ZenFone 4 Maxのスペック・発売日・価格の予想・うわさまとめ Max Proとの違いはカメラの性能だけ

8月19日からASUSの本国である台湾において、初めて「Zenfone 4シリーズ」の公開が予定されているはずなのですが、なぜかロシアでは先行して「Zenfone 4 Max」だけが発表済みです。中国のファーウェイがロシア先行で様子を見たりするようですが、台湾のメーカーでは初めてかもしれません。

 

ASUSがロシアに上陸したのは2014年と歴史も浅く、おまけにロシアは何よりもサムスンが大好きなお国柄です。なぜ「Zenfone 4 Max」だけロシア先行かというと、それはMaxが大容量バッテリーモデルだからです。

モスクワの街角にあるサムスンのPR

ロシアでは、夏を除いて大半の地域で気温が低すぎるために、バッテリーの消耗が早くて困っているそうです。あ~なるほど・・と納得してしまいましたが、サムスンはバッテリー事故のせいでバッテリーの大容量化は厳しいため、ASUSが痛いところを突いてきたようです。

 

まあ、そんなことはおいといて、日本やその他の国々でもいずれ展開される前に、ひと足早くロシア版でチェックしてみました。

日本での発売 特徴
Zenfone 4 Pro 10月下旬から発売 新シリーズの最高峰
Zenfone 4 9月23日から発売 標準
Zenfone 4 Selfie pro 9月23日から発売 セルフィーに特化
Zenfone 4 Max Pro 後で出るはず? バッテリーが大きい
Zenfone 4 Selfie 海外限定 Selfie proの廉価版
Zenfone 4 Max 12月から発売 Max Proの廉価版

現在判明しているのは上の6種で、ASUSの場合は遅れてLaserとかUltraとか機種の追加もありそうです。ここで取り上げているのは、ロシアで発売される「Zenfone 4 Max(ZC554KL)」ですが、日本や台湾では「Zenfone 4 Max Pro(ZC554KL)」という機種のようです。

 

日本でも12月からこちらの安いタイプが発売されます!

 

今回はコスパモデルの「Zenfone 4 Max」の性能(スペック)や発売日および価格などを、情報を元にまとめたり予想したりしてみました。

スポンサードリンク

Zenfone 4 Max Proと、Zenfone 4 Maxのスペックを比較!

このように2つが同時に発売される国はないでしょう

Zenfone 4 Max Zenfone 4 Max Pro
OS Android7.1
CPU Snapdragon 430 1.4GHzx8
DSDS 対応
メモリ 3GB
ディズプレイ 5.5インチ
画質 1280×720 IPS
電池容量 5000mAh
サイズ 154×76.9×8.9mm
重量 181g
容量 32GB
指紋センサー 搭載
メイン

カメラ

1300万画素 f2.0 26mm

+12mm

1600万画素 f2.0 26mm

+12mm

インカメラ 800万画素 f2.2 24mm 1600万画素 f2.0 26mm
防水・防塵 x
充電ポート micro USB 2.0 / USB On-The-Go
オーディオ ステレオ
NFC x
カラー Titanium Gray・Rose Pink

・Sand Gold

Deepsea Black・Rose Pink

・Sand Gold

発売日 2017年8月上旬(ロシア) 2017年9~10月

カメラ以外のスペックは同じで、あとはカラーがグレーか黒かの違いくらいです。

画素数が1600万画素必要なら「Zenfone 4  Max Pro」、そうでなければ「Zenfone 4  Max」でも大丈夫でしょう。

 

Zenfone 4 Maxと、Zenfone 3 Maxのスペックを比較!

Zenfone 4 Max Zenfone 3 Max
OS Android7.1 Android6.0
CPU Snapdragon 430 1.4GHzx8
DSDS 対応
メモリ 4GB 2/3/4GB
ディズプレイ 5.5インチ
画質 1280×720 IPS 1920×1080 IPS
電池容量 5000mAh 4100mAh
サイズ 154×76.9×8.9mm 156.4×77.4×7.5mm
重量 181g 175g
容量 32GB
指紋センサー 搭載
メインカメラ 1300万画素  f2.0(デュアルカメラ) 1600万画素 f2.0
インカメラ 800万画素 f2.2
防水・防塵 x
充電ポート micro USB 2.0 / USB On-The-Go
オーディオ ステレオ
NFC x
カラー Titanium Gray・Rose Pink

・Sand Gold

Glacier Silver・Titanium Gray

・Sand Gold・Rose Pink

発売日 2017年8月上旬(ロシア) 2017年2月

パフォーマンスの点で見ると、CPUが全く変わらないという、ある意味珍しい仕様になっています。なんだか前作の余った部品を流用したかのようで、ちょっと残念な気もします。

