Zenfone 5(2018)のスペック・発売日・価格の予想やうわさのまとめ  

「Zenfone 5z」か「Zenfone 5 Pro」?

ASUSが満を持してリリースしたはずの「Zenfone 4シリーズ」は、ASUSの時代の読みの甘さにがっかりした方も多かったのではないでしょうか?ベゼルが多く変わり映えのないデザイン、そして未だに防水対策ができていない上に、高すぎる価格などが特にがっかりポイントでした。

価格.comの人気スマホランキングでは、4位に「Zenfone 4 Max」という下っ端がランクインしているのが精いっぱいで、肝心の「Zenfone 4」は15位ということからして、いかに日本で人気がなくなったのかよく分かるのではないでしょうか?人気ランキング上位を見ると2万~3万円あたりの機種がほとんどです。

「Zenfone 5」と思われる機種

ASUSは日本で「Zenfone 4シリーズ」が予想より売れなかったので、次の「Zenfone 5」も売れなかったら日本市場から撤退する、といううわさも聞こえてきました。また、ASUSの幹部が、次期作は絶対に防水対応すると公言していましたね。

正直、Zenfoneにはもう一度復活して欲しいですね!

 

今回は早くもMWCで、もう発表されるとうわさの「Zenfone 5 2018」のスペック・発売日・価格について予想をまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

Zenfone 5(2018)のリーク情報

とりあえず2月27日からスペインで開かれるMWC2018で、もう次の「Zenfone 5」を発表するといううわさが出回りました。確かに、公式のASUSグローバル版には「BACK TO 5」の文字が躍っています。

その意味は3年半前に一度「Zenfone 5」がリリースされているからなのですが、その割に「WE LOVE PHOTO」と「Zenfone 4」と同じキャッチコピーを使いまわしています。

今回のMWCで3種類のZenfoneが発表され、中でも6月頃に発売予定の最上位機種の「Zenfone 5z」が、「iPhone X」そっくりになっているようです。パクリと思われるかもしれませんが、実はファーウェイの「P20 Pro」・シャープの「AQUOS S3」なども、ほぼ同じデザインになっています。

全面ディスプレイにしてしまうと、どうしてもセルフィーカメラとか切欠き部分が発生します。このあたりはもう仕方がないのかもしれません。

 

Zenfone 5(2018)とZenfone 4のスペックを比較してみた(予想)

Zenfone 5(2018) Zenfone 4
OS Android8.0 Android7.0
CPU Snapdragon660 2.2GHzx4+1.8GHzx4
DSDS あり
メモリ 4/6GB
ストレージ 64GB
ディスプレイ 5.5インチ
画質 2560×1440
Super AMOLED
1920×1080
IPS
電池容量 3300mAh
サイズ ? 155.4×75.2×7.7mm
重量 ? 165g
指紋認証 あり
メイン
カメラ
1600万画素 x2 1200万画素
+800万画素
イン
カメラ
1300万画素 800万画素
防水・防塵 対応
充電ポート USB Type-C
オーディオ ハイレゾ
NFC
発売日 2018年3月 2017年9月

海外で予想されているのは「Zenfone 5z」・「Zenfone 5」・「Zenfone 5 Lite」で、最上位の「Zenfone 5z」はCPUもスナドラ845になるんじゃないかと言われています・・。ただ、最下位機種は名前が「Zenfone Max Pro」になるかもしれません。

「WE LOVE PHOTO」と言うくらいですから、カメラ機能は大幅に進化するかもしれません。「Zenfone 4」のデュアルカメラは、ワイドと標準の2つの画角に差がなく、デュアルの意義があまりなかったと思いますので、そのへんを改良してくれたらと思います。

 

あと、日本で今一つ売れない理由として、かねてから言われ続けた防水対策は、公言通り対策済みと信じたいと思います。

スポンサードリンク

Zenfone 5(2018)の発売日と価格(予想)

「Zenfone 5z」か「Zenfone 5 Pro」?

「Zenfone 5」の発売日は、予想ですが3月くらいではないでしょうか?ASUSの過去にリリースした春のモデルは、「Zenfone Live」が5月「Zenfone AR」6月でした。

価格は予想が4万後半ですが、希望する価格は「Zenfone 5」なら3万円くらいにしてほしかったのですが・・・、このリーク情報通りだと、もう少し高そうな予感がします。「Zenfone 5z」は「iPhone X」にそっくりなだけあって、最悪10万近くするかもしれませんね。

「Zenfone 5 Lite」は3万円以下を目指して欲しいです。

 

Zenfone 5(2018)ってどんな感じ?(予想)


上のリーク情報は、リークで定評あるEvan Blass氏によるものだったと思いますが、購入者マニュアルの一部が漏れた様です。デザインは予想通りで、あまり変わり映えなく、ベゼルも多めです。

防水かどうかはまだ不明です。
上のリークデータは、おそらく「Zenfone 5 Lite」にあたるものではないかと言われています。ただ、機種名は中国などでは「Zenfone 5 Family」だとする声もあります。なお、上に該当する機種が、Wi-Fi Allianceの認証を取得したことから情報が漏れた様です。

ちゃんとOSはandroid 8.0(OREO)になっていますね。

また、ロシアでは「Zenfone 5 Lite」が規制当局で承認されたとかいう情報もあります。上の文書はキリル文字ですし、Zenfoneにとってロシアは重要顧客なので、あり得る話ですね。

ロシアでHPに使われるかもしれない「Zenfone 5 Lite」のイメージカットです。

もうほぼ完成形というかこのまま発売されそうです(笑)。「Zenfone 5 Lite」は背面と正面のダブルデュアルカメラになっているようです。

これで防水だったらかなり期待できますよ~これは・・。

記載された型番が「ZC600KL」っていうのも信憑性があります。ちなみに「Zenfone 4」の型番はZE554KLで、他の機種も500番台になっています。

中国のSNSである微博(ウェイボー)では、「Zenfone 5」・「Zenfone 5 Lite」・「Zenfone 5 Max」の3機種がMWC2018で発表されるのではと予想されています。ASUSはいつも、2~3機種同時に発表するので、その可能性はあるかもしれません。

残念ながら想像の域を越えることは出来ませんでしたが、Zenfone復活のためには防水とベゼルレスとデュアルカメラの望遠をもっとよくすれば、日本でも売れる可能性があります。

 

はっきり言ってMWCでZenfoneの新型が発表されるのは異例です。「Zenfone 4」の売り上げが奮わなかったので、焦っているように感じてしまいます。それでも、日本にはZenfoneのファンが結構いるので、5で頑張ってほしいです!

 

また、新しい情報が入り次第更新していきたいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です