Xperia XZ3のスペック・価格・発売日のうわさや予想まとめ:有機EL(OLED)を初採用!

IFA2018が開催され、「Xperia XZ3」の全貌も明らかになってきました。 冒険やら無謀と言われたアンビエントフロー(流線型)デザインは、巷にあふれるノッチホンよりは好感が持てるものの、テーブルに置いたら回転するとか、指紋認証の位置が悪くなったという欠点もありましたね。

Xperiaに初の有機EL(OLED)がXZ3にも搭載されるという情報も聞こえてきたので、ここはXperiaユーザーの1人としてもリサーチせずにはいられません。

 

今回はXperia XZ3のスペックと発売日や価格などを、うわさや情報を元に予想も交えてまとめました。

スポンサードリンク

Xperia XZ3とXZ2のスペックを比較してみた

XZ3 XZ2
OS android9.0 android8.0
CPU SD845
2.7GHzx4+1.7GHzx4
メモリ 4GB 4/6GB
ストレージ 64GB
ディスプレイ 6インチ 5.7インチ
画質 2880×1440 2160×1080
表示方式 OLED IPS
電池容量 3300mAh 3180mAh
サイズ 158×73
x9.9mm
153×72
x11.1mm
重量 193g 198g
指紋認証
メイン
カメラ
 19MP
インカメラ 13MP 5MP
防水・防塵 IP68
充電ポート USB Type-C
NFC
発売日 2018年10月 2018年3月

Xperiaは大きなモデルチェンジが年1回、半年後にマイナーチェンジ1回という流れなので、「XZ3」のスペック予想は大筋でいい線いってると思います。

予想は2つ外れました。 外れたのは、1つはディスプレイにとうとう有機EL(OLED)が採用されたことと、メインカメラが1つしかないことです。

XZ3の方が特に優れている点

  • 表示方式が有機EL(OLED)
  • OSが新しいandroid 9.0(pie)
  • ジェスチャー機能が新登場
  • インカメラが1300万画素に戻った
  • ボディーが薄くなった
  • 3Dクリエーターに表情が追加

アンビエントフローという斬新な流線型スタイルを打ち出したXZ2シリーズですが、分厚過ぎるとか机などに置いた時の安定性が悪いとか不都合もあったので、少しボディーを薄くして背面の平らな部分も増やしたようです。

あと、HTC U 11のエッジセンスのパクリ?Xperiaにもサイドセンスというジェスチャー機能が搭載されました。

あと、XZ1では1300万画素あったインカメラが、不思議なことにXZ2では500万画素に下げられました。 確かに500万画素でもそんな不都合はなかったように感じますが、変な劣等感や損失感が感じられたので、XZ3では元の1300万画素に戻されました。

 

Xperia XZ3とXZ2 Premiumのスペックも比較してみた

XZ3 XZ2
Premium
OS android9.0 android8.0
CPU SD845
2.7GHzx4+1.7GHzx4
メモリ 4GB 6GB
ストレージ 64GB
ディスプレイ 6インチ 5.8インチ
画質 2880×1440 3840×2160
4K
表示方式 OLED IPS
電池容量 3300mAh 3180mAh
サイズ 158×73
x9.9mm
158×80
x11.9mm
重量 193g 236g
指紋認証
メイン
カメラ
19MP 19MP+12MP
インカメラ 13MP
防水・防塵 IP68
充電ポート USB Type-C
NFC
発売日 2018年10月 2018年8月

XZ3の方が特に優れている点

  • 表示方式が有機EL(OLED)
  • OSが新しいandroid 9.0(pie)
  • ジェスチャー機能が新登場
  • ボディーが薄くなった
  • 3Dクリエーターに表情が追加

差別化の観点から、XZ3にカメラが1つしかないのはまあ仕方がないのかな思います。

 

XZ2 Premiumの方が優れている点

  • 画質が4K
  • カメラがデュアルで暗さに強い

ディスプレイが有機ELをとるのか?4Kをとるのか? このあたりは好みにもよりますが、どちらかというと省エネにもなる有機ELに軍配が上がりそうです。

 

XZ3とXZ2 Premiumの差別化が難しい・・

XZ2は明らかにXZ3より劣っています。 というか何も勝てていません。

しかし、XZ2 PremiumとXZ3を比べたら、双方に長所と短所があるのでどちらを選ぶか非常に迷いそうですね。 普通の場合、価格が高ければすべての機能がそろうはずなのに、Xperiaは価格も同じような感じで機能もずれているとかまとまりが無くて困ります。

スポンサードリンク

Xperia XZ3の発売日や価格は?

9月中旬は新型iPhone発表があるのでその時期はスルーし、「XZ3」は海外で9月末~10月、日本では10月末~11月に発売されると予想します。

価格は早くも800ユーロ(日本円で約10万4千円)という高額な予想がされています。 「XZ2 Premium」に続いて、「XZ3」がデュアルカメラを搭載するか否かでその後の価値は大きく変わるでしょう。

 

XZ3は三大キャリアで発売される?

