Snapdragon 835 2.45GHzx4+1.9GHzx4
DSDS 海外版のみ対応
メモリ 4GB
ディズプレイ 5.2インチ 5.46インチ
画質 1920×1080 IPS LCD 3840×2160 IPS LCD
電池容量 2700mAh 3230mAh
サイズ 148×73.4×7.4mm 156x77x7.9mm
重量 155g 163g
容量 64GB
指紋センサー 搭載
メインカメラ 1900万画素
インカメラ 1300万画素
防水・防塵 IP68
充電ポート USB Type-C
オーディオ ハイレゾ
NFC 搭載
カラー Moonlit Blue・Black

・Warm Silver・Venus Pink

Luminous Chrome・Deepsea Black

・Bronze Pink

発売日 2017年9~10月 2017年6月

CPUはどちらも世界最高のパフォーマンスを誇るスナドラ835です(他にGalaxy S8やAQUOS R)。

スペック以外にも違いをまとめてみると、

Xperia XZ1が優れている点

  • 3Dクリエイター機能
  • 背面が継ぎ目のないボディーで強度が向上
  • オートフォーカス連写
  • スピーカーの音圧向上

 

Xperia XZ Premiumが優れている点

  • 3840×2160もある4Kディスプレイ

 

OSに関してはいずれ「XZ Premium」も8.0にアップデートできます。

4K画質のディスプレイは「XZ Premium」のいいところですが、他の細かい部分では劣っているようで悲しいですね。

 

Xperia XZ1とXperia XZsのスペックを比較!

Xperia XZ1 Xperia XZs
OS Android8.0 Android7.0
CPU

 

Snapdragon 835

2.45GHzx4+1.9GHzx4

Snapdragon 820

2.15GHzx2+1.6GHzx2

DSDS 海外版のみ対応
メモリ 4GB
ディズプレイ 5.2インチ
画質 1920×1080 IPS LCD
電池容量 2700mAh 2900mAh
サイズ 148×73.4×7.4mm 146x72x8.1mm
重量 155g 161g
容量 64GB 32/64GB
指紋センサー 搭載
メインカメラ 1900万画素
インカメラ 1300万画素
防水・防塵 IP68
充電ポート USB Type-C
オーディオ ハイレゾ
NFC 搭載
カラー Moonlit Blue・Black

・Warm Silver・Venus Pink

Black・Warm Silver

・Ice Blue

発売日 2017年9~10月 2017年5月

OSとCPUが違うこと以外、スペック上の大きな違いはありません。

ただ、XZsのスナドラ820というのは、去年のチップセットなので性能は結構劣ります・・。

 

いずれXZsもOSがアップデートできますので、差がますます縮まりそうです。

スポンサードリンク

Xperia XZ1の価格と発売日

価格はイギリスで599ユーロなので、日本円に換算すると78,700円になります。

ネットの輸入版なら「Xperia XZ Premium」でも68,900円まで下がっているので、3Dクリエイターが必要でなければ「XZ Premium」の方が絶対いいと思います!

 

発売日に関しては、台湾やアメリカで9月19日から発売開始という情報があります。

もしそうだとしても、日本は10月上旬になりそうです。

 

Xperia XZ1ってどんな感じ?

「Xperia XZs」+ Snapdragon 835 + android 8.0 + 3Dクリエイター =「Xperia XZ1」

↑の式で簡単に表せました・・・。

 

基本的に「XZs」のリニューアルという感じで、ほとんど取り上げるところもありません。

しかし、唯一の特徴である「3Dクリエイター」が意外に凄いので、それを中心に見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

Xperia XZ1の新機能 3Dクリエイターとは?

3Dアバターを作れたり、それをAR(拡張現実)にしたり、3Dプリンターのカメラもこなします。

どれだけ凄いのか言葉では伝えにくいので、実際の撮影の流れを見ていただければ、3Dクリエイターについてある程度お分かりいただけるかと思います。

 

3Dアバターの作り方

やり方はまず、3Dにしたいモデルを左右から正面へ180度くらい周りながら撮影します。

すると、3D Face Scanが起動して、顔のサイドからスキャンしていきます。

読み取ったデータで、顔のフォルムを3Dグラフィック化していきます。

すると3Dグラフィック完成で、正面の出来映えが確認できます。

サイドへスクロールすれば、顔の側面の出来映えも確認できます。

あとはアバターのコスチュームを選べば、

3Dアバターの完成です。

 

