Zenfone5(2018)ZE620KLのスペック・発売日・価格のまとめ(iPhoneXにそっくりでも防水は・・なし)

ASUSが満を持してリリースしたはずの「Zenfone 4シリーズ」は、ASUSの時代の読みの甘さにがっかりした方も多かったのではないでしょうか?ベゼルが多く変わり映えのないデザイン、そして未だに防水対策ができていない上に、高すぎる価格などが特にがっかりポイントでした。

で、MWC2018を見てみると新しい「Zenfone 5」は、かねてからのうわさ通り「iPhone X」そっくりになりました!

 

また、ASUSの幹部が、次期作は絶対に防水対応すると公言していたのに・・今回も防水は見送られて残念です。

正直、Zenfoneにはもう一度復活して欲しいですね!

 

今回は、MWCで発表された「Zenfone5 ZE620KL」(2018)のスペック・発売日・価格について、情報や予想をまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

Zenfone5(2018)のリーク情報

かなり前からスペインで開かれるMWC2018で、もう次の「Zenfone 5」を発表するといううわさが出回りました。公式のASUSグローバル版には「BACK TO 5」の文字が躍っています。

その意味は3年半前に一度「Zenfone 5」がリリースされているからなのですが、その割に「WE LOVE PHOTO」と「Zenfone 4」と同じキャッチコピーを使いまわしています。

左が「Zenfone 5」で、右が「iPhone X」

今回のMWCで3種類のZenfoneが発表されました。中でも最上位機種の「Zenfone5z」と無印の「Zenfone5」が、「iPhone X」そっくりになっているようです

パクリと思われるかもしれませんが、実はファーウェイの「P20 Pro」・シャープの「AQUOS S3」なども、ほぼ同じデザインになっています。いちおう、切欠きの部分が「フルーツホンX?」(笑)より幅が小さくなったことをアピールしています。

 

Zenfone5(2018)とZenfone4のスペックを比較してみた

Zenfone5(2018) Zenfone4
OS Android8.0 Android7.0
CPU Snapdragon636
1.8GHzx8
Snapdragon660
2.2GHzx4
+1.8GHzx4
AI Boost
DSDS 対応あり
メモリ 4/6GB
ストレージ 64GB
ディスプレイ 6.2インチ 5.5インチ
画質 2246×1080
 Super IPS
1920×1080
IPS
RAW
電池容量 3300mAh
サイズ 153×75.7n7.9mm 155.4×75.2×7.7mm
重量 155g 165g
指紋認証
顔認証
メイン
カメラ
1200万画素+800万画素
イン
カメラ
800万画素
ZenMoji
防水・防塵
充電ポート USB Type-C
オーディオ ハイレゾ
NFC
発売日 2018年4月 2017年9月

今回のラインナップはうわさ通り「Zenfone 5z」・「Zenfone 5」・「Zenfone 5 Lite」の3機種で、最上位の「Zenfone 5z」はCPUもスナドラ845になっています。

「WE LOVE PHOTO」と言うくらいですから、カメラ機能には力を注いでいます。「Zenfone 4」のデュアルカメラは、ワイドと標準の2つの画角に差がなく、デュアルである必要はなかったと思いますので、もう一度デュアルカメラの役割を見直してくれたらいいなと思います。

 

「今回こそ防水対策をしてくれるだろう!」という期待は裏切られ、「Zenfone 5」はいまだに防水じゃないという残念な結果になりました。

スポンサードリンク

Zenfone5(2018)の発売日と価格(予想)

「Zenfone 5」の発売日は台湾や海外では4月ですが、「Zenfone 5 Lite」は3月、「ZEnfone 5z」は6月と発表されました。日本はその1か月か1か月半遅れと思います。

価格は「Zenfone 5z」が6万円くらいということで、MWCの会場は大いに沸きました。「Zenfone 5」の価格はフランスのHPでも不明ですが、CPUの性能が低いので4万円あたりが妥当ではないでしょうか?

 

Zenfone5 ZE620KL(2018)ってどんな感じ?