Premium系とCompact系はドコモの専売でしたが、「XZ2 Premium」からはドコモに加えてauも参入しましたね。 「XZ2」は3大キャリア全てで発売されましたが、「XZ3」はドコモとauだけになる可能性もあります。

 

Xperia XZ3の特長は?

基本的に「XZ3」は「XZ2」のマイナーチェンジなのですが、先述の通り「XZ3」には有機ELが搭載されています。

XZ3の主な特長

  • 初の有機EL搭載
  • OSが新しいandroid 9.0(pie)
  • ジェスチャー機能も搭載
  • XZ2シリーズよりボディーが薄い
  • 3Dクリエイターに表情を追加

スポンサードリンク

XZ3のディスプレイ

iPhone Xに続いてやっとXperiaにも有機EL(OLED)モデルが登場しました。 OLEDと称していることから供給元はLGですかね?

そのOLEDを採用することで、主に3つの効果が期待できます。

  • 従来のIPS液晶より色の表現域が広い
  • 応答速度が速い
  • 1つ1つの画素自体が発光するので、バックライトが不要になり消費電力を節約できる

 

何でもっと早くOLEDに変更したなかったんだとも思いますが、サムスンとLGしかOLEDを生産していないので事情は察します・・。

OLEDになって消費電力が大幅に減ったので、待機状態でも必要最低限の表示をさせておくことが可能になりました。

 

XZ3のデザイン

今までの箱型を崩して、流線型(アンビエントフロー)へ変革したXperiaのデザイン大冒険は、少々詰めが甘かったために賛否両論となってしまいました。 しかし、XZ3では表示をOLEDにしたためにバックライトのスペースが不要になり、その分だけボディーを薄くすることができた様です。

写真は所有のXZ2でXZ3も位置は同じ

ただ、指紋認証の位置が使いにくいという欠点は、2018年度のデザイン根幹をいじる必要があるので、ここは残念ながら「XZ4」以降に持ち越されると思います。

カラーバリエーションは無難なブラックとホワイトシルバー、

それにフォレストグリーンとボルドーレッドを加えた4色です。 グリーンはXZ2とほぼ同じような感じですが、XZ2のピンクから紫に近いようなレッドに変更されています。

ボルドーというフランスワインにちなんだその名前はなかなかピッタリなネーミングだと思います。

 

XZ3のカメラ

今や当然の機能ともいえるデュアルカメラが、Xperiaで初めてXZ2 Premiumに採用されたわけですが、このXZ3にデュアルカメラは差別化のために採用されませんでした

XZ2 Premiumの場合、標準ともう1つのカメラは望遠とかではなくモノクロカメラだったので、XZ3の場合、その効果である暗い場所での撮影性能がちょっと落ちてしまいます。

かねてからの機能である先読み撮影やスーパースローモーションは、より使いやすくなっているようです。

XZ3の3Dクリエイターには表情を読み込む機能が追加されたようですが、それがどのような感じなのか不明なので、分かり次第追記します。

 

XZ3のパフォーマンス

XZ3のチップセットはXZ2と同じはずなので、基本的なデータ処理能力は同じかもしれませんが、XZ3にはandroid 9.0(pie)が採用されるので、消費電力のカットなどや使い勝手の向上が期待できます。

android9.0(Pie)の新機能や変更点と、搭載される機種は?

2018.07.24

また、android 9.0にある機能「AI予測」を使ったサイドセンスというジェスチャー機能も初搭載されています。

ディスプレイのエッジ部分を2回タップすれば、次に使うであろうアプリをAIが予測して起動させてくれるというもので、設定で任意のアプリを指定することも可能です。

一見、HTC U11のエッジセンスと同じに思いますが、エッジセンスはあらかじめジェスチャーが決まっているのに対し、サイドセンスはAIがユーザーの行動を予測するので操作が単純です。

 

Xperiaの得意分野である音楽機能は、XZ2シリーズに引き続いてダイナミックバイブレーションが搭載されています。

所有のXZ2によるダイナミックバイブレーションの効果を見るために動画を撮りました。 ガムテープなど、空洞部分があるものの上にXZ2本体を置き、ダイナミックバイブレーションを強にしたまま再生します。 スマホが揺れるので少しずつ滑り、スマホの下に隠れていたミッキーの顔が少しずつ見えてきます。

曲を換えて、今度はスマホの上にチケットを置いたら、曲に合わせて揺れ動いていきます。 XZ3でも同様の効果が期待できます。

Xperiaなら当然ですが防水防塵性能もIP68と完璧です。 (ちなみにiPhone Xはランク下のIP67)

また新しい情報が入り次第、更新してお伝えしたいと思います!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です