作った3DアバターはARやSNSに

さらに「ポケモンGO」のような仮想現実(AR)に取り込めば、

ARの中で、モデル本人と3Dアバターの共演も。

3D stickerという機能もあって、作ったアバターをコラージュ(加工や合成)して、SNSで共有することもできます。

 

360度フルスキャンもできる

コスチュームをまとったアバターだけではなく、3Dプリントのような完全立体像も作れます。

モデルの外周を一周しながら撮影すると、

360度スキャンされ、

完全な3Dグラフィックデータが完成します。

横方向へぐるっとスクロールしたら、この通り後ろ側まで3Dグラフィックになっていることが確認できます。

指で隠れている部分は「Share」で、そちらにするとこのデータをSNSなどで共有でき、

3Dプリンターにデータを送ることもできます。

凄い機能だとは思いますが、果たしてこの機能がどれだけの人々に必要なのでしょうか?

 

Xperia XZ1のカメラについて

「XZ Premium」と「XZs」に続いて、「Motion Eye(モーションアイ)」カメラが導入されるようです。

その仕組みを簡単にいうと、カメラセンサーにもメモリをつけることにより、データを現行より約5倍の速さで転送できるようです。

そして、それを駆使したスローモーション機能が追加されました

 

スーパースローモーション(Super Slow Motion)


1秒の間に960カットの撮影を行うことで、スローモーション撮影を実現しています。

動画を撮影するときに、撮影モードをスローに切り替えることで、スロー映像が撮れるようです。

上のPR動画はXZ Premiumのものですが、XZ1も共通です。

こちらはXZsによるスローモーションの撮影例です。

 

先読みフォーカス機能(Predictive Capture)

右下がXZsによる撮影画像

Xperia XZでも導入されていた先読みフォーカス機能(プレディクティブキャプチャー)。

一眼レフなどによく投入されている「動体予測フォーカス」と似ています。

 

ディスプレイについて

4K画質のディスプレイはXperia XZ Premiumだけですが、HDRの方はこちらにもちゃんと導入されています。

他に、X-reality for mobileが、Xperia XZ PremiumやXZsと同じように採用されています。

 

トリルミナス映像とともにソニーの液晶テレビBRAVIAで培った技術で、解像度などに威力を発揮します。

 

HDRとは?

HDRとはハイダイナミックレンジの略で、簡単に言うと記録できる光の情報量や、輝度の範囲が大幅に増えたということです。

もっと簡単にいうと、今までは明るすぎた部分が白く飛んだり、暗すぎた部分が黒くつぶれたりしていたものが、ちゃんと描写できるようになるのです。

 

防水防塵について

防水防塵完備で、Xperia XZ PremiumやiPhone7と同じIP65/68の防水規格となっています。

 

オーディオについて

ハイレゾはもちろん、ハイレゾでない音源をハイレゾのように再生できる「DSEE HX」も引き続き導入されます。

他は、「デジタルノイズキャンセリング」・「S-FORCE フロントサラウンド」も導入されています。

 

パフォーマンスについて

CPUは「Xperia XZ Premium」と同じスナドラの835で、いうまでもなく世界最高のチップセットです。

ダウンロードは最大1Gbps、アップデートは最大150Mbpsとかなり高速になっています。

スポンサードリンク

Xperia XZ1を買う前に、海外でのレビューまとめ

レビューといっても、ほとんどが「XZs」と同じなので、「XZs」と違う点に絞ってまとめています。

 

継ぎ目がなくなったボディーとデザイン

極限まで継ぎ目を排除したボディーは、手触り感や強度の向上に役立っています。

しかし、上下の大きいベゼルは明らかに時代遅れで、その余ったスペースにホームボタンでも配置すべきです。

 

ただ、サイドの電源ボタンにある指紋認証センサーは、便利で素晴らしいが、5~6日おきにパスワードを尋ねてくるのがわずらわしいことも多いです。

カラーバリエーションは、ブルー以外、特に目新しくありませんが、ムーンライトブルーはここ最近のXperiaシリーズにはない色で、この色が気に入ったのなら買う価値はあるでしょう。

 

Android 8.0とSnapdragon 835のパフォーマンス

Android最新のOSを採用し、その中でも最大の特長であるピクチャー・イン・ピクチャーにも、「XZ1」はばっちり対応していました。

他のアプリと同時にライブや動画を見れる機能で、他にも新しい絵文字なども確認できました。

GeekBench 4.1のマルチコアでは、「XZ Premium」より成績が良かったのが印象的です。

ところが、GeekBench 4.1のシングルコアでは、「XZ Premium」と差はほとんどありませんでした。

ベンチマークで比較された機種はスナドラ835を積んだ機種ばかりですが、なぜかそうではない「LG G6」が含まれているのは???