 

しかし、この価格帯でデュアルカメラ採用という、頼もしい点は見逃せませんね!また、最大の特長でもあるバッテリーは5000mAhというデカさで、シベリアの極寒でも耐えられるでしょう。

スポンサードリンク

Zenfone 4 Maxの発売日と価格

価格はロシアで13,900ルーブルなので、日本円に換算すると約25,600円となってしまいます。

 

前作の「Zenfone 3 Max」は、発売当初から19,800円と2万を切っていたので、割高に感じて残念です。なお現在でも、前作の「Zenfone 3 Max」が19,200円と全く下がっていませんが、それでもOSさえ7にバージョンアップできれば、前作の「Zenfone 3 Max」を買ってもいいのかなと思ってしまいます。

 

Zenfone 4 Maxってどんな感じ?

ASUSお得意の型番は「ZC554KL」ですが、これは「Zenfone 4 Max Pro」と同じです。その差はカメラの画素数くらいで、他は全くと言っていいほど同じです。

 

次は、項目に分けて見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

Zenfone 4 Maxのメインカメラについて

先ほど申し上げた通り、メインのカメラがデュアルカメラに進化しております。その役割分担の内容は、一方が従来通りの標準(望遠ではない)で、もう一方が120度の広角ということになっています。

上の画像例でいうと、左は従来通りの描写範囲で、右が新しい120度広角カメラの描写範囲となっています。風景やグループ撮影といった場面で有効です。

動画撮影の方は、今回から手ぶれ補正機構(EIS)が搭載され、ここも細かい進化のポイントになります。ただ、光学式のような高価なものではなく電子式ですが・・

 

Zenfone 4 Maxのフロント(イン)カメラについて

800万画素という性能は普通なので、セルフィーにこだわる方は「Zenfone 4 Selfie」を選びましょう。しかしこちらのMaxでも、いままでメイン側にしかなかったLEDフラッシュがフロント側にも採用されました。

 

従来のライトよりは光が拡散されるので、肌などの仕上がりは向上すると思われます。撮影範囲は140度です。

スポンサードリンク

Zenfone 4 Maxの画像修正(ポートレートモード)について

前作にはなかった4つの美顔修正機能が搭載され、こちらのほうは低価格の割には進化が素晴らしいと思います。

 

その1:美顔モード

まずは肌のスムージングモードから見ていきましょう。シミやそばかすなどを除去して、肌をきれいに見せようというものです。

 

その2:美白モード

次は美白モードを見ていきます。先のスムージングでもそうですが、画面下の半円型スライドバーで、修正の強さをコントロールできるようです。

 

上の画像例は美白モード「8」でこれだけ肌が白くなるという例で、かなり白くなっています。

 

その3:目の補正モード

次は目の補正モードですが、上の画像を見ても何が変わったのか分かりにくいかもしれません。

よく見ると瞳が大きくなっているのですが、レベル「8」でもこれぐらいの補正率なので、MAX10でも違和感は少なそうですね。

 

その4:頬の補正モード

最後は頬の補正モードで、出っ張った頬を滑らかに補正します。こちらの機能は必要のない場合も多いでしょう。

スポンサードリンク

Zenfone 4 Maxのバッテリーについて

去年にリリースされた「Zenfone Max」はすでに5000mAhの容量があったのですが、サムスン事故の影響なのか後の「Zenfone 3 Max」は4100mAhに抑えられました。なので、5000mAhに復活したというべきなのかもしれません。

ところが今回は「パワーマスター」といって、バッテリーやその周辺に12の技術が盛り込まれ、大容量というだけでなく、長寿命化と安全性もちゃんと考慮されています。もちろん、他の端末に電力を分け与えられるのも従来通りで、2倍の急速充電となっています。

 

Zenfone 4 Maxのカラーバリエーションについて

ローズピンク・サンドゴールド・チタニウムグレーの3色展開のようです。

 

Zenfone 4 MaxのDSDSについて

従来でも海外版はDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応済みでしたが、日本版はたしか非対応だったと思います。「Zenfone 4 Max」はロシア版の場合、SIM2枚とmicroSDが入るという素晴らしさで、ネット輸入で安く買うことが出来たら、買う価値ありです。

 

その他について

Zenfoneシリーズなら標準以上の機種でハイレゾ対応なのですが、こちらは違うのでステレオどまりです。オーディオ機能にこだわるなら、「Zenfone 4」か「Zenfone 4 Pro」がいいでしょう。

また新しい情報が入り次第、更新してお伝えできればと思っています。

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です