ではさっそく「Zenfone5 ZE620KL」を見ていきましょう。asusは本国の台湾やヨーロッパなどでもZenfone5について詳しく発表していませんが、フランスでのファーウェイ新機種発表会に対抗して、ASUSフランスでのみ詳細が発表されています。

 

Zenfone5のカメラ

デュアルカメラは前作の「Zenfone 4」と同じでも、今度の「Zenfone 5」にはAIが先に表記されています。この「Zenfone 5」2018シリーズにはいろんな機能が、冒頭に「AI(人工知能)」と銘打っています。

前作同様「Zenfone 5」ではRAW撮影が可能で、写真の知識があれば、PCなどで高度な画像処理も期待できます。

そのAI機能の一つ、「AI scene detection」(自動シーン検出機能)とは、スマホカメラのセンサーが被写体を16通りのシーンにに判別して、そのシーンに応じた適正な露出(明るさ)やカラーバランスで撮影できるというものです。

あと「NIGHT HDR」といって、夜などの暗い場所で撮影するときに、HDR機能が発動するようになっているそうです。

HDRとはハイダイナミックレンジの略です。スマホのカメラではとらえられる明るさの範囲がせまいので、明るい部分に照準を合わせた画像と、暗い部分に照準を合わせた画像を、合成して一つの画像にするというものです。

スポンサードリンク

Zenfone5のデザイン

いくら「Zenfone 5」の表面が「iPhone X」に似ていても、背面は年輪のような金属削り模様のスピンデザインは健在です。さらに「Zenfone 5」の重さが155gと、前作の「Zenfone 4」より10gも軽くなっています。

ちなみに「iPhone X」は重さが177gもあって、「Zenfone 5」より22gも重いです。

 

Zenfone5のディスプレイ

ベゼルたっぷりで野暮ったいZenfoneのディスプレイが、いま流行の9対16ではなく、9対19というさらに縦長のアスペクト比になりました。先にも取り上げたように、「Zenfone 5」は「iPhone X」よりノッチの幅が狭いので、画面占有率が4%ほど向上したことをアピールしています。

  • Zenfone 5・・画面占有率90%
  • iPhone X・・画面占有率86%

 要は「パクった!」と言われないための布石ですが、過去にはiPhoneがZenfoneやファーウェイなどをパクったこともあるので問題ないでしょう。

また、AIディスプレイと銘打っていますが、内容は現場の状況に応じて、ディスプレイの明るさやカラーバランスを調節するという、今やありふれた技術でAIをわざわざつける必要はないでしょう。

上部のノッチ以外の部分は、「iPhone X」と同じように簡単なお知らせ機能が表示されます。

 

Zenfone5のパフォーマンス

CPUなどの計算処理能力は、「Zenfone 5z」がスナドラ845という最高の性能であるのに対し、「Zenfone 5」の方はスナドラ636が採用されています。前作の「Zenfone 4」より処理能力を下げてきたことは残念ですが、その分、価格も抑えていてくれたらと願ってしまいます。

なお、新機能として「AI BOOST」が追加されていて、重いゲームをプレイする時などに「AI BOOST」を起動すれば、処理能力が13%ほど向上するようです。

 

Zenfone5のバッテリー

またまた機能にAIを冠してきて、その割には変わり映えが少ないのですね。バッテリーには「AI CHARGING」といって、日々の生活パターンを分析して節電を図るという機能です。

ここ最近、急に増えたワイヤレス充電には全く対応していませんが、充電方式は従来通りUSB Type-C仕様の急速充電対応となっています。

スポンサードリンク

Zenfone5のオーディオ

ハイレゾやdtsサラウンドは従来と同じですが、ステレオスピーカーはさらに大型に改善しました。

また、オーディオの表示機能も一新されたようです。

 

Zenfone5のセキュリティー

「Zenfone 5」は従来の高速指紋認証は継続しながらも、簡単な顔認証機能も追加されました。ただ、「Zenfone 5」の顔認証は「iPhone X」のような完成度にはなっていないと、メーカーのASUSが断言したのが残念でした。

フランスのHPには「指紋認証なら0.3秒でロック解除」と表記されているだけで、顔認証については詳しく書かれていません。しかし、ノッチ内に3Dなどの特別なセンサーは見当たらないので、ファーウェイのP20シリーズと同じ画像認証方式と思います。

 

Zenfone5の新機能ZeniMoji

「ZeniMoji」(ゼニー文字)と言って、Xperia XZシリーズやiPhone Xと同じようなARの3Dアバター機能が「Zenfone 5」にも搭載されました。

「Zenfone 5」のZeniMojiは「iPhone X」のアニ文字とほぼ同じで、キャラクターと被写体の表情が連動するアバターが作れます。

そのアバターはSNSなどで使え、チャット機能ではアバターが動いたりしています。その元となるキャラクターは、前もってインストールされたものだけが使用できるみたいです。

 

MWCでZenfoneの新型が発表されるのは異例です。「Zenfone 4」の売り上げが奮わなかったので、焦っているように感じてしまいます。

しかし、日本にはZenfoneのファンが結構いるので、「Zenfone 5シリーズ」はもっと頑張ってほしいです!

 

また、新しい情報が入り次第更新していきたいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です