 

画期的な3Dクリエイター?

非常に素晴らしい機能ではありますが、1つ残念な点は、360度周回しながらスキャンするスピードがかなり遅いということです。

画期的な機能ゆえ、他にも細かい不具合や欠点が見つかるかと思います。

 

発展途上とはいえ画期的な3Dクリエイターに魅力を感じたら、買ってみるのもいいでしょう!

スポンサードリンク

Xperia XZ1を買うなら、ドコモ・au・ソフトバンクとSIMフリーのどちらがおすすめ??

「Xperia XZ1」には、日本のキャリアからリリースされるものと、海外からネットで輸入するSIMフリー版があります。

キャリア版の方は、ドコモとauとソフトバンクの全てからリリースされることになりました。

 

どちらがおすすめかというと、今のところキャリアの料金プランが未定ですが、なにせ高額なので、分割払いとワンセグがあるキャリア版が一歩リードです。

 

キャリア版のメリット
  • 分割払いができる!
  • ワンセグやおサイフケータイがある!
  • 技適や補償も大丈夫!

と理由を3つ挙げましたが、並行輸入版にもメリットがあります。

 

ネット輸入版のメリット
  • 格安SIMが使える!
  • DSDSが使える!
  • シャッター音がない!
  • キャリア版より早くGETできる!

どちらにも長所と短所があるので、結局は個人の好みで選ぶことになります。

 

XZ1の輸入版に使えるSIMは?

ドコモなら4つの周波数、ソフトバンクなら3つの周波数に対応しているので、どちらも問題なく使えます。

逆に言えばauとUQ以外はどこのSIMでも使えることになります。

 

ネットで並行輸入版の発売がもう始まった!!

アマゾンやEXPANSYSで「XZ1」が一足早く購入できるようになりました。

アマゾンの方が安心して買えるという方が多いと思うのですが、その代わりアマゾンの方が1~2千円ほど高いようです。

 

「XZ Premium」の方が価格が安いので、3Dクリエイターが不要なら「XZ Premium」の方がよさようですね!

 

amazonで「XZ1」を購入するなら!

並行輸入版といってもアマゾンの場合、台湾から輸入されますので、コンセントはそのまま使うことができます!

東日本 西日本 台湾
周波数 50Hz 60Hz
電圧 100V 110V

周波数は西日本と同じだから大丈夫として、電圧も100Vから240Vまでとコンセントに表記があるので問題ありません。

また、台湾版は初期設定こそ中国語ですが、日本語に設定するだけで簡単に日本版と同じようになります。

「XZ1」をamazonで検討されている方は、キャリアより一足早く買ってみるのはいかがでしょうか?

ブラックはこちら

ムーンライトブルーはこちら

ワームシルバーはこちら

 

amazonで「XZ Premium」を購入するなら!

間もなくandroid 8.0のアップデートも配布されますし、4Kディスプレイなんかは「XZ Premium」だけなので、こちらの方も見逃せません。

ちなみに、台湾版はワンセグとおサイフケータイもOKらしいです。(XZ1もおそらく大丈夫でしょう)

 

もはや、キャリア版の利点は分割払いのみ。

3Dクリエイター不要なら4K画質の「XZ Premium」が安いので迷うかもしれませんね!

ディープシーブラックはこちら

ルミナスクローム(シルバー)はこちら

 

EXPANSYSで「XZ1」を購入する場合

ネットの輸入販売で有名な「EXPANSYS」から発売開始されましたが、現在、全色売り切れ中です。

しかし、申し込んでも2週間以内には届けられるので購入はできます。

 

送料や税金などを含むと7万5千円あたりで、「XZ Premium」とほぼ同額になっています。

検討中の方はどちらをお選びになるのでしょうか?

また、キャリアの料金プランなどの新しい情報が入り次第、更新してお伝えしたいと思います!

スポンサードリンク

<関連記事>

XperiaXZ Premiumのスペック・発売日・価格の予想・うわさまとめ (7月7日更新)SIMフリーでLINEモバイルがおすすめ!

2017.03.08

XperiaXZsのスペック・発売日・価格の予想・うわさまとめ (5月24日更新)

2017.03.09

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です